ミニロボ通信

miniRoboの開発スタッフがイベントや改造方法等をお知らせします!

2021年02月

こんにちは!!
最近テレビ番組にたくさん出させていただいているミニロボですが、なんと今週もテレビ番組に出演します!!
今回ミニロボを番組で紹介してくれるのはこのお方です!!
DSC_2257
お笑いコンビ・ホンジャマカの石塚さんです!!

3月3日にSBSテレビの『静岡発そこ知り』で清水駅前銀座商店街が紹介されます!!
今回その中でミニロボプラザも紹介していただけることとなりました!

IMG_0023
今回は平日の昼間撮影だったため、アイエイアイスタッフのITOしか出演していませんが、石塚さんとアナウンサーさんが試合をしたり、スタッフと試合をしたり、様々な撮影をしたらしいので、本番はどんな風に紹介されるのか楽しみですね!!

放送は3月3日水曜夜7時放送SBSテレビ『静岡発そこ知り』です!!
何分頃放送かまでは分かりません、ごめんなさい・・・。あと時間も短いと思います。

録画予約と視聴をお願いいたします!!
石塚さんサイン
いただいたサインはミニロボプラザ清水に展示中です!!

お待たせしました!!
2021年3月23日に『春休み七間町プラザ特別開放』を行います!!

これまでイベントを開催できていませんでしたが、ついにミニロボイベント再開です!!
毎週プラザで腕を磨いて来た皆様、上達した腕前を披露するチャンスです!是非ご参加ください!!


特別開放では午前と午後で異なる内容の大会を開催する予定です!!
今回は大会の内容と、その他注意事項をお知らせいたします。
七間町

『午前:チーム大会』

時間:9:00~12:00(予定)
定員:32名(16チーム)
備考:予めエントリーしていただいた2人1組のチーム
   予選リーグ決勝トーナメントを行います。
        個人エントリーも可能です。

『午後:ランダム大会』
時間:13:00~15:45(予定)
定員:32人
備考:3対3のランダム戦を行います。毎試合チームメンバーがシャッフルされます。
   1人6試合行える予定です。

【その他】
今回は特別に充電電池の貸出しをいたします。
1人4本まで貸出しいたしますので、必要な方は当日受付の際スタッフにお申し出ください。
尚、コントローラーは貸出しコントローラーを使用するので、コントローラー用電池は必要ありません。

【重要】
・コロナ対策にご協力をお願いいたします。
・エントリーの際は、午前のみ、午後のみ、両方参加、が選べます。※できれば両方参加が運営上ありがたいです。←無視して構いません。
・当日は会場内で食事が可能です。※コロナ対策を行いますのでご協力をお願いいたします。
・会場の決まりにより50名以上の入場が不可となっておりますので、付き添いの方は入場できません。 ※特別な理由により付き添いが必要な場合はご連絡ください。10名までは空きがあります。



エントリーは公式HPのエントリーフォームからお願いいたします。

エントリーはこちら

本日から3月21日までエントリー可能です!




今回は今までにない特別な賞品をご用意しました!!皆様ふるってご参加ください!!
(オプションや商品券ではありません!特別なミニロボグッズです!ご期待ください!)





ミニロボ有限責任事業組合では「春休み七間町プラザ特別開放」にあたり、厚生労働省など行政機関からの情報を注視し、会場では 以下のウイルス感染症への対策を徹底して行ってまいります。

1 アルコール消毒液の設置
2 館内消毒・換気・広めの席配置
3 検温・マスクの着用
4 食事中の会話禁止
5 飛沫防止シートの設置
6 会場内人数制限
7 来場者の情報管理

ご不便をおかけしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


※『春休み』とありますがお父さんは春休みじゃないと思うので、子供の為にお休みして一緒に参加してください!お待ちしております!

みなさん、こんにちは~(^_-)-☆ミニロボ角田です♡


ミニロボが、またまたテレビに出演します~(´▽`)フフフ~。


2月27日(土曜)17時00分~

テレビ静岡 『しずおかバカ売れの法則』
(^O^)/


アンジャッシュ児島さんが静岡でバカ売れしているモノをバラエティテイストで紹介する、土曜夕方月イチ情報番組です(*´▽`*)。児島さんにはプログラミングミニロボを体験していただきました~。


番組放送前ですが、収録の様子をチョットだけご紹介しちゃいますね(^_-)-☆
※緊急事態宣言中のため、マスク姿で出演しました。

①
★今回出演するのはプログラミングミニロボ君と・・私と・・


☆テレビ初出演 望月建汰さん☆です。


初めてのテレビ収録とは思えないほど堂々としていました。建汰さん、さすがですっΣ(・ω・ノ)ノ!



②
★プログラミングミニロボをご紹介!!!児島さんも大森アナもプログラミングに興味津々!(^^)!



