7月25日、万代書店高崎店のレースに参加してきました

image


コースは先日のタナカップからLCの位置とDBとスロープを追加された感じ

以前の記事でも書いた

image


LC→スロープ下りがいやらしい💧

この区間を、フラットのように攻略するか、立体と捉えて攻略するかで大分違うのだとレース後実感

前日テスト走行で、なんとかHD3で入るセッティングが出せたのが

image


リア過重にするとどうにもなので、東北ダンパー外し、19mmAAから鬼スラストアルミ二段に変えたら激遅すぎて、元に戻しましたw

しかし、練習走行始まると周りの速度域が速いので急遽スプリントぶち込みました

これが悲劇の始まりとは…

レース開始

一位2P、二位1P、三位とCOは0P
5P先取12名が決勝トーナメント進出のルール

1走目 練習走行で問題なかったDBで着地失敗し塩 おまけに全滅レース

2走目 やはりDBで塩 またまた全滅レース

これはあかん流れなので、ギアを超速からちょい速に変更

3走目 ここでKONDOさんと激突!しかしまたDBで転がり塩

これはホンマにあかんと、スプリントからHD3に変更

4走目 再びKONDOさんと激突!一矢報いたかったが、スピード負けして二位 やっと1P

5走目 やっと一位 2P

次で一位取れば決勝トーナメント!

だが

6走目 塩 

(´・ω・`)これはもうダメポ展開

7走目 出番回ってくることにワンチャン賭けたが回ってこなくて糸冬了

二戦連続予選敗退か… これはあかん流れだよなー

と、決勝トーナメントまでフリー走行だったので駄目と思ってた白VSスラダンマシンを投入したら

どんぴしゃとかね!

こっちで出れば、決勝トーナメントには行けたかな…

先入観で、今回はスラダンマシンよりリジットかな?と思った事が敗因の一つ

そして、当日の速度域に惑わされスプリントぶち込んだのも敗因の一つ

先入観をもたず、自分の速度域を信じていれば
決勝トーナメントにはいけたかなというのが分析結果でしょうか

今年度は、優勝と予選敗退の両極端な結果なのもどうなのかな?

もう少し考えないといけない時期かな

そして、KONDOさんが有言実行で見事二連覇とかさすが過ぎて何も言えないm(__)m

これからの個人的テーマは打倒KONDOさん!を目標とさせて頂きますよ

今回は打倒どころか、一矢報いることすら出来なかったのでw






よろしければポチっとお願いします^^b

ミニ四駆 ブログランキングへ