2015年10月

2015年10月31日

秋深く

10月も最後の日。

年を重ねると一年が早くなって困る。
 
トンボのシーズンもアッという間に終わり、そろそろ見られなくなる季節となった。

わずかに残っているアキアカネやアオモンイトトンボたちはいつまで顔みせてくれることだろう。

寒くなってからはオオアオイトトンボの行動も変化し、3時前にはもう連結産卵をはじめるカップルを目にするようになった。

青空をバックに留まるアキアカネの数も大分少なくなってきた。



産卵するオオアオイトトンボ
DSC_2288 (2)





















アキアカネ♀
DSC_2232 (2)




mino621 at 09:00コメント(0)トラックバック(0)トンボ 

2015年10月30日

カトリヤンマのえさ

カトリヤンマと同時期に羽化するオオアオイトトンボはカトリヤンマのえさになりやすい。

ここではオオアオイトトンボがカトリヤンマの何倍もいるのでもっぱらカトリヤンマの常食になっているようだ。

この場所でカトリヤンマが繁栄できるのはオオアオイトトンボがたくさん繁殖できるからだろう。

幼虫の棲む場所も一緒なので、もしかしたら幼虫の時からオオアオイトトンボはカトリヤンマのえさになっているのかも知れない。

食物連鎖がうまくいっているからたくさんのカトリヤンマを見ることができるのだろう。



オオアオイトトンボを食べるカトリヤンマ♂
kato1818 (2)




















kato2265 (2)



mino621 at 09:12コメント(2)トラックバック(0)トンボ 

2015年10月28日

気温で行動を変える

数日前にこがらし一号が吹いて急に気温が低下した。
 
それに合わせるようにカトリヤンマの行動が変わり、夕方の産卵がみられなくなった。
   
今まで3時以降になるとまとまって産卵にきていた♀たちは、時間をきめないでまちまちに行動するようだ。

日影でホバリングしていた♂も大胆になり、太陽の照り付ける空間で♀を探すようになった。

オオアオイトトンボも夕暮れに群れをなして産卵していたのに午後3時ころから産卵するカップルを見かけるようになった。

トンボの行動は気温によって急激に変わる。



日中ホバリングして探雌するカトリヤンマ♂(自然光で撮影)
kato2290 (2)




















ストロボを使用して撮影
kato2260 (2)




mino621 at 08:46コメント(0)トラックバック(0)トンボ 

2015年10月27日

入れ替わる季節

昨日近くの公園を探索していたらアゲハとタテハに出会った。

ナガサキアゲハとルリタテハだ。

ナガサキアゲハは子孫を残すために大活躍したのだろう、もう翅がボロボロだったが、時々陽だまりの葉の上に静止して休むがまだ元気で飛び回っていた。

一方ルリタテハはきれいな個体で、今冬越冬に入って来春活躍するのだろう。

チョウたちにとっては新旧交代の季節だ。



ナガサキアゲハ
nagaage2223 (3)





















ルリタテハ
ruritate2228 (2)





















ruritate2229 (2)







mino621 at 08:35コメント(0)トラックバック(0)チョウ 

2015年10月24日

卵を落とすナツアカネ

ナツアカネが稲穂の上で連結産卵している写真は何とか撮影できるが、卵を落とす瞬間はたくさん撮影した中で一枚か二枚あるだけだ。

卵を落としている瞬間の写真をいとも簡単に掲載している人がいるが見えるのだろうか、または産卵動作でわかるのだろうか。

そんなわけでやっと一枚だけ卵を落とした瞬間の写真があった。




ナツアカネの産卵

akiko1944 (2)




















akiko1916 (2)





















♀が卵を落とした瞬間
akiko1977 (2)



