2005年11月22日

皇室典範改正2

皇室典範改正の報道がされています。来年の通常国会に提出されるみたいです。
愛子様を天皇にするために改正されます。簡単に言うと・・・
天皇家では約40年、秋篠宮様が誕生されてからずっと男子が生まれていないのがそもそもの原因であって・・・このまま(男系天皇だけで、男子しか天皇になれないという現行制度を指す)では天皇がいなくなるとの話。
改正によって愛子様が天皇になるのは別に反対しません。女の子がトップに立てないというのはいかがなものかと思うからです。しかし、女系天皇が生まれてしまうのは私は反対です。女性天皇で有名だと思うのは推古天皇です。聖徳太子の時代に天皇をしていた人ですが、この方も男系であり、女系の天皇ではありません。約2000年にわたって受け継がれてきた制度を簡単に変えていいものか・・・
日本が第2次大戦で敗戦をした際にGHQの方針で天皇家の解体がありました。その時11の宮家が廃止されました。その家には男系男子が約10人いるそうです。確かに1回廃止した宮家を復活させるのはどうなのかという問題もあります。国民に親しみをもって見たれているのは昭和天皇と今の平成天皇のみと言ってもいいでしょう。また、中国・韓国などが軍国主義に走っているなどという言いがかりもつけてくることも予想されます。しかし、女系天皇が誕生してしまうなら復活というのも1つの方法であると思います。
女の子が宮家から離れないといいのは、宮家が今後かなりの数できてしまうことを意味していると思います。1つの宮家を1年運営するのにどれだけの税金が使われているのかは知りませんが、かなりの額になっていることは想像できます。今後税金投入が増額されるのはいかがなものかと考えてしまいます。
私は天皇制に対して反対の意見は持っていません。象徴として残しておいてもいいと考えます。しかし、イギリスのように伯爵・公爵などが存在するわけでもなく、象徴にしかすぎないのであれば1回天皇の存在意義について考えてみる時期にきているのではないかと思ったりもします。
何がいいのかは誰にも分かりません。だから、改正論議についても急ぐ必要はないと思います。それはどんな事にも当てはまります。急いでいい結果なんてまずありえない。確かにスピードは大切です。瞬時に決断すべき時もあります。しかし、2000年前から存在し、そして今後も存在させていくのに最も適した環境作りは急ぐべきではないと思います。つじつまが合わなくなったから変更しますなんてことがたびたびあってはそれこそ存在意義を疑われかねません。

see you next

mini1969 at 15:19│Comments(0)TrackBack(5)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 現在オープン記念期間中  [ 現在オープン記念期間中 ]   2005年11月22日 15:32
現在オープン記念につき今月のみ海外サーバーを使用した無修正ムービーを登録一切無し、無料で配信させていただいています、今月だけなのでぜひご利用ください
2. 皇室典範会議:皇位継承順位で長子優先  [ メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記 ]   2005年11月22日 18:30
↑拙作です↑1. 皇室典範会議:皇位継承順位で長子優先毎日新聞から:<皇室典範会議>皇位継承順位で長子優先を全会一致で確認 小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東大学長)は21日、東京都内のホテルで第16回会合を開き、...
3. 皇室典範研究會「皇室典範改正への提言」  [ 悪の教典楽天市場店 ]   2005年11月23日 07:19
 本日は皇室典範研究會かい「皇室典範改正への提言」のご紹介。 正字正仮名遣いなのでいくつか読み仮名を振った。とはいえ慣れない人には読みづらいであろうから「まるやるま君」で変換した物を明日掲載する予定なので、読み比べていただきたい。 「女系天皇問題」に対...
4. 皇室典範改悪を疑問に思っている人々  [ 日々雑感 ]   2005年11月23日 22:44
御先祖さまが守り続けてきた、世界最古の王朝がいま、断絶させられようとしています。歴史にも伝統にも無関心・無知識な少数の人たちが密室での会議で重大な決定をしてしまいました。 私には 「法隆寺を燃やせ」 「奈良の大仏を溶かせ」 「人間国宝を殺せ」 そう言っている...
5. 男系女性天皇と女系天皇の違い  [ うーぱーるーぱー ]   2005年11月24日 23:42
三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051103-00000001-yom-soci 三笠宮寛仁さま(59)が、自身が会長を務める福祉団体の会報で「女性天皇」に触れ、「歴史と伝統を平成の御世(みよ)でいとも簡単に変更して良いのか」...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