2008年05月

2008年05月25日

mini125 (MDE) お手軽感いっぱい!キックスケーター自転車

0adfe81c.jpg小径車Mook本で、妙なちびチャリをみつけた。MDEmini125。
MDEという知らないメーカー。検索するとMTBのメーカーなのか?よくわからない。

見るとほとんどキックスケーターのような自転車で、エアタイヤすら履いていない。さすがに、このサイズならスピードも期待できないし、ソリッドタイヤなら乗り心地もまあねぇと輸入元をみると、小径車ファンの聖地、和田サイクルではないか。
実用はともかく試乗用としては楽しそうなので、借用をお願いした所、快諾いただいた。
(和田さん、ありがとうございます)

とにかく小さい。全長でも1mに満たない。重量も6kg弱と最軽量クラス、A-bike並み。
それでも太いフレームなどどことなく自転車らしさを漂わせてはいて、おもちゃという感じはしない。
折り畳みはシンプルで、クイックリリース式でハンドルとシートを引っこ抜いてフレームについているジョイントにはさみ込むだけ、掃除機のホースの感覚だ。これはなかなかグッドアイデア!
乗りはじめはかなり戸惑うが他のちびチャリと似たようなもので、ソリッドタイヤの乗りごごちは、想像通り。路面の凸凹がそのまま体に伝わってくるが、その点はエアタイヤも一緒で、AbikeやJDbikeと比べてこちらが格段に劣るとは思わない。

驚くのは予想より遥かにスピードが出ること、ルイガノ、パシフィックの8インチモデル同様、ハーフピッチのチェーンを用いてギア比を稼いでいる。サイトの情報ではギア比10以上!
一回転あたり3m以上走り、JDbikeよりははるかに早く、エクスウオーカーに迫る。これはすごい!
タイヤも車体も小さいから転倒が怖くて心理的にスピードは出せないけど、出そうと思えば出せるのだ。

実は試乗会の前後、数日実用的に使わせてもらった。(和田さんごめんなさい、ありがとうございます)
このサイズと重量だと電車にも気軽に持ち込める。ルール違反だけど、キックスケーターの振りをして袋無しでも持ち込めた。立ったまま持ったり座って抱えるのも苦ではない。
折り畳みはワンタッチではないが場所も取らないしわかりやすい。出かける時に自転車を持って行って下車先で自転車に乗ってまた電車で持って帰るという使い方には随分適している。
もちろんソリッドタイヤでの長い距離は無理というものでこの自転車の用途ではない。

Abikeがライバルと思うが、エアタイヤのAbikeのほうが優れているように思えるが、実は普通のサドルがついているMDEと乗り心地は大差がない。長く乗るにはこちらの方がいいくらいだ。
フロントについているサスも実用的に効いていて、小さな段差のショックは吸収するので想像よりは段差に強い。エアタイヤバージョンもあるようだが、短距離と割り切って無理にエアタイヤでなくてもいい気がしている。パンクの心配無しに使えるからだ。デザイン的にも遊べそうだし。

価格は6万と安くはないが携帯自転車として魅力は高い。
未来的なAbikeと悩むが、遊び心があるこの自転車に随分ヤられている。

なお今はモデルチェンジ中で購入できない。次のモデルに期待大!
メーカーサイトは見つけにくいのでここに記しておきます。
http://www.geocities.com/gganio.geo/vepo/index.html


走行性 ★★★★
携帯性 ★★★★★
汎用性 ★
デザイン★★★★
C/P   ★★

2008年05月23日

実用軽自転車の雄 YS-11(バイク技術研究所)

4bec4315.jpgちょっと多忙につき間が空いてしまいました。すみません。
試乗会は無事開催盛況でした。この様子はまたお知らせします。

今回直前でお願いして出展してもらった自転車がいくつかありますが、その一つがYS-11。
気になっている人も多いでしょう。

輪行していてとにかくめげるのが自転車の重さだ。改札からホームまでとか階段とかなんでこんなもの持たなきゃなんないんだと思ってしまう。転がせるタイプでも形状を吟味しないと気分的にそのまま改札を通りにくいものも多い。
気軽の持ち歩ける自転車の条件としてやはり軽さは重要だ。

ここを追求した自転車といえばトレンクルだが、なんと言っても高い!
そりゃいいけど手が出ないぞ!という方に気になるのがこのYS-11シリーズ。

なんとシングルスピードなら7kg台!フレーム折り畳みのないモデルならそれで¥40000!
これは割り切ればかなりお買い得だ。
14インチで自転車自体コンパクトだから日帰り旅行なら問題ない。
日常的に輪行したい方なら折り畳み機構付きのAグレードも用意されている。こちらは¥70000とちょい高いが、それでもトレンクルよりはだいぶ安いし、内装3段変速付きも用意されている。

この自転車ネット販売が主で少し損をしている感がある。というのも画像ではシルバー塗装、無印自転車のようで素っ気ないのだが、実車を見るとサンドブラスト風の梨地仕上げでなかなか高級感がある。
ハンドルの折り畳み部分やパーツ類もチープな感じはしない。

軽量フレームとシンプルな作りで正攻法的に軽量化を図っているように見えるが、Aグレードの折り畳み機構にひと工夫がある。フレームが分割され、水道管などのジョイントのようにそこを繋ぐパイプがスライドして補強するという構造になっていて、そのフレームの中に分割フレームの連結を保つスプリングのようなものが通っている。つまりヒンジ部分がない構造で軽量化とコストダウンを実現してるようだ。
2つに折り曲げる感覚でバッグに放り込んで肩からかけて電車に乗る、そういう使い方ができる自転車だ。

乗ってみると車体が軽いので実に軽快、実用的には充分な走りだ。14インチなのでそこは極小径車とは比べ物にならない。この軽快感は日常利用でも気持ちいいかも。変速付きなら輪行+ちょっとした距離のポタもOK。
ハンドリングに独特の癖があり、そこで好き嫌いが出るかもしれない。

なお、電動タイプもあり、こちらは電動としては驚異の11kg!!車体の軽さが電池の持ちにも貢献しているらしく坂の多い町の方にはお薦めだ。

軽さで行くか、極小径の小ささで行くか、転がし機能でいくか、うーむ、悩みは尽きない。

走行性 ★★★
携帯性 ★★★★★
汎用性 ★★★
デザイン★★★
C/P   ★★★★
(YS-11Aグレード)




minivelofan at 00:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!14インチ | 3〜5万