2009年06月

2009年06月19日

予期せぬ方角から新星 Bag&bike(Bag&bike)

5eed6d83.jpgいやいや、人の夢と希望、そして欲望は尽きないもの。
もちろん完璧ということはないのだが、ある到達点というのはあることはある。
それでもこれだけ多くの自転車がでていても、それに満足できない人がいる。

実際、私も出かける先々で自転車に乗れたらどんなに便利だろうと思う。
旅先で自転車に乗れたらどんなに楽しいだろうと夢見る。
この欲望にはまだ完全な答えはない。
だからこそ妄想の余地があって楽しいし、なかにはそこに参入して実現させようと言う人も現れてくる。

今回のサイクル天国で楽しみにしていた自転車がこれであった。
以前からネット上では見つけていたのであるが、どんなものか計りかねていた。サイトで見る限り、よく練られていてなかなかいいのではないかと言う予感があった。実車を買われて乗っている方の評価も悪くなかった。当日は都合が合わず出品がかなわなかったのだが後日直接お会いし試乗することが叶った。

お邪魔して驚いたのが、その本格的なこだわりと追求の姿勢であった。サイトで見ると自転車メーカというよりも輸入販売というムードが先行していて、中国で生産されたものをそのままライセンス販売しているものと予想していたが、実際には、原型モデルがあったことはあったが、設計変更を重ね、品質向上の試行錯誤を繰り返して実用化された独自の労作であった。その影にはプロ並みの自転車好きの存在があった。このかたの情熱は上記の憧れに端を発するものであり程度は雲泥の差はあれ私と共通のものであった。

いくつかの試作機や開発途上機などを見せていただきながら、試乗させていただいた。
実車はしっかりした出来でちゃちい感じはしない。全長短くとても可愛い。
折り畳みは短い全長を生かし、サドルとハンドル部分のみ。この割り切りは素晴らしい。しかも軽い。
このあたり、携帯自転車としての方向のひとつがあるのではないだろうか?

垂直ハンドルの外観から想像される通り、乗りはじめは小径独特のふらつきに戸惑うがすぐに慣れる。ハンディバイクやストライダよりは癖が少ないくらいだ。ダブルクランクギアの推進力は外観以上で1回転あたり3m弱とエクスウオーカーと同等でこれは驚きである。このサイズとしてはきわめて優秀。
しかもなんとディスクブレーキ!まあ実用的には調整に苦労することもあるようだが、自分で調整できる人はいとわない?(次モデルで採用されるか未定)

しかもさらに驚くことに、これがなんと2万円台!
この価格の安さが災いしているのではないだろうか?事実私も安かろう悪かろうと連想してしまったのである。ちょいちょい自転車を電車や車で持ってあるきたい人にはいい選択肢。

ただし在庫はかなり残り少ないらしい。
次のモデルはマイナーバージョンアップされたものとなる方向。生産予定は来春。
走行性 ★★★
携帯性 ★★★★★
汎用性 ★
デザイン★★★
C/P  ★★★★★

【追加情報】
補修、パーツ類の補充などのアフターケアの面での不備が投稿されてます。その点留意の上、ご検討下さい。