2008年02月

2008年02月22日

極北の自転車4 タンデムの変幻諸相 そのなるほどと唖然

4bcfaeae.jpg背中合わせタンデムは驚きだが、欧米には様々なタンデムが存在する。特にリカンベントメーカーはタンデムモデルをラインナップしていることが多い。それだけ需要があるのだろう。
リカンベントの短所の一つに後ろの乗り手が背中しか見えないことと一緒に乗っている割には話がしにくいことがあげられる。てなわけでもっと平等感があって会話が楽しめるモデルをということで考えられたのがコメントでも指摘があった半リカンベントモデルで写真の一番上。

これは結構理にかなっていて、コンパクトにもなるし、日本でも実用性高いのではないだろうか?この写真はHaseのものであるが、アメリカBilenkyからも似たタイプが出ていて、こちらはかの高名なおのさんのモデルに試乗させていただいたことがある。前後のペダルは連動していなくて体力差があっても一緒に乗れるし、走行ストレスは少ない。

何が何でも家族で乗りたいという欲望もあるだろう。4人だって乗れる。足が届かなくたって特注するのさ。
これならきっと5人乗り、6人乗りだってあるだろう。

ツーリングで乗るならやっぱりリカンベントじゃなくちゃ。いやいや、リカンベントの2輪タンデムはバランスをとるのがむずかしいでしょうが。じゃあ3輪ならいいんじゃない?ということで3輪タンデムも各社出ている。
なんか楽しそうだなあこれ。しかし、この長さ!分割方式も出ているけど日本人の感覚では尋常ではない。
お値段も尋常ではない。

これでもなんか不平等な気がするワ!と海外のご夫人が怒ったかどうかは知らないが、縦があるなら横があってもいいでしょうとばかりに、横タンデムも存在する。しかも4輪で芸のないことに2台を溶接したようなモデル。しかしこれ、2台で並んで走るのじゃあだめなのか?ねえ。合理的じゃないぞ。

ここまでくるとあきれ気味で作る方も作る方だが乗る方にもあきれてくるけれどこれでも終らない。この形をみてだいたい想像が着くと思うがとことんやるのが欧米人流なのだ。ということで続編につづく。

minivelofan at 14:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!極北の自転車 

2008年02月11日

VEGAS20inch (BS)  これぞ日本のミニベロ 究極のゆるゆる小径車

e5bfcd21.jpg自転車欲しいけどね、スポーツ車とかかっこいい自転車買ってもぉ、どうせ買い物とか駅までとかにしか使わないし、前屈みって怖いしなんか疲れる。スカートでも乗りたいしズボンの裾が汚れるのもやなのね、バンドか面倒だし。
カゴがないと買い物不便だし、泥よけもないと雨の日に困るじゃない?ライトもついている方がいいし電池切れのないのがいいの。荷台もあると結構便利なのよね。いけないけどちょっと二人乗りとかにも便利だし。あとチェーン錠って何度も乗り降りすると面倒でかったるいの。あとキーキーいうブレーキってやあね。
え、ママチャリでいいじゃないって。まあそおなんどけど大きいし、いかにもおばさんて感じでオシャレじゃないじゃない。
なにこれオシャレじゃない!えっこんなに高いの…。ねえ他になんか安くていいのないの?

自転車ファンからするとこんなわがまま言って、自転車をなんだと思っている!と怒りそうだけれど、これらの要望はある意味常識的なもので、多くの人が求めることである。そしてこんな自転車はやっぱりとても便利なのだと思う。そうするとママチャリしかないのかと言うとそうでもなくて、各社そうしたニーズに応えようと頑張ってオシャレな自転車を出していて、天下のブリジストンは小径車も用意しているのだ。

ブリジストンのリラクシーバイクシリーズは新しいコンセプトを打ち出した自転車のシリーズはママチャリをより高感度に楽しくしようというコンセプトの意欲的なものだ。その中核はVegasとそのベルトドライブ版VeltroでVegasに20インチが用意されている。
今まであったミニサイクルとどこが違うかと言えば、まずそのデザインが洒落ていて、特にツートーンのカラーリングはチャーミング。ママチャリに近い直立ポジションでありながら新デザインのハンドル形状のおかげでおばさん臭いイメージはない。このポジションのポイントはぺダルの位置がほんの少し前よりになっていること。高いハンドル位置とあわせて椅子に腰掛けるようなポジションになりストライダのように隠れセミリカンベント風なのである。

