ミニロボ通信

miniRoboの開発スタッフがイベントや改造方法等をお知らせします!

2021年01月

おはようございます。

毎日改造の記事ばかりで飽きちゃいますよね。書いてる本人もどこまで紹介したのか分からなくなってきました。

でも大丈夫!この次の記事で改造紹介も終わりです!
長かった!!





・・・ということで?いつもの風呂場で塗装をしてきました!
001
この日は雨が降っていたので空調の無い風呂場はとても寒かったです。
しかも塗料が全然乾かなかったので塗装に時間がかかりました。

002
どんどん風呂場のスペースが狭くなっています。
そろそろ次の塗装場所を探さないといけないかもしれません。

003
この日は本当に塗料が乾かなかったので・・・

004
お風呂場にあったドライヤーで乾かしながら塗装しました!!
流石お風呂場!!助かりました!!

『盾ロボ』
DSCN2332
盾ロボのドリブルプレートをついでに塗りなおしました。(赤➡金)
これでめでたく完成です!

『ノーマル幅ロボ』
DSCN2336
ノーマル幅の塗装はこんな感じです。

DSCN2337
『幅広大』の盾ロボとほぼ同じ色になりました。

DSCN2339
あちらは間違って光沢で塗ってしまいましたが、今度は間違えずにつや消し塗装しました。

DSCN2340
中のユニバーサルプレートが緑色で目立っていますね。この記事を書いた後、黒色に変更しました。

DSCN2345
目は接着剤で固定するので、まだつけていません。
なぜまだ接着していないのかというと・・・

外装にはもう少し手を加えるからです!
DSCN2348
少しだけ手を加えました。
どこが変わったか分かりますか?

DSCN2349
正解は『スミ入れ』をした。でした!!
凸凹の輪郭に沿って茶色のペンで線を引きました。
スミ入れをすることによって形や模様が目立ちます。




そして次に!!
DSCN2352
汚し塗装をしました!!
汚れた重機風にしたかったので黄色で塗装していたのです。

DSCN2353
久しぶりに汚し塗装をしてみました。
塗料が足りなかったので少し雑になっています(言い訳)。

DSCN2355
塗装が剥げたようにみせかける塗装方法です。

DSCN2356
早速組み付けた状態のロボットを紹介したいのですが、まだこの上にトップコートを塗らなければいけないのでまだ紹介できません!

ちなみに汚し塗装の際、私はこんな風に塗装しています。
サーフェイサー➡色➡トップコート(つや消し)➡汚し塗装➡トップコート(つや消し)

汚し塗装以外はエアブラシを使わないといけないので大変です。
あと、普通のプラモは汚し塗装の後トップコートは塗らないと思うのですが、ミニロボはぶつかり合うため剥がれないようトップコートを塗っています。
そのせいでちょっと色がボケてしまうかもしれません・・・。



次回はいよいよ長かった改造紹介も最終回です!!
お楽しみに!!

つづく

おはようございます。

最近爬虫類系のガチャガチャが沢山発売されています。リクガメとかトカゲとかワニガメとか~
爬虫類好きな私はすごくうれしいのですが、近所にあったガチャガチャがたくさん置いてあるゲームセンターが潰れてしまってガチャガチャする場所が無くなってしまいました。
特に今一番やりたいガチャガチャは『お財布亀2』なので、このガチャガチャを発見した人はミニロボのさづかに教えてあげてください。よろしくお願いいたします。アカアシガメが欲しいのです。




今日はノーマル幅のロボットの外観が完成したので紹介したいと思います。
塗装は今日か明日行う予定です。
DSCN2321
結局キック機構が丸見えですが、このまま行くことにしました。
キック機構も塗装すれば気にならないだろう!という甘い考えです。

DSCN2322
体もできたミニロボ君人形。

DSCN2328
ボディをできるだけ下に取り付けるようにしているので、このようにユニバーサルプレートを重ねないといけません。

DSCN2330
ぶ厚くなってしまったので、結構重くなってしまいました。
軽量マシンを目指していたのに・・・。

DSCN2323
頭の辺りのパーツです。
左が前のパーツ、右が今回作ったパーツです。
前回のは接着剤で固定していますが、今回は全部取り外しできるようにねじ止めすることにしました。

DSCN2324
こんな感じです。
横のパーツを止めているねじが無駄に長いので、もう少し短いのにしたいです。

DSCN2327
頭とバックパックはこんな感じです。
ここのねじを締めるのが無理だったので・・・

DSCN2325
こんな感じに穴を開けて対処しています。

DSCN2326
この穴にドライバーを通してねじを締めることができます。
穴は少し気になりますが、操作中はそんなに目立たないだろう!!ということにしています。

次は塗装後の紹介をしたいと思います!!
どんな色になるのか、今回は失敗しないようにしたいと思います!!



