リカンベント

2009年10月22日

COBRA (KMXkarts) 電気自動車の先は人力自動車か。

cobra

人力飛行機の事が気になっていろいろ見てみると、国内の大学生チームで30数キロも飛んでいるのだ。もちろん誰でも乗れるとか飛べるとかいう事ではないけれど、自分自身の力でこんなに飛べるのかという素朴な嬉しさがあるではないか。
自転車の喜びだってこれに似ているところがある。ただあまりに日常的すぎて忘れてしまっている。

トライクを自転車と思ってみると、大きいし高いし、2輪でバランスよく走れるものをなぜにわざわざ3輪で走るのかという不条理を感じるだろう。ところが物事は別に視点で見ると違って見える。

今年のモーターショウはエコカー、とりわけ電気自動車がブームらしい。設計が自由な電気自動車はコンパクトなものとか一人用とか、よりパーソナルなものも提案されるらしい。
ならば人力自動車があったっていいじゃないかと思うとトライクは違う乗り物に見えてくる。

実際トライクは自転車とは別のカテゴリーではないかと思う。乗り心地も楽しみ方も違う。私には人力自動車のほうがしっくりくる。一人用の車と思えばその大きさも価格もむしろ小さいものに思える。
立てかければ駐車場不要の独り乗りの自動車なら結構便利じゃないか?

さてKMX。トライクは高級なものが多い中、KMXとTW-Bentsは20万を切る実用的な価格で購買意欲をそそられる。私には駐輪場問題が今は解決できないが、いつかは買って乗り回してみたい。
車にもいろいろあるようにトライクにも個性がある事が試乗してみてわかった。
KMXはスポーツカー志向ではなく、4WDオフロード/シティ志向なのだ。さしずめJeepか。
少々まったり感のある走り味は、気ままに長距離を乗るとか、のんびりドライブ風に巡るとか、田園地帯や自然の中を駆け巡るという欲望を抱かせる。
寝そべって走るのは2輪リカンベントと変わらないけれど、こちらはバランスを気にしなくていいのだからより怠惰なのでもある。

角張ったフレームやごついめの印象はJeepのそれと近く、結構アクの強いデザインで、ラフに乗り回したいモデルだ。

走行性 ★★★★
携帯性 
汎用性 ★
デザイン★★★★
C/P   ★★★★


minivelofan at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月20日

S17(17bicycle) 来たぞ!庶民派リカンベント 

7e964af2.JPG待ちに待ってやっときましたS17。待ちこがれたぜぃ。
中国では自転車と認められず検査手続きが難航したらしい。社長直々に恐縮した電話連絡を頂戴した。

カラーリングは2種類用意されダークグリーンを所望、実車の色はローバーブランドの自転車とほぼ同じ色でアクセントに赤が配される。これはCOOLでなかなかいいんじゃないか?全体のデザインも安っぽさはなく初のリカンベントとしては立派なものではないだろうか。
直線的なフレーム、14+24インチの異径コンビも特徴的で個性もアピールしている。
当初の予告から変速やVブレーキ、シート等細かくバージョンアップされて、まずは文句ない仕上がり。

まさに椅子に腰掛けるようなポジションで楽に発進できる。少し重い段でも一般車のようにハンドルを引きつけながら少々強引に発進する事もできる。
広い視界と楽な姿勢が新鮮だ。
前輪14インチでハンドリングを心配されるかもしれないが、すぐに慣れてむしろこのサイズが小回りに機能しているように思う。発進時のふらつきをハンドリングで細かくバランスをとる事ができる。

走り出せばかなり快適で漕ぎにリカンベント特有の踏ん張りが利くので中速域までの加速がいい。直進安定性も高くカーブでの車体のコントロールも難しさはない。低速時の安定も高く歩行者や車を細かくよけながらの走行もできる。足付きがいいので足で助走しての発進をすることも。ただ当たり前だが細かな停車/発進は一般の自転車よりは苦手だ。
スチールフレームの剛性とアーチ状のサブフレームの効果があってかサスなしだが振動吸収も悪くない。
シートは簡素なものだが特に不満はなかった。ただ全体重がかかり振動での耐久性がどうだろうか…。

