ミニロボ通信

miniRoboの開発スタッフがイベントや改造方法等をお知らせします!

2022年08月

みなさんこんにちは!
本日は掛川市立原田小学校ミニロボプログラミング体験を紹介します。
2年前からクラブ活動を中心にプログラミング教育を行う目的でPR-01を使用していただいています。
『2020年掛川原田小_クラブ活動様子』
『2021年掛川原田小_クラブ活動様子』
06
今回は総合の授業として5-6年生17名の子供達を対象に行いました。
05
中にはリモートで参加してくれた子もいました。コロナ禍で生まれた新しい授業参加の形ですね。私もMCに気合いが入ります(′∀`)
17
クラブ活動で経験している子供達を中心に操作方法をおさらいです。
みんなすぐにやり方を理解できました!
19
本日最初の課題は「1→4→10へシュート」する課題です。
みんな成功できるかな?
20
4まで進むのに何秒なのか?」「10の方向に曲がるには何秒なのか?
予想した秒数を計画書にメモしています。課題解決するために工夫してくれました(^^)
10

11
重要なことは仲間同士で協力することです。
自分たちで解決していく子供の姿はとても素晴らしいですね(・∀・)
08

14
担当の先生方も子供達の様子を温かく見守ってくださいました。
21
リモートで参加したお友達も積極的に話し合いに関わっていました。
欠席した場合でも学校の授業が受けられるのは幸せなことですね~(^0^)
お礼①
お礼②
授業終了後、校長先生直筆のメッセージ入りの贈り物を頂きました。
大変素敵な贈り物をいただき、本当にありがとうございます。

この授業の様子は掛川原田小HPにも掲載されています。
「ミニロボを使ったプログラミング教室vol.1」
「ミニロボを使ったプログラミング教室vol.2」
日々の出来事を地域に発信してくれています。
先生方、いつもありがとうございます。

以上、
『ミニロボチャレンジ教室~掛川市立原田小学校:プログラミング体験~』 活動報告でした。












みなさんこんにちは!
今回は静岡市立東源台小で行ったプログラミング体験を紹介します。
IMG_4490
6年生3クラス101名を対象に、場所は1Fランチルームを使用させていただきました。
IMG_4494
自分のPC端末で操作します。
日頃の授業でChromebookを使用しており、操作にもすぐ慣れてくれました。
IMG_4498
ソフトの使用法を理解すると、「何秒前に進むのか?」「曲がる秒数は何秒が良いのか?」といった会話が自然と始まりました。対話的な学びが実現できています。
IMG_4524
出し合った意見をもとに、プログラムを作成します。
このときも仲間同士でChromebookの画面を見ながら確認し合っていますね~(^^)
IMG_4532
お友達が出したアイディアをメモしています。さすが6年生です(^0^)
IMG_4518
プログラム完成後、ロボットを動かします。グループみんなで動きをチェックします。
IMG_4537
ロボットの動きに納得できなければ何度も挑戦です。
プリントで修正ポイントを押さえるのも良し!
IMG_4496
Chromebookでプログラムを確認し直すのも良し!
やり方は十人十色です。間違っている箇所をグループで共有してくれました!
IMG_4541
担当の先生も積極的に子供達にアドバイスを送ってくださいました!
的確にアドバイスを送っていただきありがとうございました。

☆担当先生のご感想
・「聞く時」と「活動する時」のメリハリが良かった。

・「ちょっと難しいけど頑張れば達成できる」ちょうどよい課題で良かった。

・失敗しても良い、PDCAの子供版のような、将来につながりそうな話もしてくださって良かった!ありがとうございました。


今回の授業の様子は東源台小HPに掲載されています。こちらもご覧ください。
「6年生ミニロボプログラミング講座」

以上、『Chromebook™でプログラミング』~静岡市立東源台小学校編~ 活動報告でした。








おはようございます!

8月28日に開催された『静岡市少年少女発明クラブ』の活動をアップしました。
『2022年度活動報告④』 ~相撲ロボットを作ろう①~
どのようなロボットが出来上がるのか続きが楽しみですね。

------------------------------------------------------------------------------------

今週末は『第七回ドリプラカップ』が開催されます!

今日はそのドリプラカップの入賞賞品を紹介したいと思います!!
一体どんな豪華賞品なのか!?早速ですがご覧ください!!

『ミニロボ特製缶ケース』
001 のコピー
この大会の為に作られた『ミニロボ特製缶ケース』です!!

002-のコピー
何に使うのか分かりやすいよう『収納』と大きく書いてあるのがポイントです。

003 のコピー
そして缶ケースという事はもちろん・・・

004のコピー
フタが開きます!!スライド式です!!
フタは閉めるとちゃんとロックされます!
そのロックする瞬間の手ごたえがなかなか癖になります。
どんな手ごたえなのかはGETして確かめましょう!

