2008年02月22日

極北の自転車4 タンデムの変幻諸相 そのなるほどと唖然

4bcfaeae.jpg背中合わせタンデムは驚きだが、欧米には様々なタンデムが存在する。特にリカンベントメーカーはタンデムモデルをラインナップしていることが多い。それだけ需要があるのだろう。
リカンベントの短所の一つに後ろの乗り手が背中しか見えないことと一緒に乗っている割には話がしにくいことがあげられる。てなわけでもっと平等感があって会話が楽しめるモデルをということで考えられたのがコメントでも指摘があった半リカンベントモデルで写真の一番上。

これは結構理にかなっていて、コンパクトにもなるし、日本でも実用性高いのではないだろうか?この写真はHaseのものであるが、アメリカBilenkyからも似たタイプが出ていて、こちらはかの高名なおのさんのモデルに試乗させていただいたことがある。前後のペダルは連動していなくて体力差があっても一緒に乗れるし、走行ストレスは少ない。

何が何でも家族で乗りたいという欲望もあるだろう。4人だって乗れる。足が届かなくたって特注するのさ。
これならきっと5人乗り、6人乗りだってあるだろう。

ツーリングで乗るならやっぱりリカンベントじゃなくちゃ。いやいや、リカンベントの2輪タンデムはバランスをとるのがむずかしいでしょうが。じゃあ3輪ならいいんじゃない?ということで3輪タンデムも各社出ている。
なんか楽しそうだなあこれ。しかし、この長さ!分割方式も出ているけど日本人の感覚では尋常ではない。
お値段も尋常ではない。

これでもなんか不平等な気がするワ!と海外のご夫人が怒ったかどうかは知らないが、縦があるなら横があってもいいでしょうとばかりに、横タンデムも存在する。しかも4輪で芸のないことに2台を溶接したようなモデル。しかしこれ、2台で並んで走るのじゃあだめなのか?ねえ。合理的じゃないぞ。

ここまでくるとあきれ気味で作る方も作る方だが乗る方にもあきれてくるけれどこれでも終らない。この形をみてだいたい想像が着くと思うがとことんやるのが欧米人流なのだ。ということで続編につづく。

minivelofan at 14:02│Comments(0)TrackBack(0)clip!極北の自転車 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