車体のコンパクトさも優秀で一般の自転車とほぼ同じように駐輪できる。水上バスにも楽に乗せられた。
階段で持ち上げるのもそれほど苦ではない。

一日乗ってみてその楽さを実感した。疲れが少ないのである。
特に中低速時の楽さは素晴らしい。リカンベントは高速走行に利があるが、この自転車はかっ飛ばすより風景見ながらのポタリング向きではないかと思う。太めのタイヤの走りもクロスバイク/MTB寄りである。
高速走行はタイヤや自分の筋肉鍛錬とも関係するのでもう少し様子を見たい。

気になるのは、
ギア比が高速寄りで坂が苦手なこと。想像以上に踏ん張りは効くので下町の橋前の坂ぐらいは問題ないが長い坂は無理と思う。とするとこのままでは山の手の町や山の多いツーリングには向いていない。
それを望むのであれば改造かもっと上位機種にという事になる。
背もたれがあるのでショルダーバッグ類を背負えないわけではないが邪魔にはなる。町乗りや通勤に使おうと思うならキャリアとかカゴとかは早急につけたい。フロントキャリアはつきそうだがリアは工夫しないと難しそうだ。バックミラーも必需。
小指側にあるグリップシフトは構造的に無理があるので使いにくい。この辺はパーツ交換で対応か。

全体としてはもとより町乗りリカンベントであるから無理せずこの方向でいいのではと思う。
女性からの関心も高い。
リバイブもなくなったしとにかくリカンベントに乗ってみたい方にはお薦めの一台。
アンダーハンドルセミリカンベントというありそうでなかった自転車、
下町リカとして広く普及して欲しいと切に思う。

走行性 ★★★★
携帯性 ★
汎用性 ★★★
デザイン★★★★
C/P   ★★★★★


minivelofan at 13:33|PermalinkComments(13)TrackBack(0)clip!

2007年08月08日

S17 (17bicycle)  買い物に行けるリカンベント ついに登場か!

8f823086.jpg ひとくちに走るといってもいろいろある。人類の極限速度に挑むオリンピック選手もいれば、自分の人生の為に完走を狙うマラソンランナーもいる。友人のために走り続けるメロスもいれば健康のためのジョギング派もいる。愛する人のために伴走する人もいれば高齢者の毎日のほんのわずかな散歩だって走るに値する事かもしれない。世の中は実に多様なのだ。
 自転車だって多様でいいじゃないか。早さを競う、性能を競う、安さを競うだけが能じゃない。色んな楽しみ方、使い方があるはずだ。

 リカンベントは高速走行にも利するが、乗車姿勢が面白いとか楽に乗れるとか、運動効果が高いとか一般的な自転車より優れた志向がある。遊びのサイクリングや旅の自転車に向いているし、風景を楽しむのにも向いている。この志向をもう少し日常利用にできないかというのが私の望みであった。のんびり風景をたのしみながら街を巡る事ができるリカンベント。タルタルーガ、クールライダー、リバイブもその有力候補だけど、まだどこかものたりなかったり大げさで本格的すぎるところがある。

 さて、ここまでのリカンベント連続掲載の流れで予想している読者もいるだろう。でました、真打ちが。下町の熱血社長がやってくれた。「S17」 下ハンドルの普及型リカンベント。
 まず乗車ポジションが起き気味でほとんど椅子に座るようなポジションのセミリカンベント、前輪が前にある操舵し易いタイプ、それでいながらなんと下ハンドル、一般車と変わらない車格と価格とこれまでありそうでなかったリカンベントだ。

 その乗り易さがまず素晴らしい。初めてのリカンベントでもほとんどの人がすぐに乗れるだろう。秘密は乗車ポジションとハンドルの位置のようだ。寝そべり度が強くなるとバランスを取るのに慣れが必要になるがこの姿勢では難しくない。またS17ではハンドル位置を一般の下ハンドル車よりもずっと後方に寄せている。これによってハンドルのバランスコントロールが有効になり、乗降も楽にしている。乗降の楽さは街乗りでは重要だ。単純な事だがこれがいままでなかった。
 下ハンドルながら前輪はペダルの前だから操舵は一般の自転車に近い感覚だ。視界が広くゆったりしたポジションは一般の自転車より優しいほど。下半身全体を使っての加速も想像以上で安定感も高い。急なカーブでの操舵は少々慣れが必要だが問題はない。