mino621 at 21:31コメント(0)トラックバック(0)トンボ 

2015年10月23日

大失敗

きのうは一年ぶりで神奈川県のヒメアカネに会いに行こうと東名高速を目指した。

ここで大失敗をやらかしてしまった。

いつもならカーナビに任せて左側を車行していればいやでも大橋ジャンクションから東名高速に行けるのに、行けども行けども大橋ジャンクションに到達しない。
 
途中で本牧まで40分という表示が出ていたのでこれはおかしいと気づいたのは後の祭りで、3月7日に湾岸まで開通したのを知らないで入ってしまったのだ。

もうやけになって行くところまで行って見ようと覚悟をきめてひたすら走ったら、大井ふ頭にでた。

そのまま走って横浜を一周して第三京浜を通ってやっと目的地についたら11時を過ぎていた。

普通に行けば50分で到着するのに2時間もかかってしまった。

新しい道は登録されてないので、カーナビに任せるのも善し悪しだ。

お蔭でナツアカネの産卵時間が終わっていて、産卵カップルを探すのに苦労した。

いつもなら黄金色に輝いた稲穂が目に飛び込んでくるのに今年は減反で放置されている田が多く、一面に雑草が生い茂っていた。

年をとって稲作ができなくなったのか、米を作ってももうからないのか分からないが、田んぼを繁殖場所に選んでいるアキアカネやナツアカネが減っているわけだ。

そんなわけでヒメアカネとコノシメトンボは一匹だけしか目にしなかった。

活動時間も過ぎていたが、ナツアカネも4カップルくらいしか飛んでいなかった。




ヒメアカネ♂
himeakao1894 (2)





















himeakao1904 (2)





















コノシメトンボ♀
konosim2024 (2)





















マユタテアカネ♂
mayuo2033 (2)







mino621 at 09:14コメント(2)トラックバック(0)トンボ 

2015年10月21日

晴天のアカネ

澄んだ秋晴れの青空にはアキアカネが似合う。

三木露風の赤とんぼの歌詞が頭をよぎるのか、秋晴れにアカトンボが飛んでいるとなんとなく郷愁にかられる。

トンキチ(トンボきちがい)が住んでいる我が家に今年は2回もアキアカネが舞い込んだ。

今まで一度もトンボの訪問を受けたことがないのに、今年はアキアカネが数をふやしたのだろうか。

墓参りに足が遠のいている我が家にアキアカネになって親が偵察に来たのか勘ぐってしまう。

そろそろ墓参りにでも出かけようかと考えるこの頃。



アキアカネ♀
akim1204 (2)




















アキアカネ♂
akio1210 (2)





















ナツアカネ♂
natuo1220 (2)





















リスアカネ♀
risuakam1192 (2)





















リスアカネ交尾態
risuko0201 (2)








mino621 at 20:21コメント(0)トラックバック(0)トンボ 

2015年10月20日

こだわり

トンボの撮影は自然光でなければとこだわる人は多いが、たそがれヤンマなど暗い場所にいるトンボたちはどうしてもストロボを使わないとうまく撮影できない。

特に暗闇の中で青く光っているマルタンヤンマの目など素人には自然光で撮影できるはずもない。

先日日なたでホバリングしているカトリヤンマを自然光で撮影したが何だか本来のカトリヤンマらしくなかった。

昨日日影でホバリングしていたカトリヤンマをフラッシュを使って撮ってみた。
 
邪道といわれても自分は目の輝いているカトリヤンマの写真の方が好きだ。



カトリヤンマ♂
kato1858 (2)




















kato1863 (2)





















産卵する♀
katom1886 (2)





















katom1880 (2)






mino621 at 09:58コメント(0)トラックバック(0)トンボ 

2015年10月19日

アカネ属の中では

先日アカネ属の宝庫である県北部に出かけたが、ここに生息しているマユタテアカネの数は半端ではない。

アカネ属の中ではマユタテアカネは繁殖力がおおせいなのかどこでも見かける種だが、ここでは交尾態や連結産卵が直ぐに観察できる。

近縁種のヒメアカネやマイコアカネに比べたら格段に生命力があり生き残ってゆくタイプなのだろう。

ここのマユタテアカネの♀は翅先端に黒斑がないものばかりみかける。


マユタテアカネ♂
mayuo1538 (2)




















mayuo1532 (2)





















交尾態
mayuko1684 (2)




















mayuko1717 (2)




















連結産卵
mayure1701 (2)










mino621 at 10:09コメント(2)トラックバック(0)トンボ 

2015年10月18日

ここでなければ

ミヤマアカネはそんなに珍しいトンボではないが、コノシメトンボと同じように群生して見かける場所は少ない。

毎年この場所にくるとたくさんのミヤマアカネが見られ、撮影には困らない。

今年はもうピークは過ぎたのか例年ほど数はいなかったが、交尾態や連結産卵をみることができた。






石の上に留まるミヤマアカネ♂

miyakao1557 (2)





















交尾態
miyakako1597 (2)





















連結産卵
miyakare1633 (2)



mino621 at 09:18コメント(0)トラックバック(0)トンボ 
Archives
楽天市場