「こちらお塩でどうぞ」~建築士事務所民家 設計部北山のブログ~

大阪を中心に、兵庫、京都、奈良などで国産材や自然素材を使った住まいづくりに取り組んでいます。(株)建築士事務所民家の現場レポートや住まいづくりで感じたことなどを書いていきたいと思います。

こんにちは。
民家設計部の北山です。
前回目が覚めて「プロとしてきちんとブログ書きます!」と宣言してから二度寝をしたようで、気づけば5月も終わろうとしていますね。
ゴールデンウイークが終わったあたりから急に暑くなりましたが、皆様体調を崩されていらっしゃいませんか?

体調を崩している時特に気を付けたいのは食事!ということで、今日はごはんのお話です(笑)。

以前に工事をさせていただいたお施主様から玄米をいただいたことがありまして、それ以来すっかり玄米大好きになった北山です。
子供の頃父の実家で見た玄米は黒くて固くて特有のにおいがあったような思い出があります。
自分で炊いてみると、甘くてもちもちでおいしいのです。
普通の炊飯器で炊いてるだけなんですけどね。
家電の進歩ってすごい!

担当の現場が始まったり忙しい日には3食コンビニという悲惨な日もあるのですが、最近はできるだけ上手に時間を作って作るように心がけています。
そうなると、食器も毎日使って飽きないものが欲しいなと思うようになったので新調しました。

お店で人気だと勧められたものは「軽い、レンジ、食洗機OK」というものが大半でした。
確かに便利なのですが素材がどうしても樹脂系になりますね。
なんだか物足りなさを感じました。
結局少し重量があって無地の昔ながらの陶器の食器を買いました。

2017052602


2017052601

ワンプレートのお皿も便利です。

2017052603

たかがお皿、されどお皿。
土の温かみが手に伝わるようです。
いつものごはんがちょっぴりグレードアップしたような。

2017052604

あとは木の汁椀を探しているので、相性のいいものとの出会いを待っています。
今日は何を食べようかしら。

※画像の揚げ物は帰りが遅かったのでスーパーの店員さんの心がこもったお惣菜でございます。
正直に、白状いたします(笑)

こんにちは、民家設計部の北山です。

先日このブログの名前を付けていただいた方と食事に行ってきました。
その時に「思うところあってなかなかブログの筆が進まないんですよね~」
という話をふとしたところ、
「君、それはプロとしての責任を果たしていないよ。君が満足する記事を書けたかどうかではなく、読者の皆さんが満足されたかが大事なんだから、きちんと書き続けなさい。」
※本当は関西弁です(笑)

というわけで、目が覚めました。
責任をもってブログをきちんと書いていきたいと思います!

というわけで、今回は猫の画像を貼っておきますね! 

DSC_0212

現場の事はぼちぼちと。
 

こんにちは、ご無沙汰をしております、明けましておめでとうございます、寒中お見舞い申し上げます。
民家設計部の北山です。

ずっとブログを更新するタイミングというか、長く更新をさぼってしまうと書きづらいものですが、今日はやっぱり書かないといけないと思うので。

阪神淡路大震災から今日で22年です。
当時私は高校生で、偶然にも発生前日に芦屋にいました。
もしも地震の発生が半日早かったら私は家族もいない、お金もさして持ち合わせていない状態で被災していました。
前の日の夕方自分が真下を通った阪神高速が倒壊しているのをテレビで見たときは本当に怖かった。
実際に被災された方の恐怖に比べれば大したことはないのですが。

不思議なご縁で建築の仕事をさせていただき、今でも震災の爪痕が残っているお宅を見せていただくことも決して少なくはありません。

また、去年の熊本の地震で友人知人が被災しました。
比較的新しい住宅が倒壊しているのを見て「なぜ?」と悔しくも思います。

未曽有の自然災害が起こるたび人間の力がいかに小さいかを思い知りますが、この仕事に携わり続ける以上、人の命や財産を守ることがいかに大切かを考え続けたいと思います。

東北、熊本の1日も早い復興と、震災で犠牲となった方のご冥福を心からお祈りいたします。 

こんにちは、民家設計部の北山です。

本日より神戸市灘区で改修工事スタートです。
1帖半ほどの吹抜けに床板を張って書斎スペースを作りますよ。

201611401


2階から見たbefore。

2016111401


開口部を設けるために1か所壁を解体します。

粛々と工事は進みます。

このページのトップヘ