 14インチ+24インチのスタイルはなかなかチャーミングでいい線行っている。ポンションで採用されたカーブのついたサブフレームがサスペンション効果を持っているようでデザイン上の大きな特徴にもなっている。昔の町の食堂にあった椅子のような背もたれはご愛嬌だが下町らしさと思えばまあこれもユるくてかわいい。
 このままではバッグを背負えないので荷物を載せるリアキャリも用意される。

 ほかにもリカマニアからすれば、もの足りない所は多々あるだろう。一般車と同じブレーキ構成、後ろだけのギアなどだ。フレーム構成上後ろのVブレーキ化は難しそうだがローラーブレーキでも困る事はない。ギアは外装か内装か未定のようだが個人的には内装でもいいと思っている。リカンベントは走り出しに軽い段にする必要があって、外装だと停止してからのギアチェンジができないからだ。
 欲を言えばコンフォート向けとスポーツ向けとで2系列必要なのだろう、仕様での葛藤が見え隠れする。
 しかしこれで¥60000なのだから欲張ってはいけない。買い物に行けるリカンベントというコンセプトに私は共感している。第一弾は入手し易さと乗り易さでいいと思う。
 下町メーカーがトップランナーに躍り出たかのようなこの躍進!今後の成長に期待が高まってしまう。

 へへへ。実は一目惚れで予約してしまいました。ロングリポートもしますよ。長距離走行とか登坂能力とか試乗ではわからなかったところもお伝えしていくつもりで乞うご期待。

走行性 ★★★★
携帯性 ★
汎用性 ★★★★
デザイン★★★★
C/P  ★★★★★ 

minivelofan at 10:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2007年07月24日

pocky-7&sazanami8(旧) (TW-BENTS)  レイジーからラウドネスへ

0a643461.jpg 昔々LAZYというアイドルバンドがいた。(知らない若い方ごめんなさい)BCRもどきのミーハーな姿は随分バカにもされた。実はなかなかの実力派で最後には立派なロックアルバムを出し、ラウドネスやネバーランドへと進化し日本のハードロックシーンを築いた。そのLAZYのキーボード奏者の愛称がPocky。

 Pocky7は廉価なリカンベントで気になっていたがそんな連想もあってネーミングにちょっと抵抗があった。台湾のメーカーではそんな理由なんて知る由もない。それでも前輪16インチのアンバランスなフォルムで乗っている姿もどことなくユーモラスで面白そう。価格も7万ちょいとさすがに安っぽい雰囲気もないわけではないが街乗りリカンベントとしてはなかなか良さそうだ。フロントシングルだが多段化もできそう。
 乗ってみたらと意外にも、クランクの低さ、16インチの足つきのよさ、立ち気味のシートなどのせいか、素直な乗り味で高速時の安定感こそ望めないもののクランク前型のリカとしては乗り易いと感じた。でネーミングも許せる気分になった。

 リカンベントにはいろいろな形式があって一般の自転車にない選択が面白い。前輪がクランクの前にあるか否かもそうだが、もうひとつハンドルが上か下かも大きな違いである。たしかにリカンベントはハンドルにあまり力を入れないし、寝そべって手を上げ続けるのもだるそうだ。ハンドルが下にあるのは奇妙に感じるがリカンベントでは自然な発想と思える。車いすの車輪に手を添えたような位置のやや前方にハンドルが来る。
 どうせリカンベントに乗るなら普通の自転車と全然違う方がいいではないかと言う発想もあってこの下ハンドルも気になっていた。リクライニングに座るような感じで自転車に乗るというのも面白そうだ。ただ乗った感じがどうなのか想像がつかない。

