生でザーメンを女性の中へ放出する。

これは動物であれば究極の快感です。

これは女性でも同じ。

ということで、オスとメスの本能である生中だしでの動画をアップしてゆきます。


「波多野結衣の凄テクを我慢できれば生★中出しSEX!」



WANZFACTORYのガチ素人参加型新企画!


10分間AV女優の凄テクに発射せず我慢出来ればご褒美に生中出しSEXをゲット


シリーズ第1弾はアジアの波多野結衣が素人さんを相手に凄テク炸裂!


ばったばったと抜きまくられ撃沈してゆく素人チャレンジャー達は、


果たしてご褒美生中SEXを勝ち取ることが出来るのか!?


「強制中出し輪姦 桜井あゆ」



極上スレンダーボディの桜井あゆが本格凌辱で精神崩壊!!


聞かされていない生挿入&生中出しに驚愕


逃げ出そうとするも捕まりそのまま口姦イラマ、口内射精!!


ぐったりと気力を失っていても関係なく、


無情な生中出しが続けられる!!







「【真性】 これが本当の初解禁!! 生中出し10発!! 女教師輪姦 風間ゆみ 翔田千里



マドンナ10周年を祝して、美熟女・風間ゆみ、これが本当の初めての中出し解禁!!


終わりなき恥辱の中出し授業が開校!!


生徒思いで指導熱心な女教師ゆみが荒んだ生徒達に濃厚なザーメンを次から次と美しい生マンコに注がれていく!!


熟れた膣壁を生の肉竿がゴリゴリ刺激し、風間ゆみを絶頂へと導く!!


オマンコから垂れ流れるザーメン


匂い立つほどリアルな生中出しがここにある!!


ユーザーレビュー:


【真性】 これが本当の初解禁!! 生中出し10発!! 女教師輪姦 風間ゆみ 翔田千里

平均評価: (5点満点中 4点 / レビュー数 3件)


良かった
レビュー:ゆみファン - 2014-01-24 15:58:46 -



風間ゆみファンとしてはそろそろかなと思ってた、真性中出し。

一気に10発とは何か嘘くさいと思いましたが、正真正銘本物でした。


半中半外ありで激しかったです、出された後微妙に痙攣しているのもリアルでした。


次はなんだろうと期待します。


中出しは微妙・・
レビュー:シリスキー博士 - 2014-01-24 15:58:43


ストーリーはカビが生えるほど擦られているものなので

そこに期待はせずに中出しを楽しませてもらおうと思ったが


半中半外がなかったようなので実際のところは微妙。


そもそも中出しに複数プレイが必要か?という疑問も大きい。


また、タイトルに名前がある翔田千里は脱がないし参加もしない。


彼女を楽しみにしている人はスルーでOK。



とにかくゆみちゃんはもう安定感バツグンなので


もっとこう同級生との不倫とか元会社の部下と密会とか


しっとりネットリとからむストーリーで勢いで中出しとかを


じっくり見せて欲しいね。





「真正ナマ中出し 赤井美月」



Hcup専属女優・赤井美月の膣内をザーメンでアッツアツにする決意の生ハメ&生本番&生中出しスペシャル!


「すごい、入ってくる…精子あったかい…」


ゴム無しナマチンコとナママンコの直接摩擦でいつも以上の快楽と膣中に出された濃厚精子を、



さらに指で膣壁に擦りつけて存分に味わう!







是非、お試しください。


<お勧めします>


ガチでリア乳作っちゃいました。
ガチでリア乳作っちゃいました。


商品レビュー

男の本能に訴えかける史上最高の美乳

至福の揉み心地と極上のパイズリ刺激


「素人お姉さんのおっぱいDプレミアム」以来、実に2年半以上ぶりとなる、RENDSのおっぱいグッズ。
“おっぱいDプレミアム”もリアルな揉み心地の2重構造が話題を呼びましたが、本作は大きさから弾力、色などすべてを本物そっくりに仕上げた、究極の“リア乳”として登場しました。

