2016年02月18日

"しゅうむらさん"こと大村です。

実に5年ぶりのブログ更新になります。懐かしくて泣きそう。

この記事は2015年アドベントカレンダー企画の一環です。
毎日記事がアップされる予定なので、そちらも是非御覧ください。
http://www.adventar.org/calendars/823

-------------------------------------

私の記事のテーマは、「スピードキューブのための身体と心」です。

先に結論から書くと、身体の方が心よりも重要視されるべきです。
もちろんどちらも大事な要素なのですが、身体は心に比べてコントロールが簡単なので、メンタルコントロールのための第一歩として身体をコントロールしよう!というのが以下の要旨となります。

私の見る限り、スピードキューブの世界に身体を意識したプレイヤーはほとんどいません。
多くの人は素人目に見ても改善点があり、また本人がそれに気がついていないように見えます。

私も高いレベルで実践できているわけではありませんが、今後の発展を考えた時には無視してはいけない要素になってくると信じています。

もちろんキューブのために求められる身体能力はそんなに高いレベルではなく、良い身体の姿勢をキープする程度で十分です。
この記事を読むみなさんにベンチプレスを薦めるわけではないので安心してください。
問題は、そんな簡単なレベルですら意識をして行動しないと良い状態に保てないことにあります。

05













Fig. 世界大会2015ブラジルへのトランジットで立ち寄ったカナダはピアソン空港にて、わずかな空き時間でも筋トレを欠かさない意識の高さを見せる日本代表選手の大村さん

CSJYxZxUcAAufGt
























Fig. 若い世代に身体の重要性を伝える大村選手とそれを煙たがる高岡さん

スピードキューブは頭脳スポーツではなく身体スポーツです。
一般にパズルの持つイメージにとらわれていると不明瞭になりがちなポイントなので、以下を読む前に再確認しておきましょう。

一般に、人間の要素として「身体と心」という二元論で語られることがありますが、これらは独立ではありません。互いに影響を及ぼし合う身体と心ですが、人間が生物である以上は根底にあるのは身体です。
風邪をひいているときに100%の集中力をキープすることはできませんね。

特に心の安定というのはなかなか自分で意識するのは難しく、プロスポーツ選手でも完璧にコントロールできる人はいないでしょう。

勝負時には様々な感情が頭をよぎります。
次のタイムが良ければPB更新だ、悪いタイムを抱えてしまった、勝ちたい、彼女がほしい、他人のタイムが気になる、彼女がほしい…
これらは時として邪魔な感情となります。

ウサイン・ボルト選手がレース前に胸に十字を切るのを見たことがありますか?
また最近ではラグビー日本代表の五郎丸選手の活躍が報道され、彼がキックの前に行うルーティーンが話題になっています。

心のキャパシティはある程度決まっているので、マイナスの影響を与える思考をする余地がないほど身体の細部をコントロールすることに集中することでメンタルコントロールをしようとするもので、スピードキューブにも活かせる発想です。

近年のスポーツ科学の発展により新しい知識が次々と得られて、高いレベルに組み込まれています。
マイナー競技にまで浸透するのには時間がかかるので、自分から積極的に情報収集しなければなりません。良い所はどんどん取り入れて行くべきです。


「本番に弱い」とは?

私を含め、多くの人が自分は本番に弱いと思っているのではないでしょうか。
家で練習しているタイムが出なかったり、決勝でタイムが落ちたりといった話をよく耳にします。
しかし、これは当たり前のこととして受け入れるべきです。過度に気にするとさらなる緊張を招いてしまいます。

問題なのは、多くの人が「俺はメンタルが弱いからな〜〜」と言った苦笑いで思考停止してしまうことです。
その原因を追求して改善しないと意味がありません。

そもそも、非公式の自己ベストタイムが計測される家での練習というのは特別な環境なのです。
慣れ親しんだリラックスできる場所で、いつもの照明、机、イスのセッティングで、本番と違うキーボードタイマーで、自分の調子のいいときにしか練習せず、しかも無限に近い試行回数がある。

こんな理想的な環境で出したタイムと一発勝負の本番を比較したら「本番に弱い」という結論に至るに決まっています。

本番で良いタイムが出たとすれば、それはまだまだタイムが収束していない成長途中であるということです。普段の練習で追い込みきれていないということなので、もっと日頃の負荷を増やすと良いです。

かつては非公式記録を自慢しあう時代もありましたが、現在トップレベルの選手は公式記録以外に価値が薄いことに自然と気がつき、それほど重視していません。
公式競技が全てと考えることで、絶対に倒せない相手である絶好調の自分自身の影と競うことを避けられます。