 というわけでPocky7とほぼ同じ仕様で下ハンドルのSAZANAMIというモデルがあってこちらも乗ってみた。バイクのような気分でハンドルの後ろでまたいで、まず乗る位置で失敗。前の方で跨いで後ろに座り込む。ああっそりゃそうだ。
 変にハンドルに力を入れない分はいいがバランスを取るのは上ハンドルよりもちょっと難しい。ほとんど腰の重心だけでバランスを取る感じだ。ブレーキレバーも普通と逆でグリップシフトも小指側についていてうまく変速できない。安定するまでは慣れが必要だ。停車してからの歩行移動や自転車自体の移動も正直やりにくい。
 ただ走り出すと他では味わえない開放感が素晴らしく気持ちいい。急カーブやUターンなどがなければ操舵も十分。ハンドル幅がかなりあるので車止めなどには障害になりそう。(この辺実際どうなんでしょう?)
なので街乗り向きではなくあまり乗り降りしないポタリングやツーリング向きのように思う。

 上ハンドル下ハンドルは甲乙着け難く悩ましい。それぞれ2台と言うわけにもいくまい。Burleyに前輪を簡単に位置交換できるモデルがあったが、ハンドルはそう行かないか。

 Pocky7は残念ながら販売終了、本格リカンベントTsunamiへと引き継がれ、Sazanamiはフロント3段、メッシュシート、フォルムもシャープになって進化。下ハンドルモデルとしてはかなり強力なモデルとなった。
あれ、LAZYと似ている?


走行性 ★★★
携帯性 
汎用性 ★★
デザイン★★★
C/P  ★★★★


minivelofan at 12:57|PermalinkComments(11)TrackBack(0)clip!

2007年07月21日

triwave1620(TW-BENT)  誰でも楽しめる濃〜い3輪世界

239949b0.jpg mistralで少々リカンベントに怯えを持ってしまった私であるが、その魅力にもやられてしまってたのも確かで、このアンビバレンツな状況で次に考えたのが、諦めるとかそれを乗りこなす練習するとかの前向きな事ではなく、じゃあ3輪なら怖くないのではないかと言うなんとも弱腰路線である。(苦笑)

 それまでリカンベント以上に際物に見えていた三輪リカンベント=トライクが急に輝き出す。調べるとこれも欧米各国ではいろいろなものが出ていて面白い。前2輪、後ろ2輪、前輪操舵、後輪操舵、タンデム(二人乗り)、ロケットのような全天候対応型、果ては車のような4輪タンデムまで…!まあとにかく何でも試してみる欧米人の追求というのは凄まじいもので、一つの形を求道者のように追求する日本人との違いがよくわかっておもしろい。(まあこの辺は話し始めるときりがないのでこれはまた別項でおいおい)

 元祖はイギリスのwindcheetahらしく人力で走る乗り物としては最速と謳われている。まずこの事にヤられてしまう!そしてMOMAに収蔵されたというこれがまたスーパーカーのように美しい。こんなので日本一周とか大陸横断なんかいいではないか!と思わせて思わず妄想が広がってしまう…。(ばか)
 一番ポピュラーなものがこの前2輪で操舵するタイプのものでかなり車高が低い。ゴーカートの雰囲気に似ている。欧米ではこれでロングツーリングというのが多いようだ。これなら安定してスピードが出せるのでは?うーむ、乗ってみたい。しかしこれはさすがに試乗車は見つからない。高崎のIKDか京都のローロに行かないとだめか。
 
 そんな折り、tsunami、Pocky7などCPの高いモデルを出してした台湾のリカンベントメーカーTW-Bentがこのトライクを発売した。この販売代理店が試乗会を開催したのだ。
 もちろんいそいそと行きましたよ。感動の対面、前輪16インチモデルはなかなかコンパクトでチャーミング。はやる気持を抑えて試乗。
 初めて車を運転したときのような地球が動く感覚に感動!もちろん倒れる事はないし低速発進も可能。自分専用のミニカーに乗っているような妙な感覚に揺られながら加速。地面を這うような視野からの走行で、やあこれは面白い!地面の凹凸を拾うのだが一般の三輪と違って転ぶ不安はない。地面すれすれにその凹凸を感じながらの高速走行は自転車とは全く違うものだ。倒れないから景色を楽しみながらのんびりも快適だ。
 まあ、F1のようにおそらく5-60kmにも達するようなスピード感を勝手に妄想していたのだろう、スピードは想像していたほど劇的なほどではなく、所詮人力なのでエンジン(本人の筋力)次第という事だ。原付はナナハンにはなれないのだ。それを差し引いてもこの面白さはたまらない。

