Mini-dachs日記

愛犬のロビンくんとりおんちゃん の出来事 ☆ロビン:ミニダックス 11才 ちょっと足が悪いけど、元気で陽気で、頑張りや   ♡里音(りおん) : ポメラニアン 8才 ちばわん(いぬ親会)出身 ちいさな妹 ♪♪お嬢様だけど最強。 気軽にコメントお待ちしてます♪

ありがとう、これからもよろしくね!

この日記が前回の記事で終わってしまったら
里音ちゃんもお怒りになると思うので、続けていきます!
しばらくは、突然わあっと泣き出したくなったりしましたが
いつも、この日記の楽しかった事や写真を見て
ほんとにいろんなところに行って、いつでも一緒にいて
すごく楽しい日々で、なんて幸せだったんだろうって。
でも、過ぎ去っただけでなくて、その幸せが今も私たちの身になって支えてくれています。
そして、里音ちゃんのいつもかわいくて、元気で、凛とした姿を思って
悲しんでばかりいないで頑張らなくちゃって思う。一度もピーピー泣き言いわない女の子でしたし。。
それが里音ちゃんの力なんだなあと思います

里音ちゃんがお空にお嫁にいってしまってから、
ドコノコでであったシスターまろんちゃん家と交流できて、かわいいお花もいただきました。
勝手に姉妹と思っているのですが、、そっくりなの。
かわいいお花がまろんちゃんみたいで、とうとうシスターが出会えたって思いました。
近所のお散歩で出会う方もお花をくださったり
お散歩で里音ちゃんの話をして泣いてくださった方もいたり
みんな里音ちゃんが連れてきてくれた幸せです。
とっても小さかったけど、大きい存在だなあって思います。

あの日仕事が休みだったら、早退していたら、、などと思ってしまいますが
でも、お家でいつも通りでいられた事に感謝するしかありません。
後悔してもどうにもならない事っていっぱいあるんだなぁって
最近年とったからか良く思います。
でも、里音ちゃんは精一杯生きてくれた。
辛いときの顔でなくて、楽しい笑顔の里音ちゃんの顔を覚えていようと思います。

さて、なんと16歳の兄さんだけが残ってしまいました
でも兄さんがいてくれて良かった!
兄さんは4月に腎臓病が発覚しご飯食べられなくてどうなるかと思いましたが
輸液や食事制限など、里音ちゃんの治療経験が役立ち 迅速対応したおかげで
先日の血液検査ではかなり腎臓関係の数値は改善し
食欲も戻って、薬もご飯にまぜればそのまま食べられるくらいになりました。
ご飯の前はわあわあ騒いでよこせと言い、
ご飯の後はお尻からひねり出す。。
足はだんだん弱くなってしまい、一人では立ち上がるの大変で
おしりを支えると歩けるぐらい。
でもお座りのままエビフライ救助したり意欲はあります。
介護ハーネスでのお散歩は続けたいけど、本人も楽に動けたら楽しいかなと思い
わんこ用車イスを注文する計画を立てています!
Webで見て千葉の人に作ってもらおうかなと思ってやりとりしたのですが
その方が良い方で、軽い子だったら、厚木で作っている車いすが最軽量だと教えてくれたので
来週厚木に行って作ってもらいます!採寸して、2時間くらい待っているとできるらしい。
人間の装具を作っていた方で、新聞などにも出てるけどワンコの車いすをたくさん作っています。
車いす使ったらシャカシャカ楽しそうにエビフライ救助できたらいいなぁ!

ほかにも、寝たきりにならないように起き上がりやすい高反発のマットを買ったり
おうちカメラなど兄さんも見えるようにしたり
なんとか楽しく毎日過ごせるようにしていきたいです。
兄さんもかなりのおじいちゃんだけど、いつ何が起きるかって先を見るのじゃなくて
毎日できるだけ楽しくすることが大事なんだって里音ちゃんに教えてもらいました。
がんばるよ。
だから兄さん元気でいてね!
里音ちゃんがご縁でであったお友達ともずっと仲良くしたいな。

次は車イスがうまくいって楽しい!って日記をかけるといいなぁ!

