左足裏のタコ

左足裏の小趾球のタコをなんとか、柔らかくしようと思ってから、今日まで、およそ4年間。

昨2017年3月の墓参りの時、弟が「ヒモトレ」を実行していることを知った。日本韓氏意拳学会中級教練、小関勲氏が考案したもの。「韓氏意拳」は韓競辰師が指導する太極拳。私の日々の太極拳トレーニングはこの韓氏意拳のトレーニングをベースにしている。殆ど、You Tubeと著作での独習だが、実際の韓氏意拳学会の講習会で学んだこともある。

直ぐに始めた、「タスキがけ」と「へそヒモ」を続けて半年後、なんと!左足裏の拇趾球にタコができ始めた。

ヒモトレと同時に、島泰三の「親指はなぜ太いのか」でヒントを得て、退化したヒトの足親指の機能を回復するには、前脚は足裏母趾球を踏み込み、後脚は拇趾球を蹴り込む歩き方を習慣とすることに気がついた。片脚立ちでも、拇趾球への踏み込みは安定感を産む。

さらに、韓師、小関師のヒントにより、拇趾球を踏み込む身体操作が、自然でニュートラルな感覚を産み、安心感を維持できるということを実感できるようになった。韓氏意拳のいう、自然な動作を産み出し、動作中に安心な感覚を持ち続ける適切な方法であることを体認できるようになった。

ライフスタイルを変える! まさに、齢八十にして変化が現れ始めている。

参考:
小関勲『ヒモトレ』(日貿出版社)
小関勲・甲野善紀『ヒモトレ革命』(日貿出版社)
島泰三「親指はなぜ太いのか」(中公新書)
日本韓氏意拳学会編『韓氏意拳 拳の学としての意味』(スキージャーナル社)
韓星橋『意拳学 中国功夫の精髄』(スキージャーナル社)
光岡秀稔・甲野善紀 『武学探求 体認する自然とは 巻之二』(冬弓舎)
尹雄大『FLOW 韓氏意拳の哲学』(冬弓舎)




 

鬆(ソウ、ソン)を学ぶ

この10年間、太極拳の稽古を通じて、ライフスタイルを変えてきた。
ようやく確信が持てる段階に来たようだ。

身体操作が硬いという感覚を持ったのが、約10年前。

太極拳を始めた。

硬い体では自律神経の働き、交感神経と副交感神経の円滑な交代ができないと思った。

なぜ、太極拳を選んだかというと、たまたま友人が稽古していたから。
加えて、ゆったりした動作が気に入った。

稽古を始めて5年くらい経ったところで、基本的な稽古は身体の緊張を解き放すことだと知った。
そのことを「放鬆」と呼ぶ。

以来、その「鬆」を求めて、稽古を続けている。 

とりあえず、全身体の脱力と言っておく。その方が分かり易いだろう。
だが、どうやって脱力するのか?

部分(関節と筋肉と腱)を脱力すると、他の部分が緊張する。
一つの関節を緩めると他所のところが緊張する。

関節にしろ、筋肉にしろ、筋膜にしろ、身体は連携して動いている。
部分の脱力は脳の仕事。だが、全身の脱力は身体の連携プレイ。

要は如何にして円滑な運動連鎖を獲得するかがテーマとなった。


関節と筋肉と腱を緩めるというような意識を持ったが、すぐに、無用な意識だと知った。

足裏の感覚によってヒトは立つことができる。直立歩行には、絶え間ないバランスの修正が必要になる。

そのバランス状況を足裏の感覚受容器で把握して、脳に信号を送る。ヒトは、なんとしても、立たねばならない。

母趾球と小趾球とカカトの感覚受容器が活躍する。

だが、ヒトはいろいろな身体操作の癖や習慣を持っているわけだから、すぐに出来る訳がない。

例えば、腕を前に振れば、カカトからつま先へ重心がかかる。

とはいえ、一定の形動作を続けながら、そのクセを体認すれば、一気に脱力した状態に至る。

なぜなら、ヒトは、本来、自然体で鬆の状態になっている。

自然体とは、母趾球と小趾球とカカトの孰れかに身体の重心がある状態。特に、カカトへの荷重感覚が分かり易い。

生きている身体は揺らいでいる。母趾球と小趾球の荷重は外れ易い。常時荷重している感覚ではなく、この3点を荷重しながら巡っている感じだ。

鬆の状態に入れば、身体の運動連鎖はキレイに繋がる。





 

喜寿の戒め

1937年生まれなので、10月5日に喜寿を迎えた。大過なく、よく生きてきたものだ。お陰さまで、という思いが強い。

この際、コンピューターをリセットするような感覚で、大腸に二つあったポリープのうち、大きい方(16mm)を10月20日に切除した。小さい方(6mm) は経過観察。1年間のライフスタイルの見直し後に処置を決めることにした。

ライフスタイルの再編といっても、食事(菜食を主にする)と運動(太極拳)と座禅あるいは站椿を、日々継続するという、まあ、これまでやって来たことをもう少し気を入れて続けるということ。

心構えとしては、42歳ごろの筋ジストロフィー症候群と診断された際の生活習慣と環境を取り戻すこと。

その時は、菜食中心、糖分制限の食生活と東洋思想、特に陰陽思想の学習、見えないモノやコトへの関心を持つ、などライフスタイルの変更を試みた。

 今また、ライフスタイルの再構築を考えるのは、やりたいことがはっきりしてきたからだろう。

この数年の学習は、地球環境問題→近代科学技術の課題→近代とは?→キリスト教神学の変遷
→自我の発生→共同体の崩壊→国民国家の変質と続いてきた。

そこで、これ以降の学習は、国民国家の様態(特に日本とイスラム国)、多様なナショナリズム、社会の構成、自己の縮退、共同体の再構築、ユダヤ人とイスラム人の定義の同質性(多様な民族と同一宗教)、制限主権論批判(中国社会の行く末判断につながる)、優脳論(脳優先論批判ー虚私の思想)、と続けるつもり。

先は長いよ、暇はあるよ!で、相変わらず気の向くままの学習。

プロフィール

minimalist2020

タグクラウド
QRコード
QRコード