 とにかく自転車とは別物で優劣をつけるものではない。現実的に考えればどこにしまうんだ!という問題が大きく横たわる。好奇の目も2輪以上に強いだろう。小回りも難しい。なので街乗りは現実的ではないがこれらの問題をクリアできればロングツーリングにはとても魅力的だ。置き場所が確保できて予算があればこれでどこまでも旅に出かけたいと思う。

 この辺りだと一見自転車マニアの楽しみの極みと言えそうだが、実は楽に誰でも乗れるもので老若男女選ばない。実際かなり高齢の方で楽しんでいる方もおられる。夫婦やリタイアした年配の方などにも向いているのではないか?こうした大人の楽しみに20万円はそれほど高価ではない。この辺にはトライクの潜在需要がありそうな気がするのだ。
 (これより10万以上高くはなるが豪州のGreenSpeed、LOGOなどに分割モデル、折り畳みモデルが存在する。この辺りだと問題解決がはかれそうだ)

 濃いウオッカを浴びたような気分で後ろ髪引かれつつ、現実的な壁に阻まれてトライクへの道は当面保留。(涙)

走行性 ★★★★
携帯性
汎用性 ★★
デザイン★★★
C/P  ★★★★



minivelofan at 12:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

triwave1620(TW-BENT)  誰でも楽しめる濃〜い3輪世界

239949b0.jpg mistralで少々リカンベントに怯えを持ってしまった私であるが、その魅力にもやられてしまってたのも確かで、このアンビバレンツな状況で次に考えたのが、諦めるとかそれを乗りこなす練習するとかの前向きな事ではなく、じゃあ3輪なら怖くないのではないかと言うなんとも弱腰路線である。(苦笑)

 それまでリカンベント以上に際物に見えていた三輪リカンベント=トライクが急に輝き出す。調べるとこれも欧米各国ではいろいろなものが出ていて面白い。前2輪、後ろ2輪、前輪操舵、後輪操舵、タンデム(二人乗り)、ロケットのような全天候対応型、果ては車のような4輪タンデムまで…!まあとにかく何でも試してみる欧米人の追求というのは凄まじいもので、一つの形を求道者のように追求する日本人との違いがよくわかっておもしろい。(まあこの辺は話し始めるときりがないのでこれはまた別項でおいおい)

 元祖はイギリスのwindcheetahらしく人力で走る乗り物としては最速と謳われている。まずこの事にヤられてしまう!そしてMOMAに収蔵されたというこれがまたスーパーカーのように美しい。こんなので日本一周とか大陸横断なんかいいではないか!と思わせて思わず妄想が広がってしまう…。(ばか)
 一番ポピュラーなものがこの前2輪で操舵するタイプのものでかなり車高が低い。ゴーカートの雰囲気に似ている。欧米ではこれでロングツーリングというのが多いようだ。これなら安定してスピードが出せるのでは?うーむ、乗ってみたい。しかしこれはさすがに試乗車は見つからない。高崎のIKDか京都のローロに行かないとだめか。
 
 そんな折り、tsunami、Pocky7などCPの高いモデルを出してした台湾のリカンベントメーカーTW-Bentがこのトライクを発売した。この販売代理店が試乗会を開催したのだ。
 もちろんいそいそと行きましたよ。感動の対面、前輪16インチモデルはなかなかコンパクトでチャーミング。はやる気持を抑えて試乗。
 初めて車を運転したときのような地球が動く感覚に感動!もちろん倒れる事はないし低速発進も可能。自分専用のミニカーに乗っているような妙な感覚に揺られながら加速。地面を這うような視野からの走行で、やあこれは面白い!地面の凹凸を拾うのだが一般の三輪と違って転ぶ不安はない。地面すれすれにその凹凸を感じながらの高速走行は自転車とは全く違うものだ。倒れないから景色を楽しみながらのんびりも快適だ。
 まあ、F1のようにおそらく5-60kmにも達するようなスピード感を勝手に妄想していたのだろう、スピードは想像していたほど劇的なほどではなく、所詮人力なのでエンジン(本人の筋力)次第という事だ。原付はナナハンにはなれないのだ。それを差し引いてもこの面白さはたまらない。

