2010年03月20日

デフレスパイラル時代の自転車選び 30000円で何を買う?その1

7parrot

デフレスパイラルのご時勢、自転車好きといってもむやみやたらとお金をかけられる人ばかりではないだろう。好きな酒を減らしこずかいから少しづつ貯めて、身体のために自転車通勤するといって交通費を浮かし、ガソリンをケチってやっとの思いで貯めた3万円!という人もいるのではないかと思う。実際生きていくのに必要なものは自転車だけではないのだ。いろいろなことにお金は必要なのである。

DahonのMetroD6が4万、本格的な輪行用小径車としてはこの辺が入門編となるだろう。しかし上記のごとくこの4万円もきついという人はどうするか。それが今回のテーマだ。
実際輪行するとなると自転車本体の他に、鍵、ライト、輪行袋、バッグ、メットなども必要でメットやバッグ抜きの最低限でも¥10000くらいは必要だ。とすると自転車は¥30000以下でないとということになる。

以前にも似たことを書いたと思うが、当時と状況が変わったので切実度も違うのではないだろうか、ということでこの条件で探していこう。
まずは年数回でもいいから輪行をしたいということを目的とする。

安い自転車で気をつけたいこと、覚悟することをいくつか。
・錆びやすいので雨ざらしにしない。メッキ部分が多いのでみるみる錆びる。
・溶接の精度が怖いので二人乗りなど無理な運転は禁物
・空気圧をまめにチェックする。(チューブやタイヤが粗悪なので)
・バンドブレーキの場合鳴きが出ると消せない
・キャリパーブレーキは効きが甘いのでスピードは控えめに

もちろんいい自転車でも当たり前ということも含まれている。

チェックポイント。
機能を限定しよう。
・スチールでもよしとする。アルミ溶接は高い技術が求められるので安いのは心配。
・サス付きは、見た目重視志向なので注意。実際に乗っていたことがあるが小径でチープなサスが着くとパワーロスばかりでほんとに進まない。
・一万台では変速は潔くあきらめる。変速自体は子供車にも着いていて必ずしも高級ということではないし、早く進むということでもない。むしろ内装3段の方が価格的にも高く信頼性が高い。
・クランク(ペダルのある方)のギアの大きさに注目、ギア比はこちらだけでは決まらないが目安にはなる。大きめのものを選ぼう。
・ブレーキに注目。バンドブレーキは安い自転車に多い(効かないということではないが鳴きが出る)
・Vブレーキがすべていいとは言い切れないが、将来交換することもできる。
・13kgを超えると男性でも持ち歩くのが嫌になる。また重量表記はあてにならないので必ず自分で持ってみること。しかも畳んだ状態で。石を持っているような気になることが多い。

ネットショップが安いのでそそられるが、自転車はかならずアフターケアが必要になる。
アフターケアの問題が安心かどうか確認すること。
街の自転車店でも修理してくれるかもしれないが、体験的にいうとネットで買ったものについてはかなり冷ややかである。丁寧に直す気がなくなる。これは心情的には致し方ないだろう。

狙い目はダホンの親戚縁者たち。
ダホンは改良以前のフレームをOEM生産している。改良以前と言っても以前は製品版として販売されていたもので、折り畳み機構もよく練られていて問題ないし、なによりも安心感がある。
じいーと見ていると顔つきに共通点があってdahonOEMの血筋がわかるようになる。
将来的にパーツを交換してグレードアップも夢ではない。
この辺はinaさんのこちらに詳しい。
http://www.yamaiko.com/oem/

まず2万円以下。これはかなり難しい。
もちろんネット販売ではいろんな自転車が売られていて、この価格帯もないわけではないが、かなり怪しいものも。
実際小径車の場合、重い、全然走らないという使えない結果になってしまうかもしれない。もちろん全く走らないわけではないので近所を乗り回すくらいなら使えないわけではない。

この場合、普段はご近所を乗り回し、たまーに本格的な輪行ではなく、電車や車で移動、目的地付近でのんびり乗り回すという使い方。

2万以下では輪行あきらめてくださいといういいたいところだが、これを見つけた。
Newton Parrot 16inch
http://www.cycle-yoshida.com/akibo/newton/7parrot_page.htm
これは昔dahonで最安価格で出ていたモデルとよくにていて、よけいなものがついていない潔さがあり、好感が持てる。ロングホイールベース、重量も12kg台で輪行も可、前後Vブレーキで、将来的にアップグレードできる。シングルスピードだが将来的に内装ギアに交換する道も残る。デザインも悪くない。
NewtonはDahonの廉価版ブランド。
山道でなければこれで輪行サイクリングが楽しめる。

このシンプルさと値段なら私もちょっと欲しいと思う。

折り畳み以外なら無印20inch。特にいいわけではないけれど、値段からすればよくできている。
ただアフターケアはかなり不安が残る。技術的に高くないからだ。ケアしてくれる自転車屋さんを確保しておこう。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 街乗り趣味人   2010年04月01日 09:33
>街の自転車店でも修理してくれるかもしれないが、体験的にいうとネットで買ったものについてはかなり冷ややかである。丁寧に直す気がなくなる。これは心情的には致し方ないだろう。