RENDSの開発者いわく、
「“おっぱいDプレミアム”よりもさらに本物を求め、キレイなバストの女優さん探しから始めました。理想のHカップバストにめぐり会えてからはとことんリアリティを追求し、形状はもちろん、乳房の弾力から乳首の硬さまで、すべてを寸分違わず再現しています」とのこと。

実物を見ると、その言葉に合点がいきます。
現在、さまざまなメーカーやショップからオリジナルのおっぱいが発売されていますが、本作のクオリティはそれら既存品とは明らかにレベルが違います。何というか…“存在感がおっぱいそのもの”なんです。

本物から型取りしているだけあって、サイズ感や形状は超リアル。平置きと立て置きで微妙に変わる垂れ具合も絶妙で、触れるとしっとりした肌色がぷるるんっとわずかに震えます。

乳房内部はジェル素材を閉じ込めた2重構造。“おっぱいDプレミアム”で培った技術をさらに進化させ、最高の揉み心地と人肌そっくりの質感を両立させています。

この技術…一般的なオナホールを作るよりも何倍も手間がかかり、それだけにコストも上がってしまうのですが、一度この揉み心地を体感すれば、誰もがナットクするだけの素晴らしいクオリティです。
NLS内でも誰かがサンプルに触れるたび、「うわー…これヤバイ、めっちゃくちゃリアルじゃないですか!」と驚きの声が上がっていました。

さらに本作は谷間に浅いV溝が施されており、パイズリ時の射精力を強化。試作時にはなかったそうですが、ほぼすべてのユーザーが試すであろうパイズリの快感を、見た目を損なうことなく向上させている点も、本作ならではのセールスポイントです。

パイズリ時もそうですが、このおっぱいにローションを垂らして弄りまわすと、視覚的な卑猥さと触り心地が飛躍的にアップします。とくに乳首のコリコリ感が際立ち、手のひらで撫でるだけでもゾクゾクとする官能が脳内を刺激します。こうした変化のしかたも本物っぽいといえますね。

何だかんだいっても男はみんなおっぱい好き。これほどの大きく美しいバストを目にしたら、魂の奥底からムラムラと湧き上がる欲望を抑えきれずにはいられません。

そんな男の本能に直接訴えかける、史上最高のリアルおっぱい。本能の赴くままにポチッたとしても、誰も文句はいえないでしょう。



A10ピストン(完全版)
A10ピストン(完全版)


商品レビュー

自然の摂理に従ったピストン機構に感動!
細部まで丁寧に設計された実用性もスゴイ


満を持して登場したRENDSの「R-1シリーズ」最新作。
約4年半もの歳月と○千万円を超える開発費を投じた、業界最大級のプロジェクトを経て生まれたこの「A10ピストン」は、これまで業界内で冷ややかに語られてきた、“電動に殿堂なし”というジンクスを完全に打ち破るマシンである。

同じく「R-1シリーズ」として発売されている「A10サイクロン」は、その本格的な回転機構や動力性能、快感特性などで、累計出荷台数8万台を超えるメガヒットを記録した名機だが、実は本作も「A10サイクロン」とまったく同じメンバーで開発されている。

妥協を許さず、常に挑戦しつづける姿勢で、アダルトグッズ業界にイノベーションを起こしてきた開発陣が心血を注いで手掛けた商品とあれば、誰もが期待せずにはいられないだろう。

そんな本作「A10ピストン」は、その名の通り上下に稼働するピストン機構を軸にした電動オナホールだ。「A10サイクロン」が横回転だったのに対し、上下運動はペニスを刺激するのに自然な動きで、理にかなっている。

快感刺激の受け方が自然なため使用感自体もセックスに近く、本体をテーブルに固定すれば後背位のようであり、仰向けになって本体を垂直に立てて使えば騎乗位を行っているような感覚に陥る。
亀頭を中心に強制的な擦り刺激を発生させる「A10サイクロン」とは、快感のベクトルがまったく異なっているのが、実におもしろいところだ。

