ツール・ド・熊野に参加して

5/31より行われたステージレース、ツール・ド・熊野(UCI2.2)に出場してきました。


また、今回は私たちのチームからではなく、チームユーラシア-IRC Tireからの出走となりました。

34586095_1911942542189849_5539491927520444416_n
 


1月末に行ったベルギー遠征での際に、チームユーラシア監督の橋川さんよりお声掛けをいただき、トラック中距離選手にも国際的なロードレースに参加できる機会を設けてくださいました。


チームユーラシアでは、ベルギーでのロードレースに挑戦をする、U23カテゴリーの選手で構成されており、
自分のようなエリートカテゴリーの選手がユニフォームを着て走ることに、周りの先輩選手からも「そんな年齢じゃないだろ」など、冷やかしの言葉もいただきました。。。

34585049_1911942178856552_6243362386443501568_n

海外の有力なトラック中距離選手はロードレースでも成績を収めるのが当たり前となっており、ツール・ド・フランスなどのレースに参加している選手がトラック世界選手権でも走ることは全然珍しいことではないです。


これまでUCIステージレースに出場したのは、大学3年と大学4年次のツール・ド・北海道(UCI2.2)で、

2回目の北海道では、最終日まで完走することができず、人生初のチームカーからの仲間のボトル補給をすることになり、とても悔しい思いもしました。


34629574_1911943932189710_4179289301139324928_n

今回も目立った活躍はできませんでしたが、久しぶりのロードレース、
それもステージレースの中で、自分のコンディションを確かめることができ、
完走者が36名のサバイバルレースの中、とても楽しんで走ることができました。

レースを走りながら、まだまだ自分にたりない駆け引きや展開を予想する力、走り方など、
試してみたいことも見つけることができたのですが、4日間のレースはあっという間で、
走り終わった後には疲労感の中でも、もっとレースが続いて欲しい気持ちを抑えられませんでした。

34674480_1911942568856513_8822784375641866240_n

34670852_1911943208856449_2161939713349386240_n

34750816_1911943898856380_1503227811886792704_n
 

大会中にもたくさんの方に応援、お声掛けくださり、本当に嬉しい気持ちになりました。

また、ブログに掲載してくださった画像は全て三井様より撮影いただいたものです。
他チームでの帯同中にも関わらず、たくさんの素敵なお写真、誠にありがとうございます。

最後になりましたが、レース参加にあたってご協力をいただいた橋川監督並びに、
レース期間中のたくさんのサポートをいただきましたチームユーラシア関係者の皆様に改めて御礼申し上げます。

 34585824_1911943915523045_3788041209520324608_n

既に合宿も始まっており、まだまだ家には帰ることはできませんが、
経験を無駄にしないよう、これからも前に進んで行きます。 

One-Sに乗って

おはようございます。

スペインでの合宿を終え、昨晩日本に到着いたしました。


合宿といえば、国内でのキャンプがほとんどであり、海外遠征といえば、トラックバイクを持って行くことが当たり前だった昨年までと比べて、ロードバイクのみで4週間もの間、トレーニングを行う合宿は自分にとっても初めての経験でした。


今日は宣伝になってしまいますが、普段乗っているロードバイクの紹介をさせていただきます。
最後まで読んでいただけましたら、幸いです。 


IMG_3589

IMG_3586


昨年より、トライスポーツ様よりサポートしていただいております「Factor One-S」。

2年前までオーストラリアのONE PRO cycling Teamが使用していることで自分も知ることができた、イギリスの新興ブランドの自転車になります。


今シーズンもツールドフランスなど、グランツールに出場するUCI World TourAG2Rチームも使用しており、2017世界選手権U23を始め、多くの実績を積み上げてきています。


バイクラインナップは軽量フレームの「O2」、エアロモデルの「One-S」とより上位の「One」の三種類でした。(※2018年よりONE-sの発売はありません)


ONE-s」に決めた理由は、Factorの強みである特徴的なダウンチューブによる空力性能と自分の脚質を合わせたら、早く走ることができそうなこと。

遠征などにも対応しやすいよう、「One」よりヘッドの機構がシンプルであったこと。

カラーリング、デザインを含めて、他の人と重なることがないこと、などです。

IMG_3590

 

IMG_3588

実際に見てみると、本当に綺麗なブルーのフレームをしています。



約一年間使用して見て、感じることは、ダウンチューブの見た目以上にいい意味で普通の乗り味であり、とにかく堅く、ライダーのスタビリティを要求されるフレームだと感じています。