乗ってみるとポジションとMTB並みのファットタイヤが効いていてゆるゆると脱力して走るのにぴったりである。ギア比は結構高いので出そうと思えば結構スピードも出るが重くて疲れるしスピード走行には向いていない。スチール主体のフレームは重いけれど丈夫そうだ。ブレーキもローラーブレーキで合格。
初代からいろいろ改良されてカゴも大きめのものがつくようになり、鍵、チェーンカバーなどもつくようになった。カゴと荷台をつければ小径車の中でも指折りの積載量となる働き者だ。
なおリムとの干渉でタイヤが痛みやすいことがあり、空気管理はマメにしたい。

驚くべきことに上記の様々な条件を全て満たしている。それで内装3段変速ついて¥30000!
これで文句あるか!と言わんばかりの充実度である。これはスポーツ車メーカーは真似できない。
さすがブリジストン。
ママチャリと言う日本の生活に根ざした自転車から派生した純日本ミニベロと呼びたい。
小径車好きだけど畳まないし輪行や遠出のサイクリングなんかしないよという方にはお薦めNo.1
スポーツ車だけだといろいろ不便だよなと思うのだったらもう一台加えると豊かな自転車ライフになるだろう。

可愛いい自転車だがダークカラーなら男性にも結構似合う。

走行性 ★★★
携帯性 
汎用性 ★★★★
デザイン★★★★
C/P   ★★★★★

minivelofan at 01:15|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!20インチ | 2万円台

2008年02月03日

KMXkart K-class (KMX) 門をくぐるための入門トライク

16c867ad.jpgトライクのハードルは高い。場所を取る、高い、本人しか乗りにくい、目立ち過ぎるなどなど。住宅事情のきびしい国内ではそういう意味では究極の自転車遊びか。
価格のハードルも高く、30万近くするものが多い。これはなかなか家族の同意が得にくいだろう。
(トライク遊びをするなら独身のうちがお薦め)

そこで、このKMX!
トライクとしては破格とも言える価格で子供向けのKclassならなんと9万円!これならなんとか予算がつくかも。そのためには援軍と理由が必要だ。
まず子供とともに試乗する。子供を夢中にさせ子供とのコミュニーションを促進する。子供に欲しいと言わせ、子供の体力作り、親子の絆づくりに効果が高いと説く。そして購入。その姿と価格に目を慣らしておいて一緒に乗るものが必要じゃないかといって本格トライクを追加、年頃になった子供は卒業、お酒や車など減らして大人の趣味としては健康的で安いじゃないかと誘導。完璧な作戦。

まあこれは妄想の世界の戦略。

試乗会にこのモデルが登場したけれど、人気車のひとつ。子供はもう自転車から離れないほど夢中。大人も子供のように夢中になってしまった。まさにトライクマジックだ。このモデルは子供用だが大人でも乗れないことはない。ツーリングなどには厳しいが走りも遊ぶには充分だ。高級感はないがかわりに乗り倒せる手軽さがある。
路面を這うような疾走感やカーブでの横Gなど遊びの感覚が高揚する。

上位機種でも本格的なクラスのもので20万、一般的なレジャー使用なら15万円と求め易く国内代理店もあって買い易く、初トライクとして魅力的だ。
小さなことだが後輪にパーキングプレーキがついていて立てかけられる。屋根付き駐車場など場所によっては最近他社で出てきている折りたたみ式より便利かもしれない。

なおメーカーのサポートはとても親切で人数が揃えば試乗会を実施してくださるらしい。ご興味あるお仲間で是非どうぞ。

走行性 ★★★★
携帯性 
汎用性 ★★
デザイン★★★★
C/P   ★★★★★

minivelofan at 14:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!20インチ | 5〜10万