2010年02月

2010年02月21日

開発者魂の底力 5Links

5linksfold
5links


出尽くした感のあるオリタタミ方式もまだ改善の余地があるとばかりに新しい手法が生まれる。人の飽くなき欲望と追求の賜物だ。
ここのところ目新しさが減ってはいるが、それでも様々なチャレンジが見受けられる。この面白さこそこの分野の醍醐味ではなかろうか。

さて恥ずかしながら5linksの噂は当ブログのコメントから知った。そのサイトを見るとコンセプトや手法など並々ならぬ意欲を感じる事ができる。ラインナップもたった一機種ではあるが、R&Mも世に問うた一台のBD-1から始まっているのだから、何が始まるかはわからないのである。

このメーカーの出自はわからないが生真面目な設計者の顔とコンセプトメーカーの顔が見える。
そのモデルのアイデアは既存のものに大胆な改良を加えてあり、なかなかの独創性である。その独創性が姿に現れていないのはある意味損をしている。奇抜で乗るのが恥ずかしいという事はないが安売り自転車に見えそうでもある。

コンセプト自体は走行性の犠牲なしにいかに簡便に折り畳み、移動できるかであってそれ自体にあたらしさはない。折り畳み方式が面白いのであるが、ハンドルポストとフレームとの結合部分がスライドしつつ回転するというもの。結合部分のロックを外して上にずり上げる、そこを軸にコンパスのように2車輪を畳むのである。アイデア自体はストライダに近いがスライドさせる事でもっと一般的なフレーム構成に近い状態を実現している。

もうひとつの独創ははシートポスト自体を折り曲げて畳む事。これによって高さ調性をいちいちする事がない。これもbikefridayが近い事をしているが簡便にまとめている。

この2点によって簡単に棒状に折り畳む事ができハンドル付近を引っ張りながら移動できる。しかもキャリアを取り付ければ自立もする。さらにキャリーバッグなどをくくりつけられるキャリアも発売された。
このキャリアは大きめのバッグをつけても足に干渉しないように丈夫に移動できる優れものである。
この機能で重量は9kg台、立派である。
まずは実用を考えてよく練られた製品という印象を持つ。これはなかなかできる事ではない。

乗ってみると14インチらしい実用性の高い走行性で、公共交通での移動/輪行を前提とすれば十分である。ただ、YS-11同様にハンドリングに少々癖があって、その違和感は残る。

オーナーらしき方はサイクルモード当日は試乗した方が勝手に折り畳みを試すせいで調子が悪くなっていると嘆いていた。小径ファンとしては同情したいところだが、ユーザーは所詮そんなもんではないだろうか。誤った折り畳み方をして、簡単に不調になるというのは実用性を重視しているコンセプトにはそぐわないと思う。また実用性を重視したスタイルは色気という意味ではもの足りず、萌える気持ちは起こらない。

8万円という価格も少々疑問が残る。よくできたモデルとは思うが、ストライダが5万円台、ミントが7万円で買える事を思うと現実に選択肢に残るだろうか?8万円はかなり趣味性の高い価格帯ではないかと思うのだ。実用性には当然価格反映される必要があるだろう。
輪行を重視するポタリング派と日常的に移動手段として使う実用派とをすみ分けるのが必要ではないだろうか?
まああまり予算は問わず、収納や移動にらくちん、スーツでも乗れるような自転車をお探しならいい選択肢となる。

生真面目な開発者魂が独りよがりになって寛容さを見失っているとしたら残念。この貴重なモデルをぜひ熟成させて欲しいと思う。

走行性 ★★★
携帯性 ★★★★★
汎用性 ★★★
デザイン★★★
C/P  ★★

minivelofan at 11:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!14インチ | 5〜10万