特に下りの加速では、そのスピードにアドバンテージに感じる事が多いので、少しずつ自分の下りに対して抱いていた苦手意識も少なくなってきました。


2018年の新モデル「One」からは、問題も多かったリアブレーキの位置もBB下から、バックステイに移されて、より欠点らしい部分も少なくなってきました。(あと数百グラム軽く作ってもらえれば登りも楽になりそうです)

 

DSC00446


誰にでも気軽にお勧めできるフレームではありませんが、練習した分だけ早く走れる、自転車より自分の能力が足りていないと実感できる、いいバイクです。

まだこのバイクを使ったロードレースでは未勝利のため、このまま引退させるわけにもいかないので、今年中の勝利を目指しながら、これからもトレーニングを重ねていきます。


以下のURLもぜひご参照ください。


Factor Bikes (本国ホームページ)

https://factorbikes.com

トライスポーツ(日本代理店)

http://www.trisports.jp

 

最後になりましたが、自転車をご提供いただきましたトライスポーツ様をはじめ、

組み上げに際してご協力をいただきました

横浜・磯子区のPedalist

日頃よりメンテナンス全般をお願いしております茨城県・つくば市のHi-Bike

この場を借りて、多大なるご支援に御礼申し上げます。


Cafe ride

日本では、まもなくゴールデンウィークを迎えますが、
遠征も日本を出発してから2週間が経ち、2回目の週末がやってきました。

スペイン・バレンシア南部の町でキャンプを続けていますが、
周りには、見渡す限りのオレンジ畑と起伏に富んだ山々がたくさんあり、
天候にも恵まれて、素晴らしい環境の中で練習ができています(オレンジは手が届くほど近くにあります)

IMG_3172

そんなキャンプも練習の日ばかりでなく、疲れが溜まった日に回復走もしています。
今日は、トレーニングの話から逸れて、主にカフェの話になります。

IMG_3205

2回目のリカバリーライドのとき、注文したカプチーノはホイップがたくさん乗せられていたので、
隣に座っていた中村(愛花)選手に差し上げました 。。
国によってメニューや種類が違うことも時々あります。(空港のアラビックコーヒーは美味しくなかった)

IMG_3236

その次に訪れたカフェでは、自転車選手のサインやユニフォームがたくさん飾られており、
たくさんのサインの中に、自分たちも柱にスペースをいただき、書かせてもらいました。
 
こうして自転車選手は、しばしば目的地にカフェを選ぶことが多いのですが、
ベンディゴマディソンでペアを組んだNickは、無類のコーヒー好きでした。

IMG_2898

夜のレースが終わって、明日はゆっくり起きようか、なんて考えていると
「明日は8時に町の外れのロータリーに集まって、イージーライドにいこう!」
と笑顔で誘ってくる自分に断る勇気はなく、いつもの時間に起床させられていました。苦笑

それから毎日、レースが続いていても彼は熱心にライドに誘ってくれ、
「そんなに疲れているなら家の前まで迎えに行くから、一緒に乗ろう!」と
本当に迎えにきてくれたりもしました。もちろんライドの後はコーヒーもセットで。

おかげで、レース前の打ち合わせも含めて、自転車のことや、プライベートなことなど、
たくさんのことを聞いたり、逆に伝えることができる機会をもらえました。

来年、また彼に会った時には必ずストロング・ラテをご馳走してくれるはず。

 IMG_3278

IMG_1233

疲れているときは一日中ベッドの上で過ごすのがいいと言う人もいるし、
海や綺麗な景色を見に行くのが好きな人もいて、リフレッシュする方法には決まりなんてなくて、
ただ、海外にいる人たちの方が少しだけアクティブな方が好きなのかなと感じています。


日々のトレーニングも精一杯頑張って、
次のリカバリーの日には、新しい発見を求めて、近辺の町を散策してみたいと思います。
 

プロフィール

新村 穣(しんむら みのり)
生年月日:1993年10月16日
出身地:神奈川県横浜市
身長 :177cm
体重:75kg


Minori Shimmura
Age23
Track endurance cyclist

■Youtube


記事検索
ギャラリー
  • ツール・ド・熊野に参加して
  • ツール・ド・熊野に参加して
  • ツール・ド・熊野に参加して
  • ツール・ド・熊野に参加して
  • ツール・ド・熊野に参加して
  • ツール・ド・熊野に参加して
  • ライブドアブログ