とありますが、他にもホームセンターなどで買った格安自転車も専門店での修理は、嫌われるのでしょうか。

第一、どこで買ったなどといわなければいけないのでしょうか?そこそこの自転車で十分なのですが、修理などはしてくれない街の自転車屋さんも多いということなのでしょうか?
2. Posted by minivelofan   2010年04月02日 14:35
街乗り趣味人さま
コメントありがとうございます。この辺はなかなか悩ましい問題です。
街の自転車屋さんではどこで買ったものでも修理しますという店もまだ多いとは思います。また自分のところのものしか修理しないという店もありますね。販売店のシールなどを貼って見分けているようですし、自分のところの取り扱い車種は何となくわかるものです。
もちろん修理も大切なお客さんです。買っていただいたお客さんの自転車は責任もって直しますし直らない場合でもなんとかしようと努力します。しかし他で、しかも安く買ったであろうと思われるもので自転車そのものに問題があった場合、それなりの所までしか対処できませんし責任を持ちません。

修理の場合、技術と労働で何千円か頂戴しますが、経営的にはこれは日々の運転費用のようなもので、やはりある程度の金額の自転車を買っていただかないと経営的に厳しいのです。皆さんがネットなどで安いところで買って修理をお願いするのは買い物としては賢いかもしれませんが、自転車屋さんがなりたたなくなって閉店という事になりかねません。まあこれはあくまで自転車屋の方の立場ですがお客さんにとってもマイナスではないでしょうか?
(続く)
3. Posted by minivelofan   2010年04月02日 14:58
ホームセンターで買った場合はそこで修理してもらうのことになるのではないでしょうか?腕のいい技術者がいればいればいいですが、見てるだけだとわかりませんね。ホームセンターは一般に格安自転車を扱ってますからあくまでその範囲での対処という事です。またホームセンターの自転車売り場はいろんな業種の一部分ですからあまり多くを期待できません。
自転車が他の商品と異なるのは購入後のメンテナンスが必ず必要になる事です。しかも時間がたてばたつほど店のお世話になる事が増えます。

またそこそこの自転車で、とのコメントですが一般車とスポーツ車は部品や技術内容が随分違っていましてスポーツ車が高度で一般車が簡単とは一概にいえません。また安全面はそこそこというのはありませんよね。(もちろん高速な自転車はより高度に求められますが)

地方などで現実に近くに自転車屋がないなどという事もあるかと思います。幸い折り畳み自転車は持ち運び可能ですから、遠くても実店舗があったりネットショップでも送付での修理対応しているようなところを選ばれたらいいのではないでしょうか?
ポタリングなど本格的にとお思いなら専門店を、通勤や買い物用に手軽なものをとお考えなら修理を頼みやすい自転車店(量販店も含む)で購入するのをお薦めします。
4. Posted by minivelofan   2010年04月02日 15:13
自分の経験ですが、格安自転車を買う方ほどスリッパ感覚です。雨ざらしで手入れや空気の管理もしないで、無理な乗り方をして、調子が悪くなると自転車や自転車店のせいにしたがる傾向を感じました。
安い自転車でもきちんと手入れをして大切に使えばそこそこ使えると思います。家族やペットと同様に愛情が大切。そのためにもパートナーとなる自転車屋さんの選択には気を使いたいですね。
5. Posted by ホォムズ   2010年04月20日 01:50
5 実際に乗ってみて…機会が有っても…
もう二度と【DAHON車】には、乗らないと結論してます。

私は…乗っていて…楽しくなかったし…。

印象は…憧れのDAHONから…焼き焦がれのDAHONに変わりましたね。

至る所に【チープ】でガタが多すぎ…
何十ぺん、ガッカリさせられた事か(:_;)

どこかの質問に…
『サカモトテクノ・カリブーを買うならDAHONだ!』…と、見たこと有りますが…
乗った私なら、全く逆をオススメ致します。

世界のDAHON…小径車のDAHON…
Drホーン氏は、戦争兵器を開発する儲かる博士を捨て…みんなの為に立ち上がった…とか。
アメリカ的な【ハンバイ戦略】は、ジョウズです。
確かに、カタログはカッコイイが。

所詮、大柄なアメリカ人向けで…
ソレより一回りも、ふたまわりも、小さな日本人に合うように考えて居るのか???

せっかくの折りたたみで…小さくならなかったり…
小さくなるのは有るが…そりゃ庶民には高過ぎよ。

それにアメリカ文化と、日本文化の違いや…
【輪行】の為の事などは…
やはり、日本人のメーカーが一番解って戴けてるようです。
(しかも中小メーカーまでもが)

日本で使うぶんには…日本人が使うぶんには…日本のメーカーが良いのでは。

DAHON社は…何でもかんでも【特許権】を【ソノ手中】に収め…
中小なメーカーに、手を出させないよう…
ヤッて行けなくしている所もバツ…

それは…かえって…自転車を愛する私達に、マイナスな事だと思う。

いろんな意見が…有ると思いますが…
私の意見は…そう思いましたm(__)m
6. Posted by minivelofan   2010年04月24日 22:13
ホオムズさま お久しぶりです。
そうでしたか。dahonお買いになったんでしたっけ?何を買われたんですか?

うちの相棒が乗っているVIVOもスペシャルいいわけではないです。がたつきも出てくるし、軽量ともいいがたい。でもいろいろ乗っていてトータルで考えればいまでも悪くないと思ってます。
また相談受けてdahonおススメして買われた方の反応も悪くないです。

ただ最近のモデルは僕も短い時間試乗してるだけだし、全車種乗り比べているわけではないので、実際に購入して乗られた方の意見は重要ですね。またこうしたものも競争ですから、もっとCPの高い商品が出てくるというはもちろんあるでしょう。

Dahonもブランドを確立した感があるのでそこにあぐらをかいているとすれば大手といえどもホオムズさんのいうような品質低下があり得るかもしれません。
あと確かにこのごろのDahonは割高感ありますね。

ホオムズさんの意見を念頭に置いて検討するようにします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