乳幼児にも安心な「ミネラルウォーター」特集

2015年07月22日

キララとウォーターサーバー

ウォーターサーバーのなかでも、高い人気を集めている、キララがあります。
キララは、中部地区だけに限定し、全国展開はしていません。
 
それはリターナブルボトルにあり、ボトルは使い捨てではなく、回収して再利用します。
そのために販路を限定しているのです。

地区を限定すれば、当日に配達が可能となり、衛生面、経費面で大きなメリットとなります。
安全性については、ウォーターサーバー内にUVクリーンシステムを搭載しています。
 
つまり、サーバー内で発生する雑菌の繁殖を抑えてくれるのです。
安心して温水、冷水を飲むことができます。










 

mineral_water8 at 15:38|キララとウォーターサーバー ミネラルウォーター 

2014年10月25日

ミネラルウォーターの人気銘柄

ミネラルウォーターの銘柄の中で、人気のあるものを挙げますと、

・サントリーの「サントリー天然水」
「南アルプス」「阿蘇」「奥大山」の3つの種類を、それぞれの採水地のエリアに合わせて販売しているこのミネラルウォーターは、どのコンビニやスーパーにも置いてあり、とてもたくさんの人に親しまれている商品となっています。

・日本コカ・コーラ 「森の水だより」
・キリンMCダノンウォーターズ 「キリン アルカリイオンの水」
・「ボルヴィック」
・「六甲のおいしい水」

・「富士山のバナジウム天然水」
・「エビアン」
・「コントレックス」
が人気があり、これらの商品はいずれも高いシェアを誇っています。 

mineral_water8 at 12:51|ミネラルウォーターの人気銘柄 ミネラルウォーター 

2013年10月03日

デトックスとミネラルウォーター

◆デトックスの方法

水分をたくさん摂取して、体の中の毒素を血液中に流して、尿と一緒に排出するのが一般的です。
そのため、ミネラルウォーターとか、お茶をたくさん飲むようにして、効果を促進させている人が多くいます。
カフェインが入っていない水分ならば、どんな飲み物でもいいです。

しかし、ここで水素水を使えば、活性酸素を除去することもできるため、一石二鳥となるのです。
水素水でデトックスをすれば、生活習慣病を予防することができて、弱った内臓や消化器官を回復させることができて、体の新陳代謝を促進して、美肌になることもできます。

特に現代では、体に毒と言われる物質を、たくさん体内に溜めこみやすくなっているため、排出するための機能を高める必要があるのです。

水素水には「デトックス効果」があり、体の中に溜まった老廃物を外へ排出して除去してしまおうというものです。
デトックスをするには色々な方法があり、中でも効果が高いとして注目されているのが「水素水」なのです。

mineral_water8 at 09:00|デトックスとミネラルウォーター ミネラルウォーター 

2013年08月03日

むくみ対策に水分補給

熱中症対策で、取りあげられるのが「水分補給」です。
水分を補給して排出することで生体を維持しています。
ミネラルウォーターなど綺麗な水をたくさん飲んで、体の老廃物を排出するなど、体を動かし、思いっきり汗をかいた後は爽快です。

一時、モデルが行ってます「一日2リットルのミネラルウォータを飲んでダイエット」と言うのがありましたが、通常、人はどのくらいの水分補給が理想なのでしょうか。
「むくみ対策」には水との付き合い方がとても大切です。

水分の調整をしている臓器は腎臓ですが、腎臓が処理できる範囲の水分摂取であれば、何も心配はありません。
夏場は大量に汗をかきますから、体が自然と水分を要求してきますが、要求された分、飲んでも「むくみ」はでません。
腎臓に負担がかからないように、ゆっくり飲むのが理想です。

また温度は常温に近い方がやはり体の負担は少なくなります。

人は体重50キロ前後の女性の場合、1200ミリリットル前後の尿と、1リットル弱の便から水分を排出します。
逆に食事で1リットル程の水分を補給します。
また入浴や運動によって汗をかきます。
「むくみ対策」から考えても、モデルさんが一日2リットルのミネラルウォーターを摂るのは、理にかなっているようです。



mineral_water8 at 11:53|むくみ対策に水分補給 ミネラルウォーター 

2013年03月26日

ミネラルウォーター普及の背景

外国の中には、日本と違い、硬度の高さが問題で水道水が飲み水として利用できない地域もあり、そういった地域で他の飲み水が必要とされたのが、ミネラルウォーターが開発された背景です。
特に、欧米では生活用水と飲み水は別という考えが一般的で、水道水は生活用水に特化しているというのがノーマルな考え方でした。
このあたりは日本と比較すると全く事情が違います。
そのため、欧米諸国でミネラルウォーターが普及したのは必然といえるでしょう。

このような欧米と比較し、日本は水道水の水質が飲み水に適しており、当初はミネラルウォーターの必要性はかなり低かったといえます。
日本では、極めて安価で使用できる水を買うという発想は、ほとんど存在しなかったと言って良いでしょう。

しかし、1990年代後半あたりから、東京を中心とした日本の都市部でも、水道水を飲むのが困難な状態になってきました。
比較的水道設備が整っており、清潔だった日本でも、時間の経過と共に水道の劣化が起こり、悪臭、あるいはサビによる味の変化、それらを抑制するための消毒の強化によって、カルキ味が濃くなったこと、さらにはトリハロメタンの出現などによって、水道水を飲むことのリスクが指摘されるようになりました。
それによって、ミネラルウォーターが徐々に日本でも購入されるようになったのです

mineral_water8 at 09:00|ミネラルウォーター普及の背景 ミネラルウォーター