 とにかく自転車とは別物で優劣をつけるものではない。現実的に考えればどこにしまうんだ!という問題が大きく横たわる。好奇の目も2輪以上に強いだろう。小回りも難しい。なので街乗りは現実的ではないがこれらの問題をクリアできればロングツーリングにはとても魅力的だ。置き場所が確保できて予算があればこれでどこまでも旅に出かけたいと思う。

 この辺りだと一見自転車マニアの楽しみの極みと言えそうだが、実は楽に誰でも乗れるもので老若男女選ばない。実際かなり高齢の方で楽しんでいる方もおられる。夫婦やリタイアした年配の方などにも向いているのではないか?こうした大人の楽しみに20万円はそれほど高価ではない。この辺にはトライクの潜在需要がありそうな気がするのだ。
 (これより10万以上高くはなるが豪州のGreenSpeed、LOGOなどに分割モデル、折り畳みモデルが存在する。この辺りだと問題解決がはかれそうだ)

 濃いウオッカを浴びたような気分で後ろ髪引かれつつ、現実的な壁に阻まれてトライクへの道は当面保留。(涙)

走行性 ★★★★
携帯性
汎用性 ★★
デザイン★★★
C/P  ★★★★



minivelofan at 12:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年07月19日

Mistral(challenge) 悩ましき流線型

c9331d65.jpg 故あってリカンベントの事を少し続けたい。

 リカンベントを初めて見たのはミズタニのカタログと系列店だったろうか?何じゃこりゃ?という印象で、奇抜さに加えその値段と大きさに視界から消えていた。興味を持ったのはバイクフライデーの折り畳みリカンベント「サターデイ」、後述するリバイブやタルタルーガあたりがきっかけだったような気がする。
 長い時間走るようになって仰向けに乗れたらなーと思いはじめたり、サドルとの相性に悩む相棒のせいもあっただろう。

 とにかく乗ってみたい。楽らしいとかとてもスピードが出るらしいとか妄想が広がってとまらない。こうなると私は何も手につかなくなってしまう。なんとかしなくては。
 当時試乗できる所は少なかったがチャレンジというメーカーのリカを試乗できる所を知った。
 チャレンジは自転車大国オランダの新興メーカーで非常に緻密な作りを標榜している。リカンベントはアメリカとヨーロッパに多いがその傾向は多少異なる。アメリカのはハーレーのような楽な姿勢で乗れる志向が強く、ヨーロッパはスポーツカーのようによりスマートに高速でという志向が強い。

 子供の頃SLが好きだった。あの無骨な姿が軍艦や荒武者を思わせ感動した。だから海外の流線型のSLにはショックを受けた。新幹線が出てきた時にも似たショックを受けた。自分はそれが好きなのかどうか判断できなくなったのだ。
 チャレンジのリカンベントを見てその気分を思い出した。優美な曲線を描くその姿はまさに流線型そのもで美しい。その悩ましさに思わず目を背けそうになる。

 いよいよ試乗。漕ぎだしから手こずる。何度もこけそうになり冷や汗が出る。なんとか走れるようになったが、これは自転車の感覚を越えているというのが第一印象だ。違う乗り物といってもいい。ポジションが低いため視界が違う。ハンドルでバランスを取る事ができないため身体の重心でバランスを取る。クランク(ペダル部分)の手前に前輪があるので操舵感が掴めずうまく曲がる事ができない。止まった際の足付きも全く異なるため転んでしまう。
 地面を這うような感覚と抱え込むようなハンドルポジションはF1カーのような気分(あくまで想像)で、おそらく実際よりも高速感が高いはずだ。

 レースカーのようなというのがまず強烈に焼き付いた印象で、自分に使いこなせるだろうかという疑念が残る。一方でその強烈な体験が後々尾を引く事になる。一つ確かなのは都心の街乗りは困難であるという事。
 漕ぎ出しには軽いギアにする必要があるうえ、安定するまでが難しい。低速時の安定性も練習がいる。足を着けて歩くように自転車を移動させるのも難しい。車長も長い。
 リカンベントの魅力は強列だが自分が求めるのは違うものではないだろうかと漠然とそう感じたのである。

