全ての願いが叶う動物好きの救世主💕
ペットの便利屋さんミネルバの杉浦です🍀



当店のシャンプーはちょっと変わっています。
 


シャンプーそのものではなく、
技法がちょっと特殊になります。



当店のシャンプーは、


3種類のシャンプーを使い分け4~5回洗います


これだけだと「なんのこっちゃ?」となりますので
具体的に説明させていただきます。




1~2回目
洗浄力の強いシャンプーを規定量より薄めて
表面の皮脂やほこり等の汚れをある程度洗い落とす

3回目
専用の皮脂汚れを落とすシャンプーを使って
皮脂腺のある場所を重点的に洗い不要な皮脂を洗い落とす

4~5回目
通常のシャンプーを使って全身を洗う



その後、トリートメントやリンス等を
皮膚の状態に合わせて使用していきます。


どのようなシャンプーを
どのような使い方をしているかは
企業秘密とさせてください‥
当店はZOICを使用してます。




コスパが非常に悪いので、
他店舗ではまず真似できない丁寧さです。


はっきり申し上げますが、
わんちゃんの身体はここまでちゃんとしないと
キチンと洗うことができません。






キチンと洗えていないからこそ、
最近は皮膚トラブルで苦しむコが増えている
要因となっていると私は考えています。



乾かす際もちょっと変わっていて、
高温になるドライヤーで無理やり乾かしたりしません。


乾燥機の低温をうまく活用して
皮膚に負担をかけずにしっかり乾かします。




シャンプー専門店のペットの便利屋さんミネルバは、
他よりシャンプーに時間がかかってしまいます。



ですが、だからこそ、
健康に清潔にわんちゃんが暮らせるようになるのです。


当店のシャンプーはすぐに臭くなったり
すぐにべたべたになったりすることはまずありません。




























mcontact



line小100facebook1_oninsta1_onTwitter 







なぜこんなシャンプー方法にしているの?

愛犬はみんな、短毛犬です。

実家ではずっと日本犬の雑種と暮らしており、
学生時代に初めて短毛種の小型犬を迎えました。



これがまた皮膚トラブルが多い




トリミングの授業でも、
「短毛種はトリマー泣かせの犬」
と習いましたが、まさにその通りです。


短毛犬は毛の長い犬と違い、
皮膚がダイレクトに紫外線を浴びるので
毛質や皮膚の厚さが少し違います。


だからこそ、同じ洗い方はいけません。
短毛犬は乾くのが早いからといって
かなり雑に、かなり簡単に仕上げられます。


短毛種の犬のシャンプーは
わざわざお店に連れていく飼い主さまも
少ないのが現状です。



私はまずその価値観を変えてほしいと考えます。
短毛種こそ、プロのシャンプーが必要です!



短毛種の1番多い悩みの一つ、フケに関しては
皮膚トラブルだけに限らないので割愛します。


私が悩まされたのは、ハゲ。
食物アレルギーをまず疑いましたが改善されず、
様々な検査をしても原因がわかりませんでした。


ペットショップからは
『保湿に優れた無添加シャンプー』
を真っ先に勧められましたが
全て、思ったほどの効果は見られませんでした‥


ある日、私の師匠にあたる方から
今のシャンプー技術を教わりました。
目から鱗の出会いです。


学校では絶対に教えてくれない
そんなシャンプー技術のお陰で
私の愛犬の皮膚トラブルはなくなったのです。


それまで原因もわからずに
ただ処方されたお薬を飲まされていたのに…


私はその方へ教わり、更に自分の経験を積んで
技術も磨かせていただきました。



私は愛犬のシャンプーこそ人に任せられません。


《シャンプーにこだわる》といって

高級なシャンプー
 を  たった一度だけ使って

洗っても何の意味もありません。


シャンプーは物ではなく洗い方です。





匂いで誤魔化すシャンプー、
洗った“つもり”シャンプー、
そんなシャンプーは一切行いません!



シャンプー専門店の仕上がりを
是非大切な愛犬にご堪能ください。