2011年08月31日

災害対策自転車は?その2(番外)

小径車に乗る前はMTBに乗っていた。
当時はまだ珍しくて街乗りとしてはちょっと高め。サスペンションなんてついてない時代。
でもこれはラフな乗り方や使い方にも耐え、かなり長持ちしたし丈夫で随分活躍してくれた。
後年はツーリング用のリアキャリアもつけて荷物運搬にも活躍した。
実はその経験からだけなのですが、釘を踏んだとか、タイヤが減り過ぎてバーストした(!)ということ以外パンクはなかったと思う。
ブロックタイヤは速度とか軽さは不利だけどそういうメリットがある。

このメリットは災害対策自転車としても当てはまるんじゃないか?
災害時、路面がひび割れるとか瓦礫が散乱するとか液状化するとか、とにかくいつもの舗装路と違う悪路の状況が生まれるに違いない。荷物を積む可能性もあるし、丈夫なMTBは災害時に力を発揮しそうだ。
実際中越地震のときにはMTBを駆った自転車部隊が活躍した。

小径のMTBはかなりマイナーな存在なのだが、ここのところファットタイヤやタウンライド系のMTBの人気が戻って来ているせいか、少し車種が増えて来た。
私自身、太めのタイヤがいいんじゃないかと思い少し変えたりしている。(これは後ほど改めて)
久しぶりに乗るとちょい太めもいいのである。
固めの乗り心地が苦手という人にもお薦め。
もちろん普段は街乗りだけど山道とかも走ってみたいという人に一番ぴったり。

で、試乗はしていないのだが、見かけたMTB的ミニベロを紹介。
まずは小径MTBの火付け的な存在なのかな?って思わせるHooligan。意表をつくCanondaleから。
街で時々見かけるから結構人気がありそう。
26,29サイズのMTBはちょっと大げさだなと思う人がいるんじゃないかな?
デザインも個性派、片持ちのフロントフォークが特徴だけど、そうじゃないHooligan8が意外とお得?
上位機種の9もシングルギアと思わせつつハブギア3段とこれまた結構個性派で好感持てる。
ストリート系の派手目のが好きな人とか女性にもにあいそう。
10Hooligan8_man

10Hooligan3_bbq


ルイガノは目立たないけど以前から小径MTBを出し続けている老舗。
Hooliganとは逆にクールにとかさりげなく乗りたいという人に
ルイガノらしくエレガントなムードが街乗りにも使えそう。
もちろん女性にも。

bikes-mv5_wt


スギムラは箱形フレームのミニベロシリーズにあわせてミニMTBをラインナップ。
ルイガノとは逆に男っぽいワイルドなムードを出していて、
このフレームはロード系よりこの方があっているようにも思う。
ミニヴェロの中でも結構個性派。

cx206mt4001

SBXのMC3はMTBというより街乗り入門車というタイプだが、
フレーム形状がMTBを20インチにしたような形状でMTBライク。
安いのでセカンドバイクとして、もっと本格ミニMTB化するとか。
よけいなものがついてないのでお得感高い。

mc3

おお、Meridaもミニヴェロ出したのね!っていうのはMC3に近いイメージでこちらもお買い得。
武骨なメリダにしては小洒落てて、しかも実売3万円台と小径入門としてもかなり有力。

pavea1


今回も試乗はしてないので紹介だけね。
ええ、折り畳みはないの?
ってそんな難しいこといわないで、って思いますが、
それは次回ね。







minivelofan at 00:34│Comments(6)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 解体屋探検家   2011年10月01日 23:05
うわ、一月出遅れた(苦笑)

小径車に太いタイヤというのはいいですよ

自分の場合ですが、ダホンのヘリオスのタイヤを
20×1.35(シュワルベマラソンスリック)→20×2.0(シュワルベビッグアップル)に変更しています。


やっぱり地方の自転車向きの道(交通量の少ないところ)ですと
予算の関係からなかなか舗装が更新されないんですよ

アスファルトの表面が風化していたり、ひび割れていたり・・・・
(まあ、石畳のレプリカと化しているところはごくごく少数ですが)


外乱による影響が減ったことによりスピードも上がっています。
2. Posted by minivelofan   2011年10月02日 23:16
解体屋さん
お久しぶりです。

そうなんです。最近FATタイヤがなかなかいいなと。
シャープではないけど気持ちいいですね。
細い方が走りがいいと思い込んでいる所があったけど
結構皆さんにおすすめ。

外乱?というのは路面の影響とか

公園とか舗装路面以外も走るし、
東京でも結構路面悪い所ありますし。

僕のは1.75ですが
DAHONのフォークで2.0までいけるんですね。
ホイール変えずにですかね?
3. Posted by 解体屋探検家   2011年10月03日 00:18
あ、ごめんなさい、外乱というのはおっしゃるとおり路面の悪さで進路が乱れること
と解釈してください。

自分がFATタイヤにしようと思ったのは自動車雑誌の記事からです。

自動車のサスペンションの支持部は現在でもゴムブッシュが多用されています。
コレは振動を乗員に伝えないようにする以外に走行抵抗を低減する働きがある、というものです。

路面の細かな凹凸を車輪が僅かにぶれることで『いなす』というものでした。

またコレとは別にタイヤの空気圧が高すぎても燃費が悪化する、という記事もありました。
(使い方とのバランスもあるそうですが)

これらを自転車に当てはめるとすると・・・・FATタイヤかな?と考えたのです。


ダホンに付いてはホイール/フォークなどそのままで突っ込んでみました(出来ました)

自分のヘリオスは2005年のモデルですが、
同年式のSPEED−P8及びSPEED−TRには
このビッグアップル(20×2.0)が標準でした。

特にSPEED−P8はフレーム以外共通っぽかったので・・・・(笑)
4. Posted by Minivelofan   2011年10月03日 18:23
Speedなるほど。車でゴムですか。そういえばビルの免震もそんなでしたかね?

SpeedP8は試乗した時には名前の割にタイヤ太くてはまったりした乗り味の自転車だなあと思ってました。納得。
5. Posted by 西川   2011年12月17日 21:10
はじめましてミニベロ探しててここにたどり着きました。
記事拝見させてもらいましてSBXのMC3ほしくなったんですが。。。
いくら検索しても見つかりませんでした現在手に入るかご存知でしょうか?
6. Posted by minivelofan   2012年01月25日 00:33
コメント気づくの遅れてすみません。見落としてました。
SBXのサイトではMC3出てるようです。結構ロングランモデルです。
サイトから販売店など尋ねてはいかがでしょう?
http://www.sbc1.co.jp/sbx/

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