そうは言っても、やっぱり本番で良いタイムを出したい!とみなさんは思うでしょう。私もそうです。
自分を最大限良い状態に持って行くにはどうすればいいかと考えましょう。

スピードキューブの基本

まず、基本をおさらいしましょう。
これができていない人は、本番で弱い以前に日頃から弱い可能性があります。

既に文章にまとめてあるので、こちらを読んでください。

簡単に言うと、良い姿勢でいましょうということです。
考えるべき要素としては適度な脱力、イスの座り方、キューブと顔の距離などがあります。

心をコントロールするのは難しい

よし、じゃあメンタルを鍛えよう、となった時に、みなさんは何をしますか?
具体的なイメージをするのは難しいはずです。出家して滝に打たれれば何かが変わるでしょうか。

心ってなんですか?
これは人によって様々な答えがあるでしょう。
僕は愛だと思います。マジで。

心という曖昧なものを操ろうとするのは困難です。
では、何が自分にとってコントロールできるパラメータなのかを消去法で考えた時、見えてくるのは自分の身体と環境だと思います。

身体の影響は意外と大きく、普段と同じ体勢になるだけで落ち着いてくるものです。
それこそがルーティーンの意味です。

可能な範囲で多くを支配下に置く

体調

身体が冷えているよりは、軽く汗ばんでいるくらいが身体がよく動きます。
重ね着をできるよう衣類に注意しましょう。

また、決勝が集中する午後で迎える疲れのピークを軽減するため、私は昼休みに仮眠をとります。
大会前日の飲み会、夜更かしなど論外です。戦う前から負けています。

50
























Fig. 日本にいた時の感覚を思い出すためにブラジルで壁倒立をする大村選手

競技環境

照明や机の高さは会場依存ですが、椅子の高さは調整可能なのでこれを考えるのは非常に重要だと思います。
キューブを見降ろす角度や距離、身体の緊張具合、身体とタイマーとの位置関係など多くの要因に影響します。

一般にキューブの大会が開かれる公民館の椅子などは過去の日本人体系に合わせてあるため、現在の若者にとっては低く感じることが多いです。
私は特に184cmと長身のため、毎回ストレスに感じていました。

私はイスを2つ重ねたり、座布団やクッションを持ち込むことでこの問題をクリアしています。
イスの高さを意識し始めた最近はそれほど大きく緊張することもなく、関西定例大会、東大大会と333部門で優勝することができました。

12189483_994352590632007_7764263812507364894_o












Fig. 関西定例大会2015での333優勝者とそれを煙たがる選手


また、着席してから与えられる最大60秒の猶予を無駄にしている人も非常に多いです。

競技卓につくとすぐにジャッジがキューブ袋を置いて「準備はいいですか?」と聞いてきますね。
これに合わせるようにすぐに頷く人が多いですが、オススメしません。
WCA規約によれば最大1分間ジャッジを待たせて良いので、十分にこの時間を使ってコンディションを整えましょう。無理に引き延ばすことはありませんが、一呼吸くらいおいてみたらどうでしょう。

Feliksは必ず予備キューブを回し、指の状態を確認してから試技をスタートします。

これは推測ですが、彼は普段の練習環境に近づけようとしているのではないでしょうか。
大会では一試技毎に時間が空いてしまいますが、普段の練習ではキューブを揃えると同時に次のスクランブルを始めますね。
たくさんのキューブを連続で解く中の一つとして本番の試技を捉えると重要性が分散されて気が楽になるでしょう。

日本人で言えば、洲鎌くんは肩甲骨を大きく回して筋肉をほぐし、ミサワさんはオタクっぽい動きをします。
私は予備キューブを持って顔との距離感や照明の当たり具合を確認することにしています。







このように、自分にあったルーティーンを見つけることが大事です。

大事なことは、普段からこれらの行為を行うことです。
本番だけやっても効果は薄いでしょう。
少なくとも大会の直前には本番を見越して環境を真似た練習をするべきです。

「そのうち慣れる」に期待しない

キュービストには変人が多いので、緊張しない人もいます。
しかし私をはじめとする一般人は緊張して当然です。

私は世界大会2009で444部門優勝しましたが、動画で見るとわかるように力が入ってガチガチで、手も震えています。
緊張しても勝てるくらい圧倒的に強かっただけで、実力を出せたわけではありません。

また、2008-2012あたりの333のタイムの統計を取ってみると、決勝が予選ラウンドよりも0.5秒ほど遅かったのです。

初心者はともかく、大会常連で未だに本番で緊張する人は意識的に何かの対策を打つべきです。
慣れや時間が解決する問題ではありません。

私は最近になって初めてこの記事のようなことを考え実践してから、いくらか改善の兆しが見えています。

キミだけのルーティーンを作って、大会本番で良い記録を出そう!

