2008年01月22日

極北の自転車1 Family triple traveler (Bikefriday) 3人乗り折り畳み自転車!

321cf2a4.jpg世界中の自転車を見聞きしていると(これはまさしくネット社会の恩恵だ)まあ良くもこんなものつくるよなーというものがたくさんある。以前にも書いたが欧米人のこうした追求というのは凄まじいものだ。
そうしたもののなかでぜひとも知らせたいと思うものについて紹介していきたい。
試乗記ですが試乗はしてないのであくまで番外として。

タンデム自転車は観光地などで一度は乗ったことがある人も多いだろうが、これもまた実に不思議な自転車だ。タンデムのメリットというのは実はそう多くなくて、息があったときに馬力が倍増すること、自転車が一台ですむことくらいで、ペダルの回転を揃えなくてはならないし、息が合わないとかえって疲れるし、自転車大きくて高いし…。

一方でやはり一緒に乗ると言う一体感は何物にも代え難い。力と息をあわせてと言うのは信頼確認装置として有用だと思う。なによりおもしろそう。
ということでこの手もたくさんあるのだが実際には置き場所と走行場所の問題がある。
その点Bikefridayのタンデムは分割折り畳みができ収納性と移動性が高い。車とセットならどこにでも行けそうだ。
ラインナプの中にはなんと3人タンデムまである。これは子供一人を含む家族で乗ろうというものだ。これこそ家族の信頼確認装置として有用だろうし、これでの旅なんてわくわくする。
こうなると体験型現代美術作品にさえなりそうだ。

残念ながら国内ではタンデムは走行にかなり制限がある。これについては後に書くけれどもまずは自動車優先主義を排してこの点をなんとか改善して欲しいと思う。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 熱発中   2008年01月23日 00:32
す、すごい…
いったいどんな乗り味なんでしょう?
ちゃんと曲がれるのでしょうか?
興味は尽きません。
2人乗りのタンデムは憧れがありますが、まさか
3人乗りとは…
発想がすごいですね。驚きです。
2. Posted by minivelofan   2008年01月23日 15:05
熱発中様
すごいでしょう?
マジメな製品かどうかはわかりませんが4人乗りというもみましたよ。
あきれるようなのがまだありますよー。
3. Posted by 解体屋探検家   2008年01月24日 21:58
タンデム=タイムボカンシリーズというのは私だけでしょうか(爆)

おしおきだべー
4. Posted by minivelofan   2008年01月27日 11:29
解体屋様
なつかしい。あの悪者3人組の事ですかね。タンデムと言う名前が出てくるんでしたっけ?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