2013年の今日、ここあは熱中症にかかり、今年と同じ、翌日の土曜日、旅立ちました。

以下、「 」内は当時の日記より転記です。

「土曜日お昼過ぎ、ここあが熱中症で治療の甲斐なく、急死しました

注射や点滴をして夕方まで預かるということで
主治医が休診だったので、ネットで調べた動物病院に預けましたが
午後1時半、「ここあちゃんがけいれんをおこしているので、すぐきてください」と連絡が入り、タクシーで駆け付けましたが、もうこと切れていました。私は取り乱し、号泣しました。

死因は熱中症
主人が前夜冷房を切って外出したためでした

冷房を切られ28度を超える暑さ(28,5度)のなかでどんなにか苦しかったことでしょう
チャッピーは無事でした
耳が立っていて熱を放出しやすいのと
毛量がここあよりずっと少ないことと

比べて、ここあははなぺちゃで呼吸が荒くなりやすかったことだそうです

私は父の死後、色々な手続きで鎌倉にいき、
精神状態がおかしくなっているんでしょう
大事なここあを苦しませて突然失った悲しみに耐えられず、
「ここ!ここ!」と泣き叫び、
同様に悲しんでいる娘に
「おかあさん、落ち着いて」と言われたほどでした・・・

ここあは娘が大勢からいじめにあってつらかったときに娘と私を癒してくれた家族であり、同志でした。」
ここあ棺段ボール箱が即席のひつぎです。






可愛かったです。おとなしい子でした。
ペットショップからきたその日、トイレのひのき砂の香りにとても喜んでいた姿が忘れられません。
娘がケージを組み立てているのをそばで見ていました。
いまだに涙が出ます。
可愛かったここあ











今日、ここあのためにお花を買ってきました。
わずか3歳9カ月でした。
何の為に辛い避妊手術を受けさせたのか・・・・
本当に可哀想なことをしました。
実家の庭に埋葬した時は娘の顔は涙でぐちゃぐちゃでした。
人間なら七回忌ですね・・・・

行けたら来週、お花を沢山持って行こうと思います。