rp0

平面のアイデアを立体化して実際に手に取ることが出来る「三次元造形」。。。
デザイナーさんや設計・試作を担当している”ものづくり屋”さんには欠かせない技術です。

以前は数千万円の機械を使わなければ作れませんでしたが、ここ数年で造型機の小型化と技術進歩が急激に進んでいます。

Zコーポレーションがスリーディー・システムズに買収されたり、ストラタシスがオブジェットと合併したりで業界の再編も激しいです。

それで良い効果が生まれて良い製品が出てくればいいのですが、どうなって行くのでしょうか。

とくにFDMと呼ばれるABS樹脂を使って造形する製品では個人でも買えるような物がいくつも登場してきているので、模型屋としてもボーっとしていられません。

ホビー用途であれば10万円前後でも買うことが出来ます。例えば・・・、


【RapMan 3.2 3Dプリンターキット エクストリーム】参考価格:120,000円
rp1
外観を気にしなければこういうキットを買って自分で作るというのも良いですね。なんといっても安いし、細部まで自分好みに微調整が出来ます。


【Blade-1】価格:136,500円
rp2
8mm映写機のような無骨なデザインが好きです^^。


【MakerBot Replicator】参考価格:150,000円
rp3
2色の素材を使って同時造形が出来るダブルノズルが搭載可能(オプションで+$250)。
国内ではブルレーさんでも扱っているみたいです。
つい最近、やけにスタイルがかっこいい【Replicator2】が出たので迷っちゃいますねぇ^^。


【3DTouch 3Dプリンター ホビーパック】参考価格:348,000円
rp4
この機種も2色の同時造形が出来るダブルノズルを搭載。基本工具や材料(ABS、PLA 各1kg)まで入っているお手軽セット。


【UP!Plus】価格:680,000円
rp5
多くの学校の授業でも使われている汎用機。


【V-Flash】価格:1,590,000円
rp6
ちょっと変わったフィルム転写イメージ造形法という作り方を採用した機器。


【uPrint SE】価格:1,980,000円
rp7
予算があれば絶対これかDimensionが欲しいんですが。。。


【Objet24】価格:1,980,000円
rp8
クルマを買う覚悟をすれば買えない値段ではないですけどねw。。。



そして今、大本命なのは激安3Dプリンター「Cube(キューブ)」です。

rp9
個人的に大注目していまして、今年の初めに発表されてから「いつ発売になるのか」と首をキリンにして待っていました。

で、海外では先日ようやく予約販売が始まったようなので、じきに日本にも入って来るでしょう。

価格は、材料カートリッジ1本とサンプル3Dデータの25回ダウンロード権利が付いて $1,299 也(約105,000円)。

価格も魅力ですが、何が注目なのかといえばその本体のデザイン。ちょっとシャレたオフィスの机上に置いても違和感がありません。

それに造形用のデータは無線(WiFi)で送信出来るので配線が不要。何か周辺機器を置くといつもゴチャゴチャした線に悩まされがちですが、これならスッキリした設置が可能ですね。

造形範囲は、巾14cm×奥行き14cm×高さ14cm とやや小さめですが、分割造形すれば大きなモデルも作れますからまったく問題視していません。

スリーディー・システムズさん、ぜひ10万以内で発売してください^^。



Cube 3D Printer di 3D@Home al CES 2012 from Andrea Draghetti on Vimeo.



2013/05/18 追記:
 ようやく「Cube」「CubeX」の国内販売が決まりました。

 株式会社イグアス 発売中
 > http://www.jbcchd.co.jp/2013/04/18.html

 武藤工業株式会社 2013年6月1日発売予定
 > http://www.mutoh.co.jp/whatsnew/pdf/20130418_info_CubeX.pdf