「R-1シリーズ」はその優れたユーティリティも重要なアイデンティティである。本作もそのDNAは受け継いでおり、実に細かい部分まで配慮された数々の工夫に感心させられる。

「A10サイクロン」同様、電動ユニットが極力汚れないような設計なのはもちろん、どうしても汚れてしまう部分は細かく分解して洗えるようになっており、メンテナンス性は相当高い。
また、重要なオナホール部分を使い捨てのカップ式にし、いちいち洗う手間を省いたことも、さらなる使い勝手向上に貢献しているといえる。

本体を家庭用のAC電源仕様にしたことも大きい。
「A10ピストン」のボディサイズから見ても、この動作機構にはかなりの電力を消費すると予想でき、もしこれが電池式のままだったら常にバッテリー残量やパワー不足の心配と隣りあわせだっただろう。

シリーズ初ながら2つの課題を同時にクリアしたAC電源仕様は、RENDS開発陣の英断であると評価したい。しかしその反面、家庭用電源のハイパワーな機構は、半勃起やフニャチン状態で使うと大変危険なので、ユーザーはくれぐれも注意してほしい。

また、これだけのハイパワーな機構を持ちながら、静音性も十分すぎるほどの基準をクリアしているのは驚きだ。
「A10サイクロン」でも高い評価を得ていた数々の実用性が、ピストンになってさらに肉付けされ、進化したといえるだろう。

家電レベルの素晴らしいユーティリティと、自然の摂理に準じながらも人智を越えるほどの快感性能を両立させた「A10ピストン」。

気兼ねなく快楽に没頭しながら射精へと至れる“快感のフルオートメーション化”を実現させた本作は、多くの男性が夢にまで見た“究極のオナニーマシン”として、業界内にさらなる革新を起こすのは間違いない。





<お勧めします>
ガチでリア乳作っちゃいました。
ガチでリア乳作っちゃいました。


商品レビュー

男の本能に訴えかける史上最高の美乳

至福の揉み心地と極上のパイズリ刺激!


「素人お姉さんのおっぱいDプレミアム」以来、実に2年半以上ぶりとなる、RENDSのおっぱいグッズ。
“おっぱいDプレミアム”もリアルな揉み心地の2重構造が話題を呼びましたが、本作は大きさから弾力、色などすべてを本物そっくりに仕上げた、究極の“リア乳”として登場しました。

RENDSの開発者いわく、
「“おっぱいDプレミアム”よりもさらに本物を求め、キレイなバストの女優さん探しから始めました。理想のHカップバストにめぐり会えてからはとことんリアリティを追求し、形状はもちろん、乳房の弾力から乳首の硬さまで、すべてを寸分違わず再現しています」とのこと。

実物を見ると、その言葉に合点がいきます。
現在、さまざまなメーカーやショップからオリジナルのおっぱいが発売されていますが、本作のクオリティはそれら既存品とは明らかにレベルが違います。何というか…“存在感がおっぱいそのもの”なんです。

本物から型取りしているだけあって、サイズ感や形状は超リアル。平置きと立て置きで微妙に変わる垂れ具合も絶妙で、触れるとしっとりした肌色がぷるるんっとわずかに震えます。

乳房内部はジェル素材を閉じ込めた2重構造。“おっぱいDプレミアム”で培った技術をさらに進化させ、最高の揉み心地と人肌そっくりの質感を両立させています。

この技術…一般的なオナホールを作るよりも何倍も手間がかかり、それだけにコストも上がってしまうのですが、一度この揉み心地を体感すれば、誰もがナットクするだけの素晴らしいクオリティです。
NLS内でも誰かがサンプルに触れるたび、「うわー…これヤバイ、めっちゃくちゃリアルじゃないですか!」と驚きの声が上がっていました。

さらに本作は谷間に浅いV溝が施されており、パイズリ時の射精力を強化。試作時にはなかったそうですが、ほぼすべてのユーザーが試すであろうパイズリの快感を、見た目を損なうことなく向上させている点も、本作ならではのセールスポイントです。

