新型コロナウイルスの犬からの国内初検出報告がありました。
テレビなどで盛んに放送されていることより、心配になっている皆様も多いかと思います。

当院では過去、海外での感染報告例より、一般の方々への犬からの感染リスクは非常に低い旨のお知らせを出してまいりましたが、今回のケースは国内初報告であることでマスコミの取り扱いが大きく、話題性も高いと思われたため、改めての記事掲載をするに至りました。

結論から申しますと、普通に飼育されている犬からの感染リスクはほとんどありません

今回のケースは、感染者のご家族が飼育されていたペットを預かる施設での陽性報告です。つまり対象の犬は、ウイルスのいる環境にて飼育されていた犬なので、体にウイルスが付着した状態で預かられています。そういういわば「濃厚接触犬」からの検出事例です。加えて犬の体内で「感染」したのか、犬にたまたま「付着」していたのかの区別もついていません。

メディア情報ですと、犬も人と同様に感染するような煽り方がなされてしまっておりますが、普通に飼われている街中の犬で検出された訳ではない、ということを強くお伝えいたします。

もし、新型コロナウイルスに罹ってしまったご家族が飼育していたペットのお世話をすることになった場合、そのペットにウイルスが付着している可能性もあるから気をつけましょう!、という警告と読み取っていただくのが良いと思います。

感染症は怖いものですが、いたずらに恐怖をあおり続けるのはどうかと思います。
正しい知識を持って、正しく怖がることこそ大事なのではないかと思っています。


※下記、関連リンクは非常によくまとまっています。
 お読みになると、理解は深まるかと思いますので、ご参考ください。

 新型コロナウイルス情報・対策まとめ(アニコム 8/1更新記事)
 https://mag.anicom-sompo.co.jp/11648

 新型コロナウイルス・・・・知っておきたいこと(東京都獣医師会 7/9更新記事)
 https://www.tvma.or.jp/public/2020/07/post-72.html

 今回の感染犬に対しての報告(アニコム 8/3発表記事)
 
https://www.anicom.co.jp/release/2020/200731.html

pet_dog_mask