2015年08月25日

ロゴマークについて

私たちの病院のロゴマーク、ペットだけではなく飼い主も含めた皆が幸せになれますように、との思いを込めて、「イヌ・ネコ・ヒト」の3要素で成り立っています。

このロゴを作ってくださったのは、精密な色鉛筆画家として今話題の林亮太さん。
http://spotlight-media.jp/article/118000573754466794

実は私(院長)が趣味としている自転車つながりでお付き合いさせていただいておりまして、以前から自分の病院を始めるのなら彼にロゴデザインをお願いしたいと思っておりました。

今はすっかり色鉛筆画家さんのイメージですが、ちょっと前までは画家さんというよりグラフィックデザイナーさんの側面が強かったんですよ。本当に多彩で素晴らしい才能の持ち主でいらっしゃいます。

私の我儘なお願いも快く引き受けていただけたのですが、驚いたのは私が伝えた漠然としたイメージを形にして下さった、その創造力。

数回の修正のみでこの素敵なロゴを作ってくださいました。彼は「プロとして当たり前のこと」とおっしゃっていましたが、いやいや本当に驚きました。

パッと見では気付かないかもしれませんが、下記の全身が入っている方のマークは林さんが遊び心を入れてくださり、一筆書き風になっているんです。素敵でしょう?(笑)
0無題


先日、彼の色鉛筆画法をまとめた本が出版されました。
ご興味のある方は、ぜひご覧になってください。
林亮太の世界・技法と作品 スーパーリアル色鉛筆



22e83abd


↓ロゴマークの話はちょっと続きがあります。

続きを読む

2015年05月14日

腫瘤を凍結退縮させる器具を導入いたしました!

「小さなできものができていて、とても気になっているのだけれど麻酔をかけるまではしたくない」

こういうお悩みを私たちはよく耳にしています。

腫瘍であれば、基本的には根っこの部分からしっかり取り切ってしまうことが大事です。また取った腫瘍がどういう性質のものなのか(良性なのか悪性なのか)も調べておくとより安心でしょう。
麻酔をかけての手術では、ここの部分をしっかり対応することができます。

ただし、飼い主様の中には高齢が故に麻酔に対して抵抗をお持ちだったり、あるいはその子が病気を抱えていて麻酔をかけたくてもかけられない状態の場合もあるでしょう。

そういうケースにも対応できるよう、
 「できものを凍結させて自然退縮を促す治療器具
                  (クリヨペンM:CryoPenM)」
を導入いたしました。

大きな腫瘍には不適用ですが、①痛みも少なく②局所麻酔さえもいらないので③短時間で終わります。麻酔をかけないので④治療費も少な目で済むこともメリットでしょう。

ただし、どうしても①取り残しは生じてしまいますし、②良性悪性の検査もできません。ここがデメリットだと思います。

既に数件実施しておりますが、経過は良い感じです。
ご興味のある方は、スタッフまでお尋ねください。

メーカーサイト
http://www.sceti.co.jp/medical/veterinary/detail01.html

RIMG3097
 

minna_no_ah at 13:27|Permalink 一般診療 

2015年01月05日

超音波診断装置が新しくなりました!

昨年11月に超音波診断装置が新しくなりました!


先代(後ろに映っています)に比べて画面も大きくなり、
ご説明をさしあげるときの見やすさも良くなりましたし、
より細かく精度の高い診断が可能となったことで、
病気の早期発見・原因追及にも大きな力になってくれることと思います。

ちなみに写真の画面に出ている画像は眼の断面。
小さな眼もここまで拡大して観察できます。
興味を持って修行中の眼科診療の幅も広がりました。


当院から退役する先代の機械は、
今月末に越谷に新規開業する知人の病院に移送され、
そこで第2の人生を迎える予定です。
頑張ってね~。

RIMG2012

 

minna_no_ah at 17:04|Permalink 検査機器 | 一般診療

2014年10月28日

ドールハウスの展示始めました!

トリマー石井の2014年秋の最新作。
ドールハウスのペーパークラフトを展示中です。
非常に細かく良くできているので、 是非ご覧になってください。

これにともない、動物シリーズは引退いたしました。
http://blog.livedoor.jp/minna_no_ah/archives/29293791.html 

 RIMG2219
RIMG2220
RIMG2221
RIMG2222

ご興味ある方はこちらで無料ダウンロードができます。
チャレンジしてみてください。
http://paperm.jp/craft/dollhouse/ 


minna_no_ah at 10:39|Permalink 待合室飾り 

2014年09月22日

ノミダニ予防のディスプレーが最優秀賞をいただきました!