練習あるのみ




















Fig. まだ肩幅が狭かった頃の大村選手

(08:55)

2012年02月26日

”しゅう”こと大村です。

諸事情により、このブログは当面更新しないこととしました。
今までたくさんの人に訪れていただいて、本当に嬉しく思っています。

過去ログとして記事は残しておきます。






(18:47)

2011年10月12日

明日から17日までタイに行ってきます。

理由はもちろん今週末の14,15,16に行われる世界大会に参加するため
http://www.thailandcube.com/wc2011/

世界チャンピオンになったのがもう2年前と思うと月日が経つのは速いね。


前回と違って、キューブ界隈の事情もずいぶんと変わってきてます。
もう俺のレベルでは優勝は狙えません。

今のトップ層はさらに若い層に集まっていて、20歳越えた自分はもうオッサンかな?笑

自分の今回の世界大会の目標は、ファイナリストに残ること。
これは各種目世界上位12名です。

実際、今回の参加者の現世界ランキングリストを見る限りでは、これは妥当な目標だと思う。
http://web.mit.edu/timreyn/Public/WC2011/

運が良ければ3位に滑り込めるかもしれないかな。
ま、現状としてはこんなもんです。

前回は優勝しか見えていないシビアな気持ちで大会に臨んだけれど、今回は少しリラックスして楽しんでこようと思います。


(00:07)

2011年09月19日

最近5x5x5が楽しいです。タイムも伸びてます。

single PB 58.66

エッジ終了まで40秒でした。タイマーチラ見したら緊張してきて3x3x3パートで大失敗。5秒は損した

Lw D Uw' U' Lw2 Rw Uw2 U2 Bw2 D2 Dw Uw' U' Lw2 Uw2 U' Bw' Fw' F L2 Lw' D2 Rw R' B2 Fw2 F' D Uw L' Uw2 B' Uw' Bw L Rw U Lw R Fw' L Lw' Rw' R Fw Dw2 Rw' R2 Dw2 L2 Lw' Rw2 R' F2 L' Lw' Rw F Lw' F

averageは1:12あたりまで来てます。
世界大会までにsub70が目標。

(17:15)

2011年07月22日

先日投稿したFeliksの3x3x3世界記録の解説がまさかのニコニコ動画カテゴリランキング1位&2位に。





本家の再生数を越えてしまうという事態に驚くばかりです。ネットの宣伝効果はすごい。


このチャンスを利用してスピードキューブの知名度を上げようと思い、久しぶりに生放送しました。

コミュニティに登録してもらえればタイムシフト再生できると思います。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv57198722?mypage_nicorepo

一般会員が追い出されるほどの大盛況となりました!
見ていただいた方、ありがとうございました。

(23:37)

2011年05月09日

またしても世界記録を大量更新したFeliks。
大会のすべての結果



今までの記録はほとんどがフルステップだったので、PLLskipがくればこれくらいのタイムが出るのは必然なのでしょうか。

OLLを回す速度が異常です。
FSCを一回回しているようにしか見えません…

スローモーションVTRがこちら。


解法を分析してみると

スクランブル
L2 R2 D2 U2 B' U2 R2 F' R2 F D2 R' D' L R2 B L' U R B F2

解法(最初の2手は無駄です。Feliksのミスです)

y D D' L' D R U' D2 R D'
U L U' L'
U y' R U R'
U' R' U' R U' R' U R
y U' R' U R U R' U' R
U U2' R' F R U R' U' F' U R
U

45 moves /6.24 sec = 7.2 tps

このクロス手順でF2Lのペアを一つ作成しています。

スローモーションで見ると、OLLの最後のRを左手小指で回しているのが見えます。
これまで左手小指Rはワンハンドだけのテクニックだという先入観を持っていましたが、両手にも応用可能なようですね。




予選の段階でWRタイ記録も出していたようです。
こちらはOLLskip



3x3x3 One-Handed 単発WR
ZBLLです。意図的なPLLskipなのでラッキーではありません。



3x3x3 One-Handed 平均WR
2回目のPLL判断でミス、3回目はキューブを落としたにも関わらずZBLLで14秒台。



4x4x4 単発WR
333部門が異常に速いです。ラッキーはなし。



---------------------

最近はFeliksの世界記録更新のニュースばかり取り上げている気がします…(苦笑)

