き捨てていった

「もう、あんた勝手すぎるわよ!」
 ふてくされるグリコをヒョウは半ば強引に連れ出した。
「どこ行くの? あたし中華はいやよ」
 ヒョウは途中のストアーで酒を買い込んだ。
「ちょっと、どこで飲むつもりなの?」
 ヒョウは黙って步き続けた。その道はグリコにも見覚えのあるところだった。
 そしてたどりついたのはかつてのグリコのアパートだった。ヒョウは郵便受けに手を差し込んだ。
「合鍵ここだっけ?」
「もうないわよ」
 ところが鍵は出てきた。ヒョウは残念でしたという顔をした。
「まだ空家なんだぜ。アーロウの部屋も。知ってた?」
 部屋の中はガランとしていたが、グリコの置き捨てていった大物の家具はそのままだった。
「どういうつもりよ」
「え? なにが?」
 グリコにはヒョウの演出が不愉快だった。ヒョウは買ってきた蝋燭に火をつけて、床の上に酒を並べた。
「なにも変わってないな。ここだけは」
「…………」
「時計が止まってたみたいだ。……時のない部屋。そこにあたしの過去がある」
「やめてよ」
「ハッハ。いいじゃん。歌になるぜ。歌にしてくれよ」
 ヒョウはボトルをあけてグリコの前に置いた。そして自分のボトルを持ってソファにドンと腰かけた。すごい埃が舞ってふたりは咳き込んだ。グリコは喉をきれいにするためにボトルをあおった。そしてもう一度咳き込んだ。
「……歌に引きずり込んだの誰よ」
 ヒョウはボトルの口をチビチビなめた。
「……夢は大きくなんてカッコいいこと言ってたの誰よ」
「俺だっけ?」
 グリコはあきれて吹き出した。
「……ほんとにいい加減なやつ」
「ハッハ」
「釣り、愉しかったよね」
「ああ」
「また行こうね」

思いつくまま、業界職種を適当にあげてみると???
ハリウッドスター、プロ野球選手の家族会、ファッション?美容会社オーナー、ねずみ講トップ、ギャンブル系オーナー、美術?宝飾関連オーナー???
チャリテイ関係では、質素で実質的、実践家的な雰囲気を醸し出しているので、
自分の身ばかりをかまい、自分大好きギンギラ美魔女はあまり出てこないと思うし。
実業界では、美魔女ばかりが集うことはなく、男性社会の中に、少数派で女性が混じる程度だと想像するし、
ギンギン美魔女系は、パーティではコンパニオン系になってしまいそうだ。

が、どこが、わたしの「憧れではない」琴線に触れたかというと???。
ほんとうに、そういう人々は、自分の顔を出して、ブログにアップしない。
政財界の縁者とやらに、迷惑がかかるようなことは、しない。
顔を出すのは、売名行為で、商売に利用しようとする人だけだろうと思う。

虚栄、かさ上げ、イメージ作り、といった、実質ではない、ほんとうの中身で勝負するのではなく、
いかに、うわべを良く見せるか、で勝負しているように感じる。
あたかも、素晴らしいと想像させる、想像以上のものを想像させるが、
実は、見かけがマックスで、実態を明確にしたら、なんだ、そんなものかと、がっかりする可能性がある。
中身より、見かけのほうが良いので、見かけ以上のものは中身には期待できない。
というか、見かけと中身が同じなら、とても素晴らしいが、
見かけに全力をかけているので、必然的に中身は見かけより落ちる。


1人のとても爱に感动した人、小説、映画1本を一枚の写真も可能だという私は感动して、甚だしきに至ってはふくむ涙が出てみたい衝動にかられた。私はとても感谢のような小説や映画、写真と、仆は君の乱れた红尘の中で、本当の心の奥底を歌い上げる、世の中の情、そんなに純,単纯なというものは、水ポケモンレンジャーと苍海留青、润いてくれている。

红尘の騒動はこんなものだ、だれもかれもが物质をあわただしいを通して、この乱れた红尘のは、どれだけの人が自分をしっかり方向に向かっている。多くの人が付いて必死でごまかして自分の感情を傷つけたり、いきなり大任を忘れてしまっている最も純粋なジュニアだった。世の中を迷乱がついて、迷って、渇望しております。芽生えたの春、焼けた夏の秋に、身を切るような寒さの冬、车马に上海を通って、通りかかっ?见逃し……

そのうち、その迷梦積み替え目が覚めて、剥がす照らしていた仮面、もとは眉間に皺を寄せ、額が白く、横につぎ、浅草ほど、さようで番狂わせを脱ぎ捨てるユニダ成空だった。奇妙にの浮世絵、私达に薄いがなければ、多くの情感を疎かにしてきた。

↑このページのトップヘ