20160322_155309

こちらはマイクロスコープで撮影した魚が良く食べていた人工飼料のペレットの画像です。
特にシマヤッコやチョウチョウウオなどは活ブラインを好み中々人工飼料を食べてくれない
事から嗜好性が高い製品を選びますよね。

良く食べる人工飼料の粒とは丸ではなく画像の様に歪な形状をし、魚の口に含むと粉が
出て味を確かめる行動を取るのでその一発目が勝負になるでしょう。つまり給餌させて
からの10秒間が勝負。

20160322_155449(0)
現在の試験飼料です。パウダーを更に増やしたいと思います。餌喰い付きは良好で珊瑚も
良く開きますが魚に関して他の人工飼料と大差ないレベルですのでインパクトに欠けます。

c059c8a2-s
8年前にパセオ松原(旧)で購入したクリスリスの幼魚のクリちゃんは
現在も元気です。

7f28ec65
同8年前にパセオ松原(旧)で購入した台湾ブリードもマクロスのマーくんも元気です。
コバルトスズメは10年過ぎた頃からバタバタとお亡くなりになり当時の固体は現在居ません。

IMG_5111
クィーン、マクロス、クリスルス、パッサー、アズファー、ホンソメワケベラ、クマノミは幼魚
から育て、飼育してから8年以上経過しています。

7a165701
サザナミトサカハギ(バヌアツ)は2年前にギフトさんで購入した個体です。

IMG_5124
現在は28センチに育ちました。

29d3507d-s
冷凍餌は一切使用していませんがアミノ酸(魚馳走さま)を与えるようになってから
厚み(デブとも言う)が増しました。魚に関して冷凍餌の必要性は感じていません。

5ee3b714-s
最近、当ブログで「海外の珊瑚水槽の魚には生餌(冷凍)を良く与えている」と言う記事を
何度か書きましたが、1トン超えるような水槽でない場合は水が汚れるので乾燥した飼料
が向いているでしょう。特に最近の人工飼料は栄養バランスが取れて良くなっています。

be7ec552
混泳のストレスを無くす事と良い餌を十分に与える事と濾過と水換えを良くする事がとても
大事だと思います。魚の乱舞水槽を作るなら幼魚を一度に買い揃えて育て上げると成功
しやすいかと。以前はキャパオーバーでオゾンと殺菌灯と大量水換えで凌いでいた時期が
ありましたが定期的に白点病が出るなどマクロスをここまで綺麗に育てる事は出来ません
でした。現在は何年も白点病を見ていません。ただし追加した固体はパッサーに殺されて
います。(現在は追加を自粛)

12e55b6f
63032dfe-s
10年を超えたコバルトスズメは8~10センチと巨大です。5年過ぎると雄同士のケンカも
無くなりました。

IMG_5099
150X60X60の大型ヤッコ水槽で将来は240X60X60にする予定でしたが、嫁さんの90水槽
が隣に出来ました。



20160131_130839
300Lの水換えは大変です。これが苦になるか楽しめるかで大型ヤッコの向き不向きが
分かれるでしょう。マクロス、タテキン、クィーン等は将来150cm水槽が必要だと思います。


べっぴん珊瑚はこちら