 それ以後も何度か冷静にMistral(名前からして美しい)に熱を上げた。魅力はまずその優美なスタイルだ。カラーリングも工芸品のような美しさ。海外車としてはコンパクトで日本に代理店もあって入手保守が容易。キャリア類も用意されてツーリングや走りを楽しむには魅力的だ。ただ送料別途で18万円、ヨーロッパ車としては安いが試しに買ってみるには高い…

 やはりこれは自分とは合わないとわかっていながら目がそらせない高嶺の花のような存在か?

走行性 ★★★★
携帯性 
汎用性 ★★★
デザイン★★★★★
C/P  ★★

minivelofan at 06:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月28日

Revive(GIANT) 偉大なフロンティアスピリッツ

87e15b93.jpg リバイブには何度か猛烈に熱を上げている。そのコンセプトと外観はまさに私好み。だがデート(試乗)するたびに、やっぱり彼女とはなにかかみ合わないと落胆する事の繰り返し。相性が悪いとしかいいようがないようなのだ。

 人の新しいものに対する反応は愛憎半ばだ。保守性とは根強いもので変わらない事を願う気持ちは大きい。一方で携帯電話やPCのように新しいものによって生活や価値観を一変させてしまう事だって起こる。BD-1の登場もそうした波及を生んだものの一つと言っても良い。

 リバイブは新しいタイプの自転車だ。新しいカテゴリの開拓に踏み込む事ができたのは世界に冠たるジャイアントだからこそ。リカンベントの持つメリットを大きく取り入れつつ、その欠点--運転の難しさ、足つきの悪さ、乗車スタイルの奇異さとポジション出しの難しさなどをなくし、そこにフィットネスの効果を加えたコンセプトはなかなかのものだ。
 デザインもかなり斬新で、自転車というよりもスクーターに近い姿は近未来的だ。モノコック風の手間のかかりそうなフレームをこの価格で生産するのもジャイアントの底力だ。 
 なのに普及ということでは今ひとつと感じるのは私だけだろうか?

 乗ってみた印象はスポーツ車でもリカンベントでもなく一般車の走りだという事。乗車ポジションは開放的で快適だが走りはどことなく鈍重で、シリーズ中最もスポーティーなこのモデルでもシャープな走りは感じられない。20kg近い車重も影響しているのだろう、私との相性の悪さの一つはおそらくここだ。また普通の自転車と使う筋肉が違うのでそこが鍛えられるまではちょっとつらいという事もある。
 別に速い自転車を求めているわけではなく、のんびり走る自転車なのだが、このスタイルであれば走りの快適さや楽しさもつい求めてしまう。ポジションの快適さだけでは少々もの足りない。Coolriderとの違いはほんの紙一重のようにも思えるが。

 しかしコンフォート性や汎用性は高く、あくまで実用自転車と思えば面白い自転車だ。
 ワンタッチで試乗ポジションを変えられるのが特徴のひとつ。その時の体力や気分でポジションと走りを変える事もできるし複数人で使用する事もできる。またフィットネス効果は高いようでダイエットに活用している人のブログをみかける。

 現実的な利用に即した詰めが少々甘かったのではないかと思う。楽で快適な自転車とすれば女性や高齢者が買いたくなるようなもっとオシャレで軽快なものであっても良いし、マニア向けに今までにない新しい走りを楽しませるのであればもっと走行性を高めて欲しい。と思っていたら、台湾ではママチャリ的なモデルも出ているし、聞けばスポーツ志向のものも開発するとの事。今後に期待しよう。

 このシリーズの影響は意外に大きいのではないかと思う。タルタルーガもリサーチしたであろうし、アメリカのRANSやSCWINNからはペダルが前寄りの新しいタイプの自転車が発売されている。ブリジストンのVEGASシリーズもこの流れにある。
 ジャイアントのフロンティアが小さいながらに新しい流れを生み出しはじめているようだ。素晴らしい事だと思う。