2017-05-25-21-45-11
2017-05-19-21-42-34
ZIMG_7985

image

里音ちゃん、本当にありがとう。ずっと一緒だよ。

この日がいつか来るのがずっと怖かった、
でも、あまりにも突然でした。
去年の秋からずっと腎不全と心臓病の治療を一緒に一生懸命続けてきました。
今年からはお家で輸液し、酸素発生器もお家に装備して
もちろん病院には診察に定期的に通って、血液検査と心臓チェックをしながら
心臓と腎臓のためになるベストな投薬をし
ご飯も買えるものは全部試し、オーダーメードフードを作り、好きな食べ物やおやつを探し
お家でいつも通りの生活をしながら、おやつや遊びをたくさん取り入れて、
できるだけ楽しく毎日大切に暮らすようにしてきました。
でも、もうちょっと、いや、まだまだ、先だと思っていた。

今までは朝はあまり食べられなくても、夜は食欲増進剤も使って一日ぶん食べてくれていたのが
6月前半は、夜も食べられない日があったので、
大好きな手羽先でおじやを作ったら食べてくれて、しばらくは安定して
夜も手羽先トッピングでフードも食べられるようになった。
お友達が以前ワンコ用のパンをくれて、それがなくなりそうだったのでお友達に言ったら
買ってきてわざわざ送ってくれて、それも少し食べてた。
お薬はたくさんなので、粉に砕いて、水素水で溶いて、スタミノールという甘いシロップで
甘味をつけて、小さいシリンジでペロペロしてもらってた。
チュッチュしよって言うと、お部屋から出てきてお薬飲んでくれるの。偉かったな。
日曜日も、朝はおじやと、夜はフードをたくさん食べてくれて、コングに入ったのも食べて
おやつで遊びも少ししてくれた。スロープでソファの上にも登っておやつ一緒に食べたね。
おやつ食べながら、おでこを私とくっつけてイイコイイコってしたね。
あのフワフワの感覚は絶対忘れたくないです。

月曜日は、朝 お薬は飲んでくれたけど、おじやは食べれず、中の鶏肉だけ3切れくらい
お手手から食べてくれたね。そのあと、うんちたくさんした。
欠かさず行っていた朝夕のお散歩、お家を出たら、あまり行きたくないっていうので
途中まで抱っこして、でもおしっこもたくさん出て、帰りは歩いてくれた。
ちょっとふらっとしているかなと思ったけど、兄さんよりずっとしっかり歩き
玄関の前の1段も登れたよ。
腎不全から貧血が少し進んでいたので、いよいよ貧血を治療するホルモン注射始めるか、
他にも血液の毒素を抜く持続点滴や透析について調べていたところだったの。
心臓が悪いから、できるかなあって。でも、ここのところの心音検査では、心臓の逆流の異音は
2/6のままで、以前より進んではいない、悪くなってきてはいないって言われていたので
心臓のことについては油断していたよ。。

それで、いつもの通り、お留守番してもらって、でも心配だったから酸素発生器をつけて
熱くなりすぎないようにエアコン設定して、お家の入り口はこもらないようにいつもの様に開けて
行くときは、「ちょっとだけ待っていてね
すぐ帰ってくるよ、大好きだよ」って頭撫でて行ったの。
いつもの時間に帰ってきたの。
でも間に合わなかった。。ドアを開けたら、兄さんはいつも通りわんわん言っていたけど
りおんちゃんはいつも通り ドアの隙間から覗いてくれてなかった。。
でも何も分からなかったの。トイレに、うんちがたくさんしてあって、お腹の調子がまた
あまり良くないのかな、って思ってお部屋をただいまって覗いたら、
寝ているように横になっていて、温かかったけど、間に合わなかった。。
慌てて声をかけて、病院に急行したけど、もう間に合わなかった。
病院でいつも見てくださる優しい院長先生が見てくれて、心臓のせいではないかと言っていて
苦しくはなかったと思うと言ってくれた。
腎不全もよく頑張った、最後までおしっこ出ていたし、腎臓は最後まで機能していた、
本当に頑張ったと言ってくれ、スタッフの皆さんで綺麗にしてくださって、お家に帰りました。