パイズリ時もそうですが、このおっぱいにローションを垂らして弄りまわすと、視覚的な卑猥さと触り心地が飛躍的にアップします。とくに乳首のコリコリ感が際立ち、手のひらで撫でるだけでもゾクゾクとする官能が脳内を刺激します。こうした変化のしかたも本物っぽいといえますね。

何だかんだいっても男はみんなおっぱい好き。これほどの大きく美しいバストを目にしたら、魂の奥底からムラムラと湧き上がる欲望を抑えきれずにはいられません。

そんな男の本能に直接訴えかける、史上最高のリアルおっぱい。本能の赴くままにポチッたとしても、誰も文句はいえないでしょう。

A10ピストン(完全版)
A10ピストン(完全版)


商品レビュー

自然の摂理に従ったピストン機構に感動!


細部まで丁寧に設計された実用性もスゴイ


満を持して登場したRENDSの「R-1シリーズ」最新作。
約4年半もの歳月と○千万円を超える開発費を投じた、業界最大級のプロジェクトを経て生まれたこの「A10ピストン」は、これまで業界内で冷ややかに語られてきた、“電動に殿堂なし”というジンクスを完全に打ち破るマシンである。

同じく「R-1シリーズ」として発売されている「A10サイクロン」は、その本格的な回転機構や動力性能、快感特性などで、累計出荷台数8万台を超えるメガヒットを記録した名機だが、実は本作も「A10サイクロン」とまったく同じメンバーで開発されている。

妥協を許さず、常に挑戦しつづける姿勢で、アダルトグッズ業界にイノベーションを起こしてきた開発陣が心血を注いで手掛けた商品とあれば、誰もが期待せずにはいられないだろう。

そんな本作「A10ピストン」は、その名の通り上下に稼働するピストン機構を軸にした電動オナホールだ。「A10サイクロン」が横回転だったのに対し、上下運動はペニスを刺激するのに自然な動きで、理にかなっている。

快感刺激の受け方が自然なため使用感自体もセックスに近く、本体をテーブルに固定すれば後背位のようであり、仰向けになって本体を垂直に立てて使えば騎乗位を行っているような感覚に陥る。
亀頭を中心に強制的な擦り刺激を発生させる「A10サイクロン」とは、快感のベクトルがまったく異なっているのが、実におもしろいところだ。

「R-1シリーズ」はその優れたユーティリティも重要なアイデンティティである。本作もそのDNAは受け継いでおり、実に細かい部分まで配慮された数々の工夫に感心させられる。

「A10サイクロン」同様、電動ユニットが極力汚れないような設計なのはもちろん、どうしても汚れてしまう部分は細かく分解して洗えるようになっており、メンテナンス性は相当高い。
また、重要なオナホール部分を使い捨てのカップ式にし、いちいち洗う手間を省いたことも、さらなる使い勝手向上に貢献しているといえる。

本体を家庭用のAC電源仕様にしたことも大きい。
「A10ピストン」のボディサイズから見ても、この動作機構にはかなりの電力を消費すると予想でき、もしこれが電池式のままだったら常にバッテリー残量やパワー不足の心配と隣りあわせだっただろう。

シリーズ初ながら2つの課題を同時にクリアしたAC電源仕様は、RENDS開発陣の英断であると評価したい。しかしその反面、家庭用電源のハイパワーな機構は、半勃起やフニャチン状態で使うと大変危険なので、ユーザーはくれぐれも注意してほしい。

また、これだけのハイパワーな機構を持ちながら、静音性も十分すぎるほどの基準をクリアしているのは驚きだ。
「A10サイクロン」でも高い評価を得ていた数々の実用性が、ピストンになってさらに肉付けされ、進化したといえるだろう。

家電レベルの素晴らしいユーティリティと、自然の摂理に準じながらも人智を越えるほどの快感性能を両立させた「A10ピストン」。

気兼ねなく快楽に没頭しながら射精へと至れる“快感のフルオートメーション化”を実現させた本作は、多くの男性が夢にまで見た“究極のオナニーマシン”として、業界内にさらなる革新を起こすのは間違いない。