③
★ミニロボくんが華麗なシュートを決めた瞬間!!!驚きの表情を見せる児島さん(=゚ω゚)ノ!!!ナイスリアクション!!!



④
★では、いよいよ課題にチャレンジです!!!タブレットを使ってプログラムを組んでいきます。



⑤
★試行錯誤の連続☆失敗したっていいじゃないか!!児島さんは課題をクリアして、気持ちよくシュートを決められたのか!?!?「児島だよっ」のツッコミはでるのか!?!?気になりますね~(*´艸`*)


児島さんと私たちのトークも、見どころのひとつです!


皆さんにブログでお見せできるのはここまで~(*^^*)~続きは・・・



2月27日(土曜)17時00分~

テレビ静岡 『しずおかバカ売れの法則』
(^O^)/


ミニロボが出演する今週末の放送は絶対に見逃さないように・・スケジュールに( ..)φメモメモ。録画予約も忘れずにね(*´艸`*)放送日まで待ち遠しいですね~。


以上、現場から(?)ミニロボテレビ出演情報をお届けしました~(*^^*)♡

こんにちは。
暖かくなったせいで花粉がものすごいですね。


・・・ということで!!(?)
今回は花粉の原因となる『ミニロボ杉マン』を作製しました!!

杉マン
とりあえずブログを更新しなくては・・・ということで急いで作りました。

杉マン2
横から見ても杉の木そのものです。

杉マン3
そしてこの『ミニロボ杉マン』にはある秘密が!!

杉マン4
春になるとここが開いて・・・

杉マン5
『花粉』を発射します!!

・・・まさに杉の木!!

※腕が幹に食い込んでるのは気にしてはいけません。


このように3Dソフトを使いこなせば、自分で好きな物をあっという間に形にすることが可能です!!
ありがとう3Dソフト!

みんなも3Dソフトを使いこなして、色々な物を作ってみましょう!!



~最後に~
こんなくだらない記事を書いてしまって大変申し訳ございませんでした。反省しています。 さづか



おわり

みなさんこんにちは!
今回は静岡市立由比北小学校のチャレンジ教室をご紹介します。
昨年から引き続き2年連続でご応募いただきました。ありがとうございます。
IMGP2674
5・6年生8名を対象に「ミニロボプログラミング体験」を行いました。
IMGP2673
担当の先生がアイエイアイを紹介してくださいました。
よく見ると穴埋め形式になっていますね~。皆さんもお考えください。























【それでは答えです】
「日本シェア なんと〇%」  「日本シェア 約54%」
                 (小型産業用ロボット 単軸・直交ロボットシェア 2018年富士経済データ調べ)

「〇〇〇〇〇〇〇を体感しよう」「プログラミングを体感しよう」

子どもたちが興味関心を抱くように工夫してくださいました。大変感謝しております。
IMGP2686
さぁここからは授業紹介です。
IMGP2682
2人1組で課題チャレンジです。
IMGP2683

IMGP2690 (2)
タブレットに入力する前にワークシートで計画を立てます。
どのようにロボットを動かすのか考えを整理することで、より深い学びにつながります。
IMGP2691
仲間と一緒にアイディアを出し合うことで対話的な学びにもつながります。
IMGP2689
男の子は何やら頭を抱えています。
頭の中でプログラミング的思考をフルに発揮してくれました!
IMGP2688
考えがひらめたようです!実はこの男の子、ミニロボ経験者 芽生(いぶき)くんです。
焼津南ver_初めてのプログラミング_2002ver_高学年向け
芽生くんは日頃の小学校が出張授業を行う際、授業資料の表紙を飾ってくれています。
いつもミニロボPR-01の普及に多大な貢献をしてくれています。いつもありがとう!
IMGP2699 (2)
課題の難易度は自由に設定可能です。
これは「9→21→23→11→9→3へシュート」する課題です。
IMGP2705

IMGP2710
最後に授業の振り返りです。
プログラミング体験を受けての感想、将来のプログラミング技術を予想しました。

☆ご担当先生のアンケート・感想
「活動をする中で、自然と”順次”、”反復”…など論理的思考を体感することができたのはよかった。ペーパーに実験し正確なデータをとっていくところは模擬研究者になれ研究者の体験まですることができたのも良かった。」



〇由比北小学校の皆さん、いろいろとご協力いただきありがとうございました。
便利な技術・システムは日々進歩します。日常生活で「もっとこうなったらよいのに……」と感じることがきっかけで生まれる開発もあります。ぜひみなさん、日頃感じた疑問や思いをそのままにせず「知る」「感じる」体験をしてたくさんのことを学び続けてくださいね。

以上、静岡市立由比北小学校チャレンジ教室の様子でした。









↑このページのトップヘ