苦しそうではなかった、、と思いたい。横になっていたし、暴れた様子もなかったし
トイレもシーツで、おしっこはトイレがいっぱいになったので少し外してしていたから
歩けたし、お昼寝していたと思う。
うちの旦那もwebカメラで見ていて、いつものようにお月様枕にあご乗ってして寝てたって。
私がうちに着く直前にお空に行ってしまったのかな。
土日で一緒にいてくれて、月曜いつものようにお家でいる間に、でも私が帰ってくるまで
待っていてくれたのかな。
本当にいつもりおんちゃんはキリッとしてて、弱音吐かなかった、
ものすごく可愛いのに強くて最高にいい子でした。

夜にはちばわん里親仲間で今はとても大切なお友達ワンテラチームのnaoさんが駆けつけてくれて
りおんちゃんにあって撫でてくれた。すごく嬉しかったです。これもりおんちゃんの力と思う。

月曜日の夜はみんなで寝室で一緒にいて、お手手つないで頭をたくさん撫でながら寝ました。
今年ぐらいから、具合悪い時はベッドで一緒に寝るより、自分のお部屋に行きたいよというので
一緒に寝てなかったので寂しかったな。フワフワと一緒に寝るのは最高の幸せだね。
火曜日は、輸液の日だから いつもの4時半に起きて、おじやを作って、
ブラッシングとクリーニングのいつものお手入れをして
兄さんと旦那と、皆で りおんちゃんもスリングに入って いつもの様にでもちょっと長めに
お散歩したね。いつも会うお友達にもあって挨拶したよ。
散歩の途中はいつもいっぱい声かけられてアイドルだったもんね。。これから、ちょっと辛いな。

それから、ワンテラチームのコバちゃんが東京から駆けつけてくれて
近所の仲良しのチカちゃんも来てくれて、あってくれて、お花をりおんちゃんの周りに
飾ってくれて、好きなポーロやワンコパン、コングに入れると食べてくれたフードをコングごと入れて
可愛いピンクのリードも入れて、私たちの代わりにペアの亀さんのぬいぐるみも入れて
いつも顎を乗っけてたお月様の枕も入れて、可愛く可愛くした。箱には、メッセージ書いたよ。
北海道から奄美まで、雪山、海、湖まで遊びに行ったね。最高に楽しかったよ。読んでくれたかな。
それから、私と旦那と、ロビン兄さんと一緒に、近くのカドキさんに頼んで、誠行社に頼んで
お空に返したの。あっというまだった。。

夕方には、ワンテラチームの幸多家も家族で来てくれて、写真見ながらお話しした。
ワンテラチーム、結局全部の家族から来てくれたの。みんな、りおんちゃんの
おかげで友達になって、雪山歩いたり、カヌーに乗ったり、ワンテラもなんどもやって
写真も思い出も数え切れないくらいあるよ。みんなで次は何しようって思ってたな。
また良くなって涼しい湖にカヌー乗りに行くぞって思ってたよ。
本当にいい仲間に巡り合えて、ちっちゃなりおんちゃんのくれた幸せは大きいです。
このご縁はりおんちゃんのプレゼント。ずっと大切にするよ。

病気の治療を頑張りながら、できるだけお家で楽しくいつもの暮らしをして
その日までお散歩したい、、というのが私の自分の老後を含めての願いだったの。
りおんちゃんに何をしたらいいか、って考える時は
いつも自分がりおんちゃんだったらどう暮らしたいかって考えて決めてた。
でも、透析とか持続点滴とか調べないほうがよかったかな。通じちゃってそんな治療したくないって
思ったかな。私でも、入院して辛い治療はしたくないもの。
でも、お家では、1日置き(稀に毎日)に朝、皮下点滴 半年、100回位かな、一緒によく頑張ってくれたね。ありがとうね。

まだ、思うたびに涙は止まらないよ。フワフワでほかほか、フニャっとしたりおんちゃんを
抱っこしたいよ。トコトコ歩いて くるん、ワワッっていう姿を見たい。
いつものお部屋からこちらを見ていたりお月様枕に顎乗っけしてるのを見たい。
おやつを小さくしてあげたいよ。。普通の日々が、最高の幸せだよね。
でもいつもキリッとしていたりおんちゃんを見習って、暗く留まり続けずに
兄さんとみんなで楽しくやっていくよ。心の中にずっといるからね。