みなさんこんにちは!!
今回は1月15日、20日に行われた静岡市立清水高部小学校でのチャレンジ教室をご紹介します。
高部小では授業教材としてプログラミング用ミニロボPR-01をご購入いただきました。
ありがとうございます。
DSC_3688

IMGP2560
6年生2クラス計59名を対象に、場所は2F視聴覚室を使用させていただきました。
18686
教室の扉には授業のご案内を掲示してくださいました。
先生方、ご用意いただきありがとうございました。
18690
中に入ると非接触型の検温器がありました。
私たちも検温を行い、万全な感染対策をとって授業に臨みました。
DSC_3694
それでは授業紹介です。
今回はミニロボを使ったロボットプログラミングです。
DSC_3706
早速タブレットを使ってチャレンジです。
DSC_3695

DSC_3708 (2)
まずはコンディション確認です。
DSC_3697
上手に確認できたかな?
細かい微調整を正確に取組んでくれました。
IMGP2562
課題チャレンジです。
1つ目のミッションは、「1→4→16→17へシュート」です。
①

DSC_3717

DSC_3713

DSC_3714 (2)
事前にワークシートで計画し見通しを立てます。
IMGP2567

④
計画後、プログラムを組みロボットを動かします!
⑤
どのような順番でプログラムを組んだら計画通りにミニロボが動くか話し合いです。
⑥

②
1回では上手にいきません。トライ&エラーの繰り返しが重要です。
みんなで話し合って課題解決を目指すことでプログラミング的思考を養います。
DSC_3727
2つ目のミッションは「9→21→23→11→9→3番へシュート」です。
難易度は上がりました。
DSC_3732

DSC_3724 (2)
頭の中でシュミレーション→思考をプリントへ記録→プログラム入力」の流れです。
大事なのは「成功した結果ではなくその過程」です。

高部小学校では来年度本格的にミニロボプログラミング授業がスタートします。
またブログで随時紹介していきますね(′∀`)
DSC_3730
高部小学校の皆さん、ご協力いただきありがとうございます。
子供達はグループで協力し果敢にチャレンジする姿がとても素晴らしかったです。
中学生になっても難しいことにどんどん挑戦して成長してくださいね(・∀・)

以上、高部小学校チャレンジ教室のご紹介でした。
















おはようございます。

今日は朝から雨ですね。
この調子で沢山降って、静岡の水不足を解消して欲しいですね!

・・・でも週末は晴れてくれると嬉しいですね!




今日はキーパーロボットを塗装した際に、一緒に塗装した機体があるのでその紹介をしたいと思います。
ノーマル幅はまだ改造と塗装が終わっていないので紹介はしばらく先になると思います。
DSCN2288
今回塗装したのは『幅広中』です。
ずっと塗装せずにいたので、今回おまけで塗装してあげました。

DSCN2289
あんまり時間が無かったので1色です。

DSCN2291
戦闘機っぽい灰色で塗りました。

DSCN2292
はみ出しているケーブルも一緒に塗られてしまっています。

DSCN2298
キーパーロボットと並べると背がかなり低いです。
なのであまり守備には向きませんが、幅広中の操作性の良さを生かしてバンバン点を入れて行きたいと思います。


つづく

こんにちは。

2月末にミニロボの工作教室を開催いたします。

日時:2月27日(土) 12:30~16:00
           2月28日(日) 10:00~16:00(お昼休憩12:00~13:00)
           ※両日参加できる方。
場所:袖師生涯学習交流館 2階 多目的ホール
対象:小学4年生~中学3年生
定員:20名(応募者多数の場合は抽選)
参加費:4000円(ミニロボ組立キット+工具代)
申込期間:1/25(月)~2/19(金)

工作教室では開発スタッフが優しく指導を行います。
キットと工具代以外に費用はかかりません。

参加希望の方は公式HPのエントリーフォームから登録をお願いいたします。

『エントリーフォームはこちら』

c2e15b6a9d25c3f898430287311c7f2a

↑このページのトップヘ