 ちなみにHPで見るとリバイブは世界の各国で発売されているが、仕様やカラーリングが微妙に異なっていて、その辺のお国柄を想像するのもちょっと面白い。

走行性 ★★★
携帯性 
汎用性 ★★★☆
デザイン★★★★
C/P  ★★★

minivelofan at 09:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年03月09日

Coolrider(CleanSpeed) 自転車のグリーン車

9b75317c.jpg そろそろリカンベントの事も書こう。
 たまに手放し運転をしたりママチャリに乗ったりすると、直立での姿勢が楽で視界が広くなって快適と感じた事はないだろうか?スポーツ車の前傾姿勢は気合いを入れて乗るにはいいけれど、路面だけを眺めているような気になるときがある。私のように車窓風景(?)を楽しむものには少々つらい。
 乗用車のようにゆったり座って乗る自転車がリカンベントだ。手っ取り早くいえば最近流行のビッグスクーターの自転車版、あるいはオットマン(足乗せ)付きリクライニングシートのような自転車といえばわかるだろう。
 最近はリカンベントも言葉を聞くようになったし、東京ではたまに出会うので知っている人もいるだろう。

 リカンベントは嘱望しているが、まだ手に入れていない。持ってないのでよくわからないけけれど、よくわからないからいろいろ試乗して学習中、そんな感じだ。とにかくヘンテコ度合いは高くアルコール度数の極めて高い世界だから好きな人にはたまらないが、常識人にはかなり変態に映る。

 形状も小径車以上に多様なのだが、いくつか特徴がある。
●足を前に投げ出して漕ぐ。ペダルが前輪やハンドルより前にあるものも多い
●背もたれがつく
●ハンドルがサドルの下につくものもある
●全長が長め
●価格が高い
●小径が多用される(一応小径車の仲間…)
 変態自転車を作ろうとして生まれたわけではない。下半身全体の筋肉を使うのでパワーが出る、長時間走行が楽、姿勢が楽、空気抵抗が少なく風に強いなどの合理的メリットがある。ヨーロッパでは速すぎて自転車競技から締め出された歴史があり普及が遅れた原因の一つとされている。

 独特の短所もある。ハンドルやサドルでのバランスコントロールができないため運転が難しい。全長が長めで小回りは利かない、坂は不得手、また重いギアで発進しにくく停止時の足付きが悪いものもある。
 これらの理由から街乗りには不向きな面もあり、どちらかといえばロングツーリング向きである。
 
 とにかく異端の自転車であるが、私は異端の趣味自転車ではなく日常利用に使いたいと願っている。それに最もふさわしいのがこのCoolriderだと思う。一般の自転車にポジションが近いセミリカンベントと呼ばれるタイプである。
 まず価格が¥68000とお手頃でこれは重要だ。お試しで買ってみて使えないものが¥200000ではたまらない。全長も一般車と変わらず、容姿も一般の自転車に近く違和感も少ない。これなら町で乗っても好奇の目は和らぐだろう。
 乗車ポジションはワンタッチではないが可変箇所が多く数人で共用もできる。

 乗ってみるとペダルの位置が低めで簡単に乗れるし姿勢がとても楽チンで気持ちいい。ウキウキとどこまでも乗っていきたい楽しさがある。前方の視界が開けていて目にも楽しい。足付きがいいのでストップ&ゴーも厭わない。椅子に座る感覚だから腰にも優しい。
 リカンベントは坂をあがる時は多段ギアを活用する。Coolriderはフロントギアがないので、長い坂は厳しい。車重も重くギア比も高くないので高速走行向きではない。
 それでもこの自転車の楽しさは捨て難い。気軽な街乗りやワンデイツーリングが楽しく楽にできる自転車のグリーン車なのだ。
 
 マニアの世界にしておくのではなく、女性やカジュアルな服装の方にさりげなく乗って欲しい。ミニベロを考えている人はぜひ候補に加えて欲しい。今ではすっかり街になじんだ三輪自転車のように早くこういう自転車が当たり前になって欲しいと切に思う。 

走行性 ★★★
携帯性 ☆
汎用性 ★★★
デザイン★★★
C/P   ★★★★
 

minivelofan at 09:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!