先日、香港にて新型コロナウイルス(COVID-19)の犬への感染例が報告されました。

世の中がこの病気一色となっている現在、当院患者様方からも、
この件のお話をいただくことが数件ありました。

皆さまの心配を取り除くべく、正確な情報の発信はしておくべきと思いました。

この報告に関して、対象とした犬は1件のみでかつ無症状、
犬からヒトへ感染したというものではなく、
感染者の飼育していた犬を調べたらCOVID-19が出たというだけのものです。
もう少し内容の濃い発表があるまでは、静観して良さそうに思います。

下記、獣医師やペット保険会社が解りやすくまとめて下さっています。
参考にしていただければ幸いです。

こういうときだからこそ、正しい怖がり方をして、
過剰に反応することのないように気をつけましょう。

普段の生活も、手洗いの徹底などで安心な毎日を。

追記)
3/27にベルギーでの猫からの検出報告があり、
5/13にイギリスから猫同士の感染報告もありました。
詳しくは下記「猫同士の実験感染に関しての見解」を
ご覧になっていただければと思いますが、
上記同様、特別な対応が必要なものではありません。
気をつけるに越したことはありませんが、
特別怖がる必要はありません。ご安心ください。


東京都獣医師会 該当ページへのリンク↓
https://www.tvma.or.jp/public/2020/03/post-66.html

東京都獣医師会 猫同士での実験感染に関しての見解(5/14)
https://www.tvma.or.jp/public/items/1-20200514.pdf

日本獣医師会 新型コロナウイルスに関する情報
http://nichiju.lin.gr.jp/covid-19/

アニコム(ペット保険) 新型コロナウイルス感染症情報
https://mag.anicom-sompo.co.jp/11648
virus_corona