2012年05月

2012年05月03日

小さいけど小顔で脚長、スマートだぞ! M451 ManhattanBike

2m451t_cam


一般に男性で背が低いのは異性へのアピール的には不利。
女性は場合は背の高いのが不利といわれる。

でもなんでも揃うような完璧な人はなかなかいないわけで、
背が高いけど、脚が短くて頭でかい男とか、
背は低いけど脚も短いという女もいて。

背が高くて脚も長い見事な女と背が小さくて脚も短いけどという女とどちらが好きか?
まあこの辺は好みでしょ?という事になるか。

女性が小さい方が比較的好まれるのは、可愛らしさや従順さを求めてという日本人男性の趣向が反映しているんでは。海外に行くと日本人の体格の小ささを実感しますね。
特に女性は海外の女性と並ぶと小柄で人形みたいな感じ、それはそれで魅力だなあと思う。
という事は男は相当不利という事だな…。

小径車は車輪が小さい分全体に小振りで、その小ささが魅力になっている。
凝縮感とか可愛らしさとか日本人の志向が色濃く出ているように見える。

その中でも特にダイアモンド(菱形)/ホリゾンタル(トップチューブが水平)の伝統的なロード系の20inchや16inch版はよく知られた形がそのまま小さくなったような自転車/Miniveloは可愛らしく見えた。少し前までは高価なモデルやオーダーでしか見かけない珍しいタイプの自転車だったのでよけい欲望を刺激した。
今は、各社お求めやすい価格のものも出ていた随分見かける事も増えた。そういう意味ではあまのじゃくな私はちょっと購買欲が低下したかな。

top_img1


このタイプの自転車、フレーム自体も完成形があって完成度が高く、走行性も良くて、オリリ畳んだりしないって言うなら、あまり不満はないのね。なので小径車の入門としてはお薦め。
いくつか試乗してますが、実はあまり差がわからないというか、これで十分いいんじゃない?と思う事が多くて、ネタとしてはあまり書くことがないのが悩みの種…。選ぶにしてもデザインとタイヤの太さの好みでいいんじゃないの?て思ってしまう。

そんななかでこのManhattanはひと味違う気がした どこが?、?、と思ってメーカーさんの話を伺うと、
このモデル、フレームもフォークも殆ど700cのそれに近いのだそうだ。
小径にあわせてブレーキ台座の位置を変えたりしているだけだとか。
なるほどそう思ってみるとフロントフォークの股の部分は上の方まで切れ上がって随分脚長だ。

manhattan1


自転車のヘッドチューブ、正面からの顔に当たる部分、このタイプのフレームでは小径のために長くとる傾向がある。タイヤが小さいんだから当たり前。するとちょっと馬ズラ気味になるのだな。
気がつくと意外と気になる。フロントキャリアをつけたりしてデザイン的にうまく処理しているのも多い。Manhattanはそのトップチューブが短いので顔の印象が随分違うのだ。
脚長で小顔、小さいけれど美形ってこと?

細身のタイヤとやはり細身の直線のクロモリフレームはスリムな印象で小さいながらも精悍な印象もある。カラーリングやロゴも素っ気ないくらいシンプル、
愛玩的なデザインが多いこのタイプのなかでは潔さが感じられる。

走ってみた印象はこの姿と同じ、シャープで無駄がない感じ。
スピード感もあって走りを楽しみたい人にもいけると思う。クロモリなので体にも優しい。
ポタリングよりももう少し飛ばして走りたい人やスポーツ女子にもいいと思う。

店頭ではちょっと地味な存在かもしれないけど、なかなかできる奴です。

走行性 ★★★★★
携帯性 ★★
汎用性 ★★★★
デザイン★★★★
C/P  ★★★★

minivelofan at 13:55|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!20インチ | 5〜10万