すぐ忘れてしまうので書き出しておく。
とりあえず知ってるor簡単に調査できたところだけ。

どこまで実際に使っていいかは不明。

レポートはhiddenパラメータいっぱいありすぎて調査中。
ビューも使えそうで使えないのが… rowsPerPageとか。


ログイン画面
unユーザ名
pwパスワード
startURLログイン後に開く画面
/secur/frontdoor.jsp
sidセッションID
retURLログイン後に開く画面
新規画面
retURLキャンセルの遷移先
cancelURLキャンセルの遷移先(retURLより優先)
saveURL保存後の遷移先。newidでIdが渡る
nooverride1で上書きなしの画面を開く
各入力項目のname値を入力できる
編集画面
retURLキャンセル・保存後の遷移先
cancelURLキャンセルの遷移先(retURLより優先)
saveURL保存後の遷移先(retURLより優先)
nooverride1で上書きなしの画面を開く
各入力項目のname値を入力できる
リストビュー(拡張リストビュー)
rolodexIndexビュー右上の頭文字の設定。
-1ですべて、ほかは左から順番に0から数えた番号
page表示するページ数
fcfビューID
リストビュー(旧式)
rowsperpageページ毎の表示行数
lsiソート対象の列番号。
負の数で降順になる
lscビュー右上の頭文字の設定。
-1ですべて、ほかは左から順番に0から数えた番号
lsr表示開始行番号。0から。
fcfビューID
レポート
pc[n][n]は条件番号。条件項目名。  例) ACCOUNT.TYPE
pn[n][n]は条件番号。条件  例) eq,coなど
pv[n][n]は条件番号。条件値
scope参照スコープ user/team/organization
colDt_c期間条件-項目
DUE_DATE/CREATED_DATE/LAST_UPDATEなど
colDt_q期間条件-期間
custom/curfy/current/curyなど
colDt_s期間条件-開始日 yyyy/MM/ddで指定できた。
colDt_e期間条件-終了日 yyyy/MM/ddで指定できた。
その他
isdtpmnを指定でヘッダ・サイドバーがなくなる。スタイルに変化あり。




2010/10/26、 @nishi666 さんの指摘 により、旧リストビューも調査・追記しました。