植物

2015年10月07日

秋空とアカネ

ポツンと真っ赤なカラスウリがぶら下がっていると子供のころに栗拾いをした記憶がよみがえる。
 
裏山に栗拾いに出かけるシーズンに必ず見た光景だ。

丁度このころ運動会があるのでカラスウリをもぎ取ってゆく子が多かった。

足のふくらはぎにカラスウリを塗ると足が軽くなり早く走れるという謎めいた風潮が子供たちの間でささやかれていたからだ。

一度隣の子に借りて塗ってみたがスウーとするだけで何ということはなかった。

勿論、かけっこが早くなるはずもなく、ビリにはならなかった記憶だけは残っている。
 
秋も深まってきて青空に群れを成して飛んでいるアキアカネも目にするようになった。



syokubu0115 (2)




















akio0108 (3)









mino621 at 09:24コメント(0)トラックバック(0) 

2014年12月05日

皇居の花

皇居には10月桜をはじめ冬桜、椿、山茶花などがきれいに咲き誇っていたので紅葉見学の合間に撮影してみた。


hana2617
















hana2620
















hana2625 (2)
















hana2628

















hana2635

















hana2637
















hana2640
















hana2648
















hana2652














mino621 at 15:55コメント(0)トラックバック(0) 

2014年01月11日

石垣で見た花

ハイビスカスと同様に沖縄を代表するような花にオオバナアリアケカズラがある。

沖縄に行った人なら誰でも一回は目にしている花だろう。

南米原産でキョウチクトウ科に属し、別名ゴールデンカップとも呼ばれている。

oobanaariakekazura4483

















オオムラサキシキブは本州ではあまり目にすることはなく、岩手県では準絶滅危惧種になっているそうだ。

ムラサキシキブの変種で大型のものをこう呼んでいるらしいが、本州より南で多く見られる。

2011年9月に西表島で見つけた野生のオオムラサキシキブ。
omusiki4201

mino621 at 21:30コメント(0)トラックバック(0) 

2012年11月13日

センターのバラ園

今年もグリーンセンターのバラを見ようと訪れてみた。

見ごろはすぎていたが、まだ大輪の花をつけている。

ついでにチョウたちの吸蜜の写真でも撮れればと思っていたが、その都度植物が植え替えられるのをチョウたちは知っているようで、こんなにいろいろな花が咲いているのに野山よりはるかに少ない。

センターで撮影したバラの花のおすそわけ。


bara9116



bara9118



bara9122



bara9125




bara9129



bara9126


bara9137



bara9141



bara9147



bara9149




  

mino621 at 07:00コメント(0)トラックバック(0) 

2012年09月29日

彼岸まで

暑さ寒さも彼岸までと、いにしえの人はよく言ったものだ。

今年は開花が遅れているようだが彼岸花も咲き出し、里山では栗の実が黄色く色づき、もうイガからこぼれ落ちそうにたわわに稔っている。

散歩コースの河原も彼岸前には大活躍していたギンヤンマやシオカラトンボはすっかり少なくなり、真っ赤なからだを見せびらかすように飛んでいたショウジョウトンボは一匹もみられなくなった。

代わりに高地から避暑を終えて下りてきたアキアカネが河原の草木に止まり、しばしの休息に訪れている。

ここでは繁殖行動ができないのでペアーを見つけて田園地帯に移動するのだろう。

本格的な秋の訪れが始まった。


里山では彼岸花が咲き始めた

higanbana7128



栗の実も色づきはじめた

kuri7010



河原ではアキアカネがからだを休めている

akiaka8896



akiakao8893




mino621 at 08:50コメント(0)トラックバック(0) 

2012年05月08日

渓流のヒメレンゲ

昨日ムカシトンボに会えればと渓流を訪れた。

結論から言うと、トンボには一匹もお目にかかれなかった。

昨年は大地震で恐ろしさが先にたち、この渓流にはこなかったが、毎年ムカシトンボは今が旬なのに、ムカシトンボどころかカワトンボにも合えなかった。

今年は川のトンボが遅れているのか、先日の雨の影響か良く分からない。

帰り支度をしていたら、採石場で作業していた人が今頃しか見られない渓流に咲くヒメレンゲがきれいだと教えてくれた。

トンボは諦めて花の撮影に切り替えた。


ヒメと名がついているように小さな花弁のヒメレンゲ

himeren9542



渓流の岩の上で咲いているととてもきれいな花だ

himeren9583



himeren9561



himeren9580





mino621 at 15:59コメント(0)トラックバック(0) 

2012年04月14日

ヒスイカズラ

先日の読売新聞にグリーンセンターでヒスイカズラが「神秘の青い花」を咲かせているという記事を目にしたので早速見物におもむいた。

ヒスイカズラはフィリピン・ルソン島原産のマメ科の植物で、原産地では開発により数を減らしてとのこと。

ヒスイの名のごとく、きれいな青色をした花房をぶらさげて咲いている。

5月のゴールデンウイークまで見られるので御覧になりたい方は足を運ばれたい。


ヒスイカズラの根

hisuikazura6883



天井に伸びるツルと見物用の手すりに伸びるツルに分かれている

hisuiikazura6858



天井に高く伸びるツル

hisuikazura6879



ヒスイカズラの花房

hisuikazura6864



hisuikazura9115



花弁のツボミ

hisuikazura9101



開いた花弁

hisuikazura9095



現地ではコウモリが受粉を助けるらしい

hisuikazur4a9111




mino621 at 08:40コメント(0)トラックバック(0) 

2012年04月12日

河原の雑草

河原ではたくさんの雑草が花をつけ始めた。

小さな花で、普段見過ごしているが、今日はチョウの写真を撮りながら、マクロレンズで撮影してみた。

大きく撮影してみると以外にきれいな花弁をもっている雑草が多いのに驚いた。


ヒメオドリコソウ

himeodoriko8923



himeodoriko8945




ホトケノザ

hotokeza8939



hotokeza8950



ノゲシ

nogesi8979



カラシナ

karasina9022



オオイヌノフグリ

oinuhu8981



ツクシ

tukusi8987



カラスノエンドウ

mame8968



ショカッサイ

hanadai8966




mino621 at 08:26コメント(0)トラックバック(0) 

2012年04月11日

いさぎよく

近隣の河原沿いに毎年花をつけるさくらが今年も満開をむかえた。

6日がピークであったが9日には花ふぶき。

何とはかない花なのだろう。

満開のときの華やかさが目にやきついているだけに、いさぎよく散るさまは、今までにさまざまな詩や歌を生み出している。

さくらが終わると、そろそろトンボのシーズンが到来だ。

4月の後半は、まだ撮影できていないムカシトンボを求めて渓流に通ってみることにするか。


6日に満開をむかえたサクラ並木

sakura6766



9日には花吹雪

sakura9032



sakura9030







mino621 at 09:08コメント(0)トラックバック(0) 

2012年03月31日

庭園では

一ヶ月前は花壇に何も咲いてなかった庭園も、色とりどりの花で飾られ、一段と春を感じさせる。

ツバキは散り始め、梅は満開で、その中にボケが真っ赤な花をつけている。

庭園の花壇はポピーやスミレが咲き誇り、心を癒してくれる。


庭園に咲いている満開の梅

ume6664



ボケが真っ赤な花をつけている

boke6668



ポピーの花壇

popi6675



ビオラの花壇

viora6683






mino621 at 15:00コメント(0)トラックバック(0) 
Archives
楽天市場