自分はといえば、大学生活の中でのキューブの割合は減りつつあります。
ハンドボール部とジャグリング部に入ったので、そちらを中心にキューブサークルで布教活動を続けていく感じになるのでしょうか。

sub10レベルの実力はキープしたいと思っています。

--------------------

5/22(日) 17:00〜
テレビ朝日 MAXブレイン

の一部のコーナーに出演するかもしれません。
お時間に余裕のある方は是非見てください。

キューブは回してないのですけれども…笑

(22:24)

2011年04月17日

新しいサークルを立ち上げようと、いろいろと行動を起こしています。

今年は公認サークルの申請はせずに、草の根運動を少しづつしていくつもりです。

IMG_0010

















IMG_0005















IMG_0012

(21:11)

2011年04月05日

震災の影響で大学のイベントの日程がずれため、そちらを優先して松戸大会2011への参加を取りやめました。

公式記録を残すことが出来るチャンスを失ったのは残念ですが、やむを得ないと思っています。

(08:13)

2011年03月28日

大阪大会2011に参加しました。

個人成績は

555部門優勝
444部門準優勝

結果を見ればわかると思いますが、まあ、全体的に残念な感じでした。
タイムで自己ベストを更新することが難しくなってきたような気がします。

良かったのは444singleの日本新くらい。
333OHのシングルは、簡単なF2LにさらにPLLskipという幸運。
その後同一ラウンドでTomyさんもPLLskipして、日本新記録にはならず笑

2x2x2ではV-cubeの外殻popにやられました。
次回までにきちんと接着しておきます。

CNはまだ実践で使う段階ではないようです。
完全に無意識下で6色を平等に扱えるまでは難しいかな?

表彰台にだんだんと新しい顔ぶれが増えてきて、世代交代の気配を感じています。

4/10の松戸大会にも参加する予定です。






(20:40)

2011年03月16日

X-cube444のレビュー記事です。

まだ国内販売はされていませんが、海外通販を利用して入手した人もいるようですね。
サイズはESやminiQJと同じ。Dayanに慣れている人には小さく感じるでしょう。
サイズとしては、標準的な日本人にとって扱いやすいと思います。

X-cube444はV-cube構造を踏襲しています。
偶数系の構造は内部コアが単独でずれるという問題点があるのですが、X-cube444ではコアの部分に突起をつけることでこれを防いでいます。
V-cube666におけるいわゆる"Pin mod"と同様の効果があるのでしょう。

x4














内部の構造はこんな感じです。
333と同様のコアですが、先端部分を2つのパーツにわけたのは面白いですね。
これはX-cube発祥の構造です。

x4















構造的には面白いのですが、これを競技に使用するとなると、自分は難しいと思います。

まず、メンテナンスが非常にやっかいです。レビューが遅れた最大の原因がこれ。
スピードキューブ初心者にはオススメしません。

組み立て直後では爆発POPが多発してかなり扱いが難しいです。
摩擦部分を滑らかにするためにクレンザーを入れて研磨してみたり、デザインナイフで突起を落としたり、バネを他パズルのものに換えてみる、など、自分もいろいろ試行錯誤をしてみました。

幾分かは改善されましたが、それでやっとスタート地点に立てた状況。
Dayan mf8の444キューブと比べると、どうしても劣ってしまいます。

最大の欠点は、V-cube構造による不安定さ。
444の構造には大別して

●球状コアのRubik's構造
●333コアのV-cube構造

がありますが、前者の方がシンプルでパーツ数も少ない分、安定しています。
それに比べて後者は複雑な構造をしているため、全体として歪みやすく、POPした際に多くのパーツが欠損します。
この不安定さのために、恐る恐る回すようなスタイルをとらざるを得ず、タイムが遅くなってしまいます。
動画を見ていただければ伝わ…りづらいとは思いますが(笑)



大会では一度のPOPが勝負を分けるので、POPしやすく、かつした際に修復により時間のかかるX-cube444を使う気にはなれません。

X-cube444が悪いというよりは、Dayanにほとんど欠点がないので変える理由がない、といった感じです。

大会にはDayanかminiQJをオススメします。
以上が自分の意見です。

------------------------------------------

X-cube444を好む人もいます。
日本だと Candyさん、としさんあたりでしょうか。


また、海外では多分割で有名なDan Cohenがそれなりのタイムを出しています。



自分はまだ他人のX-cube444を触ったことがないので偏った意見ですが、メンテナンス次第ではいいキューブになる可能性は十分にあります。

興味のある人は、ぜひ自分の手で確かめてください。

(11:03)