みなさんこんにちは!
今回は11/10(水) 富士宮市立富士見小学校 プログラミング体験を紹介します。
03
富士見小には2年連続で訪問することができました!!
昨年度の様子(←こちらをクリック)
今年は4~6年生35名を対象に実施しました。
01
授業前、クラブ長が整列の指示を出してくれました。さすがリーダーです!
07
子供達が自分のChromebookを使用します。日頃から使い慣れている端末なので、
操作方法をすぐにマスターしてくれました!(^^)
04
このグループは「1→4→10へシュートする」課題に挑戦です。
シートに手を当てて1マスの幅がどれくらいなのか考えています。
08
課題レベルを上げて、「障害物課題」にチャレンジです。
ゴール前に置かれた紙コップの隙間にゴールする課題です。難しそう~w(゚o゚)w オオー!
06
シート上にたくさんの紙コップが置かれています!
狭いコースを上手に進む必要がありそうですね~
透かさずミニロボスタッフ国持さんが子供達の様子を温かく見守ってくださいました。

☆担当先生の感想
今年度もありがとうございました。プログラミングを理解し始めた子供達ですが、Scratchやviscuit等画面上の動きでは、「動かした」という感動には程遠いと感じています。
今回のようにプログラミングすることによって動いた感動が味わえます。そして何より試し、失敗し、修正し、また試すことでとても楽しく学びのあるものとなりました。ありがとうございました。



たくさんのご感想ありがとうございます!
また来年度もご応募お待ちしております。

以上、富士宮市立富士見小学校 クラブ活動の報告でした。