みなさん、こんにちは~(≧▽≦)~ミニロボ角田です。

東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10か国に中国・日本・韓国・ニュージーランド・オーストラリアを加えた15か国で、地域包括的経済連携協定『RCEP』が署名されました。

加盟国間での関税引き下げやサービス貿易の拡大が盛り込まれたこの協定…今後、私たちの暮らしにどのような影響をもたらすのでしょうか??

日本が輸入している「酒類」や「マツタケ」などは段階的に関税撤廃へ。主食からなる重要5品目は関税は維持され、RCEPの影響を直接は受けないとのことです。一方、工業製品は中国・韓国に向け輸出されている自動車部品などに課されている関税が将来撤廃されるとのこと・・

日々、刻々と変わり続ける世界とのつながり…RCEP…いつかきっと、テストに出ます(*_*;新聞やニュースを見て、世界情勢に敏感でありたいですね。

11/12(木)富士宮市立富士見小学校で行ったチャレンジ教室のご紹介です(^_-)-☆

11
★富士宮市立富士見小学校パソコンクラブ16名を対象に「チャレンジ教室」を開講しました。今回は特別に「ミニロボ操作体験」+「ミニロボプログラミング体験」の二本立てです。



01
★まずは操作体験。ミニロボを初めて見る子も多数。たどたどしかった操作も・・・



02
★あっという間に手慣れたものに(・ω・)ノ。がんがんシュートを決めていました。



03
★玉入れゲームも大盛り上がり。入ったボールの数を数えてくれました。



04
★待っているお友達も笑顔、笑顔。



05
★先生にもご参加いただき、操作体験は大盛り上がりでした。



06
★続きまして『プログラミング体験』



07
★2人組でチームを作り、プログラミングにチャレンジです。



08
★みんなタブレットの扱いに慣れていてすごい!!楽しそうにチャレンジしていました。



09
★課題をクリアしたチームは自由にコースを考えてロボットを動かします。先生から障害物としてSR-02がΣ(・ω・ノ)ノ!どんなコースを考えているのかな?



10
★ロボットが思い通りに動かなかった時、プログラムを見直します。「〇秒じゃ長いんじゃない?」「右じゃなくて左じゃない?」など、試行錯誤の連続です。苦労した分、成功した時の喜びも倍増!!!達成感を味わうことができます。

富士見小学校の皆さん、ご協力ありがとうございました。これからプログラム制御されたものがどんどん増えてきます。ロボットやセンサーを完璧に制御できる、世界レベルのプログラマーになっちゃってくださいね(^_-)-☆期待してるよ。

以上、富士宮富士見小チャレンジ教室のご紹介でした~(^O^)/