ミニロボ通信

miniRoboの開発スタッフがイベントや改造方法等をお知らせします!

ミニロボ(miniRobo)とは、シュート機構を備えた2輪駆動の小型ロボットで、リモコンを操作し前後移動、ドリブル、パスシュートなどの動作が行えるサッカー用ロボットです。
自分でパーツを組み立てて、ロボットを完成させます。
※静岡市にて販売中(通販等は取り扱っておりません)

公式HP:http://mini-robo.com/

今後のイベント情報
『2017年』
 9月23日 『ミニロボ組立教室』              会場:『ま・あ・る』
 9月24日 『ミニロボ初心者大会』           会場:『ま・あ・る』
10月29日 『西部地区ミニロボ最強王座決定戦』   会場:『菊川市』
11月12日 『富士市長杯 in FDS』           会場:『富士自動車学校』
11月19日 『ミニロボ静岡県大会』            会場:『アイエイアイ本社』
11月25日 『第十回エスパルス杯ミニロボ親子大会』 会場:『ドリプラ』
12月 2日 『ミニロボ組立教室』             会場:『る・く・る』
12月 3日 『初心者大会』                会場:『る・く・る』
12月 9日 『第三回ミニロボ大人大会』        会場:『ドリプラ』 
12月26日 『2017静岡市長杯ミニロボ冬季大会』  会場:『ま・あ・る』

01
みなさんこんにちは!!
静岡県大会に向けてミニロボにゆかりのある方々にご登場いただきます。第3回はこどもクリエイティブタウンま・あ・るの大塚智夏さんです。いつも静岡市長杯、工作教室などの運営を力強くバックアップしてくださっています。

■ミニロボと出会ったきっかけは?
 ま・あ・るに入って最初に任された仕事がミニロボでした。
 「ミニロボ大会お願いします」と言われて「ミニロボ!?」っていう感じでした。
 学生時代から理系科目が苦手だったので正直戸惑ったことを覚えています。
 でも初めて市長杯を見たときからミニロボの世界に惹かれています。
ファーストインプレッションのインパクトが大きかったです。

■市長杯の印象的なシーンは?
 印象に残っている試合は数多くあります。話し出したらきりがないと思います。
 ある時試合に負けて悔し泣きしているチームメイトを慰めている子供を見ました。それを見て部活を頑張っていた自分の高校時代が鮮烈によみがえってきました。
 (大塚さんは文武両道で有名な静岡市内超名門校のハンドボール部でした。バリバリ体育会系です!!)

また保護者のみなさまのサポートも年々厚く(熱く?)なっています。
家族みんなでミニロボを楽しんでいる姿が素敵だと思います。

02
■ミニロボを自分で作った感想は?
 説明書がすごくわかりやすいです!!
 実際難しかったですが、「これを子供は自分で作るんだ」と思いながら作りました。
 作る前と作ったあとではミニロボに対する愛着が違います。完成品で遊ぶのではなく、自分で作って自分で改造して試合に臨んでという一連の流れが子供達を夢中にさせていることがわかりました。
 
■ミニロボスタッフの印象は?
みなさん開発者の方々ですが良い意味で「研究者」っぽくなく、「理系人間」的なイメージとは全然違う印象があります。子供達もみなさんのことが大好きで、しかも尊敬されていて、だからといって「先生と生徒」みたいな感じではなくフレンドリーなところがいいなぁと思います。

■ま・あ・るにある「ミニロボや」店長さんの活躍ぶりを教えてください。
 積極的な店長さんは看板を持ってお店がある4階から子供達がたくさん集まっている3階まで宣伝に行ってくれます。(スペースの関係上、ミニロボやは4階に常設中です)
 最近は店長さん自ら新しい遊び方(シュートゲーム、玉入れなど)を考えて集客してくれています。

※「ま・あ・るの店長さんて何?」という方はこちらをご覧ください。
https://maaru-ct.jp/bazaar

03
■ま・あ・る職員として子供達に期待することは?
 ものづくりをする際に、スマホなどでアイディアを探すのではなく、自分の内側からいろいろな発想を出してほしいです!!
 また何かをやるかやらないかちょっと悩んでいるくらいだったらまず挑戦してほしいです。子供のうちはどんどんいろんなことに挑戦して自分に合うものを見つけていってほしいです。

■この仕事のやりがいは?
 クッキング講座でお料理を教えた子供から「家に帰ってお母さんに教えあげたよ」と言ってもらえた時や、しばらく会っていなかった子から「ちなっち!!」と呼んでもらった時ですかね。
 あと「自分が子供のころどうだったのかな?」と振り返らせてもらえます。子供の目を通して大人の自分がいろいろ勉強させてもらっていることがありがたいです。

■県大会に参加する方々へメッセージを
 大人の方々も出場されるようですが、できれば子供に優勝してほしいです!!
 日程が合えば私も出場したかったです(笑)

ミニロボ愛があふれる大塚さんに会えるのはもちろんま・あ・るです。
https://maaru-ct.jp/
段ボール迷路、ふわふわなど子供達に大人気の大道具系アトラクションは大塚さんが中心となって運営してくれています。ま・あ・る館内や清水の街で大塚さんを見かけたら大きな声で「ちなっち~!!」と呼んでみましょう!!

