2017年09月19日

アキアカネ台風に乗って

きのうは近所の川原でたくさんのアキアカネを見かけた。

台風にに乗って山から下りてきたのだろう。

平地は真夏日でびっくりしたようで、もっぱら日影に集まって休んでいた。

いよいよトンボ界では秋に突入したようだ。





河原の日影で休むアキアカネ
akio5427



















akio5415




















akio5371



















akim5411






mino621 at 09:57 

2017年09月18日

♂の体色をしたギンヤンマの♀

毎シーズンギンヤンマの♂型の♀を何匹か見る。

数えたわけではないが、20匹に一匹ぐらいの割合で見かけるので、だいたい♀全体の5%ぐらいだろうと思われる。

今年も2匹確認したが見ようと思ってもなかなか見られるものではない。

連結産卵個体は良く目にするが、交尾態に出会ったのは初めてだ。




ginko4939




















ginre5006




















ginm5036






mino621 at 10:28 

2017年09月17日

元気な真夏のトンボたち

地元の池では真夏のトンボたちがまだまだ元気で活動している。

池の主役はギンヤンマだが、ウチワヤンマやチョウトンボ、コフキトンボ、コシアキトンボ、ショウジョウトンボも健在だ。

今年は真夏に気温の低い日が続いたので真夏に活躍するトンボたちは体力を温存していたのか、まだまだ沢山生き残っている。

あれだけ騒音をまき散らしていたセミの鳴き声だけは家の周りで聞かれなくなったが、郊外にでかけるとミンミンゼミやアブラゼミの弱弱しい声をまだ耳にする。

着実に夏は終わろうとしているようだ。



ベニイトトンボ
benitoko5237



















アオモンイトトンボ
aomoko5194




















ウチワヤンマ
utiyao5250



















チョウトンボ
tyoto5268





















コフキトンボ
kofuo5275




















ショウジョウトンボ
syojyo5252



















mino621 at 11:39 

2017年09月14日

カトリヤンマの今

まだ早いと思ったがカトリヤンマの様子を見に出向いた。

この時期は♂も若いのでホバリングしながら縄張り飛翔する行動は見られず、もっぱら草の間を飛び回り、高い木の枝々を巡回している姿を目にする。

でも繁殖行動は着実に行われているようで、夕方になるとたくさんの♀が産卵に訪れる。

10頭ほどの♀の産卵を目撃した。

大抵の♀は産卵途中で木の枝に留まって休む。

♂のホバリングが見られるのは9月の後半から10月の初旬にかけてなのでこれからが期待できる。




枝に留まる♂
katom5284



















産卵する♀
katom5332



















katom5306



















katom5293




















産卵中に休憩する♀
katom5317




















katom5321



















katom5346



















mino621 at 08:51 

2017年08月22日

ギンヤンマの単独産卵

曇りの日にはギンヤンマの♂のパトロールが少ないので、♀は悠然と現れてゆっくりと単独産卵している姿が良く見られる。

昨日も曇りがちで♂の縄張り飛翔が見られなかったのが幸いしたのか、単独産卵に訪れた♀を3頭ほど見かけた。

♂が現れて連結する瞬間を撮影しようと頑張ったが、残念ながらこのような場面に遭遇しなかった。

♀が産卵し終わって飛び去ったあとに♂が現れるというちぐはぐな状態ばかりだった。

どこかの世界と同じように産卵♀は♂の存在が鬱陶しいようだ。


ginm4276



















ginm4235




















ginm4185



mino621 at 08:02 
楽天市場