2006年05月

2006年05月25日

「なす」がションボリしてます、よ。

0bea82cb.jpg昨日の「なす」の様子。
たいぶ、のどが乾いているご様子で・・・。

でも、昨日の夕立ちで復活したことでしょう。
(いや〜、それにしてもすごい雨でした)
また、ご報告します。

minnanohatake at 14:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年05月21日

『はたけの学校 2006』野菜コース 始まりました!

主催: 小田原食と緑の交流推進協議会
企画/運営: NPO法人 小田原食とみどり
活動日: 4月〜12月の月1回+グループの都合の良い時いつでも
場所: 小田原市上曽我
参加登録グループ: 16グループ、56名

------------------------------------------------
第1回活動日:2006年5月21日
参加人数:50名(大人29名、こども21名)
天気:晴れ
報告:おやさいモリモリチーム

と〜ってもさわやかな五月晴れです。
本格的な活動1日目は、すごく良いお天気に恵まれました。今年度「はたけの学校 野菜コース」のリポーターとして記事を書かせていただきます「おやさいモリモリチーム」です。チーム構成は、夫婦と子供二人(姉5歳、妹2歳)の4人です。行った活動の様子や内容が、少しでも皆さんに伝わればと思います。よろしくお願いします。

minnanohatake at 18:00|PermalinkComments(1)TrackBack(1)clip!

〜午前 土作りと畝作り〜

100f5e0c.jpg午前中、畑を耕し栄養を与えて畝作り(主にパパの仕事)を行いました。チームごとに区画割されるはずの畑に、まだ収穫前のたまねぎが植わっていて、今日のところは1チーム2.5m×5mほどの区画を割り当てられました。
「このくらいの広さなら、あっという間に終わりそうだねぇ〜・・・」なんて夫婦の会話も、始めてみるととても大変!!日ごろ使わない筋肉がピクピクと驚いていました。去年自宅の庭でトマトときゅうりを植えたのですが、土作りも栄養も何も与えず、ただシャベルで掘って空いている所に植えただけだったので、全然うまく出来ませんでした。今思うと「やっぱり土作りや栄養は大切なんだなぁ」といまさらながら痛感しました。そしてインストラクターの先生が作業を行っている区画を横目に、“あーでもない、こーでもない!”と試行錯誤の末、何とか無事作業を終えました。畝作りが終わる頃には、何とも爽快な達成感・・・そのころ娘たちはというと、掘った土の中から出てくるミミズや何かの幼虫達を相手に遊んでいました。もちろんすでに泥んこになりながら、大喜びです。


minnanohatake at 17:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

〜午後:種と苗を植えました〜

35197b81.jpgそんな畝作りも無事に終えて、お昼タイムをはさみ午後再び活動開始です。午後は畝作りをした場所に、肥料を混ぜ込みながら野菜の苗を植えたり、種を蒔きました。苗は全部で11種類です。夏野菜の代表的なトマトやナス、きゅうりにピーマンを始め、ししとう、ゴーヤ、赤唐辛子にカボチャやスイカまで!いつごろできるのかなぁ〜。。。収穫がとっても楽しみです!ナス、トマト、きゅうりはつるがどんどん伸びていくので、支柱を立てました。丈夫に元気に育ってくれますように、1本ずつ大事に大事に。


minnanohatake at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

種蒔き&わら敷き

b98f52b7.jpg種は全部で5種類です。ビールには欠かせない夏の風物詩の枝豆、インゲン、赤カブと白カブ、小松菜です。赤カブ、白カブ、小松菜は種をまいてからひと月くらいで収穫できるということで、ナスやかぼちゃやトマトの苗を植えた同じ畝のサイドに蒔きました。
植えたところには全体にワラを敷くのですが、「ナスやきゅうりは乾燥を嫌うので、この2種類だけはきちんとワラを敷いてくださいね。」という先生のご指導がありました。始めはこんなに植えるとは思っていなかったので、終わった後の達成感は格別なものでした!普段何気なく食べている野菜たちを、実際自分たちで土作りから始めてみると、「少しも無駄にはできないなぁ」と、改めて実感しました。台風や悪天候で支柱が倒れませんように。。。
相模原市からの参加なのですが、次回の講習までせめて1回くらいは、「可愛いわが子達」の様子を見に行きたいと思います。


minnanohatake at 17:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

.

報告:いぬいファミリー

先日の作業お疲れ様でした。
気温も上がり、かなりハードな作業でしたね。まっさらな畑に鍬を入れ、汗をかきかき耕し、支柱を立て、苗を植え、終わってみれば立派な畑になりました。だんだんと変化していく様を見て、「人間の手ってすごいなあ」な〜んてことも思ったりしました。しかし!これからの作業が野菜作りの醍醐味ではないでしょうか。どんどん伸びてくる雑草との闘い。たくさんの収穫の喜び(できるといいですね)などなど。。。さて、我が家は昨年に続き2回目の参加となります。この、「はたけの学校」では、野菜作りのノウハウを学ぶのはもちろん、ほかにもたっくさんの得るものがあります。それは・・・作業を通しての家族とのコミュニケーションやチームワークだったり、いろんな人との交流、自然の厳しさや大切さなどたくさんのことを気づかせてくれます。そして、とにかく、環境が抜群にいい!!天気のいい日には、きれいに富士山も見えますよ。カエルやいろんな虫たちが子供達の野好奇心をくすぐります。我が家の2歳の息子も野菜と共に?!すくすくと成長してます。畑の作業リポートとはかけ離れてしまいましたが、今年1年、どうぞよろしくお願いします。

----------------------------------------------
♪♪♪ 野菜コラム ♪♪♪

なすの紫色はアントシアニン
(あずきやブドウでおなじみの)の一種、「ナスニン」という色素によるものだそうです。ナスニンって・・・おもしろい!でも、品種によっては、色素が形成されない「白いなす」なんかもあるようです。

minnanohatake at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!