モンシロチョウの落ちていく空

青く深い空をみつめていると、モンシロチョウが1頭、空の底に向かって落ちて行った。

実際の来園者数も載せていた。TDR3千万4千人、USJ約1460万人。USJは頑張ったんだよ。と言いたいのだろうけれど、TDRと比較したのが失敗だ。単位をそろえない漢数字を交えた数字のトリックでこんなにスゴイのだよと言いたいのだろうけれど。これでは、「3年連続で最高数字を出しているUSJは、2年連続で客の減っているTDRにそれでも負けています」としか読めないことが悲しい。30004000人と14600000人とでは2倍以上引き離されているのだから。お抱え宣伝は注意しなければならないのに、それとも悪意ある逆宣伝のつもりなのだろうか。
報道は難しい。新聞社の友人が嘆いている。政治は、特にこの5年位の政治は恥ずかしくて書けない。正直に記事も書けない。お粗末すぎて外に出せない。この時代お偉い議員のみなさんは、国会の様子が全世界に発信されているということを知らなければならない。海外に住む友人は嘆いている。日本はどうかしてしまっているのかも知れない。 

木曜日夜の作業で腰を痛めた。その延長で金曜日には左腕があがらなくなった。9時になったら今日もまた病院だ。認めたくはないものである。体力の衰えを歳のせいにはしたくないものである。

DSCF8367

敬老会。主催者の側で出ていたのに。じいさん、ばあさんの長寿健康を祝う会。その端っこに座っていたのに。子供たちは僕にまで・・・結構ショックではある。子供たちの目からは僕もりっぱにじいさんなのだ。
この町内もばあさんの方が元気がある。ばあさんたちのほうが活きがいい。良い景色だった。少し酔った。
 

DSCF6215


おそらく彼が育てたイモだ。奥さんjと作ったイモだ。
器用で、人当たりがよくて、大した人物である。彼は営業のプロだ。話を聞き出す名人だ。他人の口を開かせる技術を持っている。無口を絵に描いたようなラーメン屋のおやじ。たまたま、目の前にあった自転車屋のおっさん。退屈そうにしていた喫茶店のお姉さん。彼と一緒に歩いていると、様々な人たちが話を始める。
このイモは彼が贈ってくれたものだ。


 

いったい自分が何をしたかったのかを忘れてしまっていることが度々ある。Nくんがアドレスを変えた。彼は大変忙しいのだ。Sくんが疲れている。彼の忙しさはもう限界値を越えようとしているのだ。
僕は結構暇だ。ものを考えていないのだ。社会からはずれてしまっているのだ。暑いからだ。 

IMG_0009

毎年毎年夏は暑くて暑くて暑い。やばいマズイ焦る。いつの間にか半分終わってしまった2013年の梅雨は明けた。桜島は何事もないように煙をあげている。

おひる1時過ぎに、すれ違ったサングラスの男性。めずらしくサングラスが似合っていた。すれ違う瞬間にその男性が丁寧にみごとにきれいに会釈したわけで。うつくしい礼をくれたわけで。
サングラスのせいではなく、彼が誰だったのかを思い出そうとして思い出せない。最近もの忘れが多すぎるけれど、そのせいばかりではない、ごく最近どこかで確実に会ったのだけれど。 知人友人が多い方ではない。特に帰省以来それほど人間関係を広げられたわけではないから。人脈なんて極めて少ないけれど、そのせいばかりではない。あれは誰?まあいいかと思ってしまえばいいのに。そうも思えずに思い出そうとしている。「君は誰?」とは言えない性格なのだ。知ってるふりをしてしまうのだ。
あれは誰だったのだろう。 

このページのトップヘ