りおんちゃんが来てくれたのは8年半前の10月だったね。
それからは毎日かわいいかわいいって言われない日はないほどのアイドルだった。
私たちの生活も突然明るくなって、たくさんお友達できて、いろんな所に行って楽しくて
そして、思えばあっという間だった。りおんちゃんは、爽やかで可愛らしい風のようでした。
こんなに純粋に可愛くて何でもやってあげたいって思うって、犬って素晴らしい家族だと思う。
今は涙が止まらなくて寂しいけど、
でも後悔はないの。幸せだったな、ありがとうっていう気持ちが純粋にいっぱい。
兄さんと私たちと一緒にいてね。それで、大丈夫だなって思える日が来たら
また、生まれ変わって、会えるって信じているよ。
本当にありがとうね。
2017.6.20

兄さんと一緒におやつねだりに来たね。
ZIMG_7985
お散歩でいつものお店では可愛がってもらったね。
IMG_8008
フード食べない時におじや作ったら頑張って食べてくれて嬉しかった
IMG_8047
お部屋でお月様枕あごのっけして寝てたね。
IMG_8052
手羽先や卵まんじゅうトッピングで完食! 舞ってもいいですか〜
IMG_8068
日曜日まで楽しくお散歩したね! 幸せだね。
IMG_8076
本当に寝てるだけみたい。大好きだよ。ありがとうね。
IMG_8102
いつも笑顔のイメージのりおんちゃん。ずっと心の中にいるよ。
IMG_2048
笑顔で見守っていてね、いつか生まれかわって会いに来てね。
ZDSC0406
ありがとう。

半年来ました!頑張ろう!

里音ちゃんが腎不全になったのが去年の10月くらい、
今5月だから、半年がすぎました。
その間に、4月にロビン兄さんが16歳を迎え、やった!と思ったのもつかの間
なんと兄さんも多飲多尿から具合が悪くなって 腎不全ということが分かり。。
今は、ふたりとも隔日 自宅輸液、いろんなお薬や療法食でなんとかやってきています。
特に里音ちゃんは心臓の僧房弁不全を悪化させないために
たくさんのお薬を飲んでいます。。というか水に溶かしてスポイトでなめさせています
2日に一度、朝4時半に起きて、里音ちゃん60cc→ロビン君190ccの順番で針を変えながら
輸液して250ccの輸液パックとビタミンは ひとりぶんで出来る!
なかなか医療費もかかるので、効率良くできると幸せです
兄さんまで腎不全なんて、、とがっくりきましたが いろいろ分かっているし
療法食も使いまわせるし、ある意味ラッキーかもしれません。

兄さんは具合悪くなったとき かなり後ろ足が効かなくなってしまい
前足だけでずりずり歩いていたため、おしりの角がはげてしまいショック。
で、調べて 犬の整体をやってくれる人に来てもらいました。
整体っていうよりマッサージなのですが、かわいいお姉さんで、
1時間やってもらって、その日には効果不明だったのですが、しばらくたって
セルフケアの方法も詳しくおくってくれて、それに沿って素人マッサージも少し続けていたら
なんだか前より立ち上がりやすくなったような。。
エビフライ救助も 探すのは難しいけど持ってくることはできるように復活!
まだまだ、あきらめずに色々やりたいなと思いました。
ご飯も、最初はほんとに食欲なくて散らかすだけだったのですが
最近は食べてくれる、、だけでなく、里音ちゃんのも狙います

去年の年末は、里音ちゃんが心配すぎて、悲しくて泣いたりしていた。
でも、里音ちゃんはがんばってくれている!
食欲増進の薬が無いと食べないけど、薬の効果が出れば
夜に一日分、食べてくれます。食欲が出たら、おやつ探しやボールなど
遊んだりできる。兄さんも、エビフライ救助したり、
夜、ご飯を食べてくれたあとの遊びタイムができるのが幸せです

一生懸命やって、気が付いたらこんなにたっていた、、だったらいいなと
以前書いたことがあるけど、気が付いたら、もうすぐ夏だ。
ふたり一緒にお散歩したり、遊んだり、、ほんとにがんばってくれている。
こちらが思う以上にふたりは凄いなあと思います
なんとか暑い夏を乗り切って、里音ちゃんの14歳誕生日を迎えられますように。
まいにち、できるだけ楽しく、精一杯やっていきたいと思います

2017-04-25-22-08-05
2017-04-25-22-14-08
2017-05-03-14-32-38
2017-05-07-10-52-26
2017-05-16-06-21-19
Profile
Recent Comments
  • ライブドアブログ