005
フタを外すとこんな感じです。浅めのケースです。

006
ねじやナット等、細かい部品の収納に使ってください!!
※今大会は1位、2位、3位共に同じ賞品(缶ケース+α)となります。


第七回ドリプラカップは9月4日(日)開催です!
それまでにしっかりと準備をして大会に備えましょう!!
当日は午前中(10:00~12:00)に大会の練習もできますので、練習の必要な方はご活用ください。

それでは参加者の皆様、当日はよろしくお願いいたします!!









『おまけ』
008 のコピー
ミニロボ君人形を入れてみたら布団みたいになりました。


おわり

みなさんこんにちは!
今回は静岡県立沼津聴覚特別支援学校で行ったミニロボプログラミング体験を紹介します。
IMG_4442
対象は4~6年生4名で、場所は3F視聴覚室を使用させていただきました。
IMG_4444
授業冒頭では「コンピューターの働き・役割について」話し合いです。
初めてのロボットを見て「コンピューターってどこに入っているのか?」発表してくれました!
IMG_4450 (2)
『4秒前進しキックする』プログラムです。
ボールがゴールに吸い込まれていきました! 早速成功です!
IMG_4456
操作方法は非常に簡単です。慣れてくるとゴールの位置を変えて挑戦です。
IMG_4458
プログラムを作成中です。どんな動きをするのかな?
IMG_4461
曲がってシュートする課題ですね! 難しい課題にも挑戦です。
IMG_4462
順調にゴールに近づいています!
IMG_4463
ゴール!! 綺麗にコースを通ってクリアです!!
IMG_4464
他のお友達もチャレンジです!
曲がる秒数』に焦点を当て考えてくれました!
IMG_4465
事前にロボットの動きを考えます。プランを練ることはとても重要です。
IMG_4466
そのプランを即実行します!ロボットを動かして修正点があったら自分で気づくことができます。
IMG_4471
『やったー!」と歓喜の声が・・・
自然に喜びを感じることができるのがミニロボの魅力の1つです!
IMG_4460
授業中は多くの先生方にも見守っていただきました!本当にありがとうございました。
IMG_4475
最後に『授業の感想・未来の技術』について発表してくれました。
みんなが大人になった頃、どんな新しい技術が生まれているかな?』と問いかけると、

お買い物を自動でやってくれるロボット』や『家に物を届けてくれるロボット』など、
自由な意見をたくさん出してくれました。積極的に発表していただきありがとうございました!

☆担当先生のご感想・アンケート

・プログラミング学習の導入として適した内容、方法だと思いました。説明や進め方も分かりやすく良かったです。

・段階的に課題が設定されており、子供達が「クリアしたい!」と意欲的に取り組めるようになっていたと思います。今回の学習体験をプログラミング学習の深化につなげていきたいと思います。ありがとうございました。


〇沼津聴覚特別支援学校の皆様へ
ご協力ありがとうございました。私たちの話す内容が子供達に分かりやすく伝わるように色々とご配慮いただき大変感謝しております。ゴールを決めたときに笑顔が忘れられません。何度も試行錯誤して失敗を恐れずチャレンジしてくれたから達成できたと思います。
これからも夢に向かってたくさんのことに挑戦してください。
皆さんの将来を楽しみにしています(・∀・)


以上、『ミニロボプログラミング体験』~沼津聴覚特別支援学校編 活動報告でした。


































みなさんこんにちは!
今回は富士宮市立白糸小学校ミニロボプログラミング体験を行いました。
IMG_4396
白糸小パソコンクラブ在籍の6名の皆さんが参加してくれました!
担当の先生とは3年前からのお付き合いで、今年度もオファーをいただきました。
毎年ご応募ありがとうございます。
IMG_4399
まずはロボットの準備です。子ども達が乾電池を入れる作業をしてくれました。


ここで、子供達が考えてくれた課題を紹介します!
IMG_4411
ミニコーンの間の先にあるゴールにシュートする課題ですね!
オリジナリティ溢れる課題を作ってくれました!
IMG_4412
緑色のコーンに当ててゴールに入れるという課題です。難しそう~(((( ;゚д゚)))
ロボットの向きが非常に重要になりそうです!
IMG_4413
コーンがある方向へ向いています。あとはシュートするだけです!
IMG_4414
ナイスシュート!
シュート直後の画ですが、このあとしっかりゴールインしました!(^^)

多くの子供達が自分で「スタート位置」「ゴール位置」「障害物(コーン)を置く位置」「進むコース」を決め、オリジナルな課題をその場で考えてくれました。


積極的にアイディアを出す姿勢がとても良かったですよ!
自発的な学び」ができていましたね!(^^)


以上、『Chromebook™でプログラミング』~富士宮市立白糸小学校編  活動報告でした。




↑このページのトップヘ