2007年09月11日

なぜか外国語が上達しない

 大学で第二外国語として〜語の授業をとり、卒業してからも語学学校に行ったり自分で本を買ったりテープを買ったりしてずいぶん長い間外国語を勉強してる、その割りにいっこうに外国語を話せるようにならない人、私も今まで何人か遭遇しました。

 いくつか原因はあると思いますがまず第一は必然性の無さでしょう。考えても見てください、普通の人が普通に日本で生活する上で英語でも中国語でも『必要だ!』と感じる場面がどれだけありますか?
  
 

 日本では日本語だけで十分すぎるほど生活できます、さらに先人の努力により殆どの学問も日本語で習得可能です。ただたまに翻訳されていなかったりズバリ当てはまる語彙が日本語に無いため(アイデンティティ等)覚える必要のある単語や表現はありますが。

 次にモチベーションの低さでしょうか。MIXIなんかでも「〜のドラマを原語で見たい!」、「○リー○ッターを英語で読みたい!」等の理由で語学学習を始める人をよく見かけます。そこから自力で出来た人も世の中にはいるのでしょうが、私の知る限りでこれ系の動機で勉強を始めた人は殆どが挫折、もしくは基礎レベルで停滞しています。何故ならドラマや映画、書籍は字幕や日本語訳を見ることで十分楽しめてしまうからです。

 一般的に語学が身に付かない理由は上記のような感じでしょうが、例外もあります。結構な期間学校に通い、自習もしっかりやって、なおかつ留学までしたのにやっぱり喋れない人。ここまで来るともう勉強の仕方が悪いとしか思えません。このような人は大抵「こんなに努力してるのになぜ・・・」と言います、しかし努力したという過程を評価してくれるのは学生のうちだけです、大人は結果を出せないと残念ながら認めてもらえません。ではどうすればいいのか?
 
 ↑上のような人を今まで何人も見てきましたが、共通しているのは『人に聞けない、聞く耳持たない』ことです。延々と『自分のやり方』に固執し結局中途半端なところで停滞しています。
 勉強って先人が作ってくれた知識の道路をそれぞれの目標に向かって進むようなイメージだと思うのです、それなら地図があったり道案内がいたほうが当然効率がいいですよね。特に大人になったらその目標まで辿り着くことが目的ではなく、そうして得られた知識、技能を社会で生かしてゆく必要があるのですから、目標物までは出来れば最短距離で到達したいものです。

 先生でも友達でも誰でもいいので疑問に思ってること、分からないことはどんどん聞きましょう!そして出来る人の良い所はどんどんマネしましょう!自分の力で何でも出来ると過信するのは傲慢です、素直な気持ちで『出来る人にはあって自分には無いもの』を見つめましょう☆

その他外国語学習情報

関西 大阪 東京 名古屋 京都 神戸 日本 専門 海外 アメリカ イギリス オーストラリア カナダ ニュージーランド 中国 短期 ジャーナル 資格 試験 nhk 講座 研修 試験

ming_taizi at 23:29│Comments(0)TrackBack(0)clip!語学学習法 | 外国語

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アクセスカウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: