2019年05月31日

キイロサナエの季節

まだ早いかと思ったが、自宅からあまり遠くない場所なのでキイロサナエの様子を見に出かけた。

10時ころ到着したが、生息地は草が刈りこまれていないので成虫を探すのはまだ無理かなと思ったが、あに図らんや、直ぐに3頭の♂を見つけることが出来た。

まだ若いので警戒心が強く、直ぐに高い木の葉の上に消えてしまう。

10時半頃、草の茂る流れに動くものを見つけた。

何と♂に見つからないように草に囲まれたトンネルの流れに沿って♀が産卵しているではないか。

♀の産卵まで撮影できると期待していなかったので、何だか狐につままれたような感じだった。

この場所では7月中旬まで活動が見られるのでこれからが楽しみだ。




縄張り形成するキイロサナエ♂
kisao0343




















警戒して直ぐに木の上に
kisao0363




















kisao0355 (2)




















卵塊を作る♀
kisam0367 (2)




















産卵する♀
kisam0372


mino621 at 08:45 

2019年05月29日

ぎりぎりセーフ

西日本では普通に見られるホソミイトトンボだが埼玉県で探すのは大変だ。

もっとも場所を知っている人にしてみれば何でそんなに苦労するのだろうと思うかもしれない。

このトンボもだんだん北上してきて埼玉でも生息範囲を広げているようだ。
 
昨年は♂の写真しか撮れなかったが、今年は午前中から出かけて交尾態と連結産卵の撮影にぎりぎり間に合った。

たった一対のカップルしか見られなかったがとても運がよかったのだろう。

到着早々に見つけることが出来た。

11時には姿を消し、池では一匹も見られなくなった。





ホソミイトトンボ交尾態
hosoko0068





















連結産卵
hosore0203



mino621 at 09:23 

2019年05月28日

猛暑日のアオサナエ

そろそろ出かけないとホソミイトトンボの季節を逸してしまうと思い、老体に鞭打ってでかけることにした。

数は少なかったが、交尾態と連結産卵を初めて撮影できた。
 
帰りがけに、毎年撮影に出かけている川原でアオサナエでも撮影しようと立ち寄ってみた。

去年も感じたことだが、数年前と比べると、トンボの数はめっきり少なくなっている。

アオハダトンボやミヤマカワトンボは探すのに苦労する。

ヤマサナエやカワトンボは一匹も見当たらなかった。

昨日は猛暑日で春のトンボたちはひざ日に耐えられないと見えて、太陽の光を体に浴びるのを最小限にしようと、尾を天井に突き立てて、腹部挙上行動をとっていた。

アオサナエもまだ若い♂ばかりで、まだ体色は薄かった。


石の上や、砂地に静止するアオサナエがめずらしく枝先に留まった
aosao0278



















石の上で
aosao0315



















数匹のオジロサナエが羽化を終えて川原から飛び立った
ojiro0294




















アオハダトンボも数は少ない
aoham0329



















毎年同じ場所にコヤマトンボの羽化殻がある
kara0303




mino621 at 09:23 

2019年04月20日

初物はアオモン

ちょっと足を伸ばせばシオヤトンボの活動が見られるだろうに、最近は億劫になって近場の川原で間に合わせることにした。

今年の初物はアオモンイトトンボで、もうたくさんの成虫が川原を乱舞していた。

去年はアジアイトトンボの方が先きだったが、今年はどうしたのだろうか。

一匹も姿が見られない。

アオモンイトトンボは交尾態まで見られたが、この時期のトンボたちは警戒心が強く、なかなか良い被写体になってくれない。




アオモンイトトンボ交尾態
2019.04.18.aomoko9809




















2019.04.18.aomom9814




















2019.04.18.aomo9779



















2019.04.18.aomo9791



















2019.04.18.aomo9799 (2)

















mino621 at 07:12 

2019年04月12日

タイリクアキアカネ

そろそろ春のトンボの羽化がはじまり、他者さんのブログもトンボでにぎあいはじめた。

冬眠中は2007年から撮り始めたトンボ写真の整理に追われ、まだ半分しか整理がすんでいないが、整理していると、今まで気づかなかった写真がごろごろと出てくる。

今回2011年9月に石垣島で撮影したタイリクアキアカネらしいトンボを撮影していたので掲載することにした。

なにしろ国内ではあまり、お目にかかれないトンボで、採取して確認したわけではないが、胸部の翅胸と額基条から判断してタイリクアキアカネに間違いないようだ。

春一番に、近場で見られるトンボはシオヤトンボだ。

重い腰を上げて、そろそろ活動を開始するかな。



タイリクアキアカネ♂

2011.09.24.taio2994




















2011.09.24.toio2995



















2011.09.24.taio2996


















mino621 at 18:32 
Archives
楽天市場