ま・あ・るは来年開館5周年です!!
5周年記念イベント詳細は次号「まあるんダ!」に掲載予定です。11月初旬にみなさまのお手元に届くと思います。ふるってご参加ください!!

04
エントリー開始まで あと25日
県大会まで あと56日

こんにちは!
今週末はいよいよ月一回のFDSイベントの日です!
そして今回のイベントは『なわとび大会』です!!

スポーツの秋にふさわしいイベントです!!
是非参加して良い汗を流しましょう!

コスプレ指導員さんも気になります!
はたしてどんなコスプレの指導員さんが現れるのか!?
是非自分の目で確かめてみて下さい!!
3d2e3922-s
そして今週末のミニロボプラザFDSには、ミニロボ開発者のITOさんが1日滞在する予定です!
色々な改造や試合のテクニックを教えてもらいましょう!!

以上、FDSイベント案内でした!!

こんばんは。
今日はさっきまで『半田付け』をしていたので、その作業について紹介したいと思います。

『半田付け』について知っている子は少ないと思いますが、私が分かりやすくまとめましたのでこれを読んで『半田付けマスター』になりましょう!!

・・・でも大雑把にしか説明していないので『半田付けマスター』にはなれないと思います。
独学でマスターになってください。


超簡単に説明すると『半田付け』とは『溶けた金属でケーブルをくっつける』作業です。

IMG_4148
まず半田付けには『はんだごて』が必要です。
はんだごてとは、さっき簡単に説明した金属を溶かす為の道具です。

IMG_4149
この『はんだごて』は金属を溶かす為に物凄く熱くなります!
300℃以上まで熱くなることもあるので使用する際は注意しましょう!!
やけどをしたり火事になる恐れが有ります!

IMG_4151
ここからは実際に半田付けする作業の様子を紹介したいと思います。
今回はこのモーターにケーブルを半田付けしたいと思います。

IMG_4152
上のモータにこのケーブルを半田付けします。
ミニロボのモーターについておるケーブルは強く引っ張ると取れてしまうので注意するのじゃ。

IMG_4153
これは溶かす金属です。
『はんだ』と言います。
この針金みたいのを溶かしてモーターとケーブルをくっつけます!!

IMG_4154
無事くっつきました!!

・・・言いたい事は分かります、作業中の写真を撮れよ!!と皆さん思ったに違いありません。
ですが、作業中は両手を使っていたのでカメラを使うことが出来なかったのです!
タイマーとか人に頼む方法もあったと思うのですが、その時の私は思いつきませんでした!

IMG_4155
半田付けした箇所の詳細です。
このように溶けた金属でしっかりとくっついています。
私はへたくそなので焦げてしまっています。
はんだごてをITOさんが汚していたのでそのせいです。


この半田付けを使えば下の写真のような事も出来ます。
IMG_2890
電池ボックスのケーブルを継ぎ足して延長しています。
しかし、写真の中にも書いてあるように金属がむき出しの部分同士が接触するとそこで電気が流れてしまいます!
大変危険です!!


IMG_2891
その為、継ぎ足しした部分はこのように電気が流れないゴムなどでカバーをしておきましょう!!


以上が『半田付け』の紹介でした!!
定時後の変なテンションで書いたのでおかしいとこしかないですが許して下さい!


※『半田付け』はミニロボプラザで店員さんがやってくれるので、組み立て中モーターが断線したら持って来て下さい!
子供達にはまだ早いと思うので、一人でやらずに大人に任せるか大人と一緒にやりましょう!!

ケガの無いようにお願いします!!

みなさんこんにちは!!
県大会の冠名が正式に決定しました。

「静岡新聞SBS杯ミニロボ静岡県大会」
です!!
ミニロボイベントの趣旨とこれまでの実績をもとに申請したところ静岡新聞様が快く引き受けてくださいました。
関係各位のみなさま大変ありがとうございました。


これからも県民のみなさまに楽しんでいただけるイベントであり続けるため、この県大会をきっかけにさらにステップアップしてきます!!ご期待ください。


エントリー開始まで あと28日
県大会まで あと59日

こんにちは!
昨日から募集していた9/24のお助けスタッフですが、定員に達しましたので募集を締め切りとさせていただきます!
たくさんのご応募ありがとうございました!!

お助けスタッフに立候補してくれた子達はよろしくお願い致します!!





『おまけ』
召喚
彼らが謎の儀式でお助けスタッフを召喚してくれました(嘘)!!

↑このページのトップヘ