待合室のディスプレーがなんと最優秀賞をいただきました!
9月末まで掲示しておりますので、ぜひご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/minna_no_ah/archives/39323825.html

http://blog.livedoor.jp/minna_no_ah/archives/40010384.html

fdda8a31







minna_no_ah at 15:58|Permalink 待合室飾り | 待合室

2014年07月10日

頑張って製作中!

スタッフが待合室飾りを作っています。
かなりの大作になる予定です。
今月末には公開いたしますので、楽しみにしていてくださいね。

↓こちらをクリックすると製作中の写真が出てきます。
http://blog.livedoor.jp/minna_no_ah/archives/38920937.html


mushitori
 

2014年02月20日

ひな飾りしております

早いもので来月3日は、もうひなまつり。

待合室にひな飾りを出してみました。
当院ペーパークラフト職人?のトリマー石井の最新作も出展中。

期間は短いですが、季節を感じていただければ幸いです。



↓受付のシンボルマークも可愛らしく飾り付け
                 (こちらはトリマー新井が担当)

RIMG1367


↓マツオカペットクリニック時代からのひな飾りです
RIMG1371

↓トリマー石井の最新作
0RIMG1367

↓クマ?ウサギ?? ・・・ウサギかな。
RIMG1375






minna_no_ah at 09:54|Permalink 待合室飾り 

2013年11月07日

時計いろいろ

診療にも病気にも特に関係ない事柄ですが、当院には時計がたくさんあります。デザインにこだわるが故に、時計の一番大事な「時刻を知らせる」という機能が解りづらいものが多いとスタッフ間でも好評?です。
診察前後に、目でもお楽しみいただけると幸いです。

RIMG0359
待合室(受付後ろ)
 キツツキが木をたたいています。

RIMG0347
犬待合スペースにあるもの
 家具職人の友人が手作りしてくれました。


RIMG0335
処置室
 絵柄的にとても可愛らしくて気に入っています。

0RIMG0960
イヌ診察室
 しっぽの動きが絶妙です。

RIMG0306
ネコ診察室
 尻尾の動きはイヌよりもさらに怪しく・・・。

RIMG0373
スタッフルーム
 かわいいんだけど院内で一番見づらい時計です(笑)。

その他にも各所に点在しておりますので、ご来院の際に探してみてくださいね。



イヌとネコのしっぽが動く時計は「どこで買ったの?」とよくご質問をいただきます。
藤井啓太郎さんという時計作家さんが一つ一つ丁寧に手作りなさっている作品です。購入はできるものの、お手元に届くまで結構時間がかかります。ご興味のある方はスタッフにお尋ねください。


2013年05月17日

検査コーナー

今回は皆さまが普段はご覧になることがない、バックヤードのご紹介です。診察室のさらに裏にあたる場所にある、検査機器のおいてあるところ。
0RIMG0419

































ここには診療に使う各種検査機器が置いてあります。(各々の役割はこの後ご説明いたします)

上の戸棚のイラストは、開院前に貼ったステッカー。楽しい雰囲気を作り出せました。

ちなみに下の戸棚の青い扉も、グレーの扉だったものを開院前に自作でカッティングシートを貼りつけて青にしました。細かなところを見ると素人仕事がばれてしまいますが、それなりに良くできたと満足しています。

ステッカーとカッティングシートはこちらで購入いたしました。
http://harrysticker.shop-pro.jp/
非常に良心的な対応をしてくださるので、お勧めです。



それでは検査機器類を簡単にご説明します。

続きを読む

minna_no_ah at 18:22|Permalink 検査室 | 検査機器

2013年04月24日

待合室

待合室をご紹介します。
みんなの動物病院の待合室は、イヌとネコに分かれているのが特徴です。


待合室3



















受付から見たところ。
右がわんちゃん用、左が猫ちゃん用。
・・・と一応別れていますが、そこまで混み合わないので、ゆっくり過ごしていただきたい場合には、イヌネコ関係なくお使いいただいております。

ちなみに、写真のベンチはお蕎麦屋さん時代からのものです。


待合室2




















入口を入ってすぐの「わんこ目線」の写真。
まずは受付に診察券をお出しください。



待合室4




















上の写真の対岸のイスに腰掛けての光景。
入り口入ってすぐのところにトイレがあります。改装前は和式でしたが、洋式に変更いたしましたのでゆっくりお使いいただけます。



待合室1




















犬の待合席から受付。
皆さまがお待ちいただく際に見えるのは、こんな感じになると思います。

できるだけお待たせしないよう心がけておりますが、おまたせしたしまった場合は小物類でお時間を有意義に過ごしていただけたら幸いです。
http://blog.livedoor.jp/minna_no_ah-naka/archives/27070517.html