みのりエコノミクス

個人投資歴15年以上。金融市場・経済について考えます。豊かな社会になりますように。since 2012


2017年06月

先般より報道されているとおり、2017/6/1に、NYダウにおいて売りサイン「ヒンデンブルグ・オーメン(Hindenburg Omen)」が点灯しました。市場に不気味な雰囲気が漂っています。


▼ヒンデンブルグ・オーメンとは?

「ヒンデンブルグ・オーメン」点灯の条件は、以下の4つを満たすことです。
 1:対象指数が50営業日前の水準を上回っている
 2:対象市場において、52週高値更新銘柄数と52週安値更新銘柄数の両方が、値上がり銘柄数と値下がり銘柄数の合計の2.8%以上ある
 3:対象市場において、52週高値更新銘柄数が52週安値更新銘柄数の2倍を超えない
 4:短期的な騰落を表すテクニカル指標である「クラレンオキシレーター」がマイナスになっている

「ヒンデンブルグ・オーメン」が点灯すると、40営業日(約2カ月弱)の間、以下が発生するといわれています。
・77%の確率で株価が5%以上下落
・41%の確率でパニック売りが発生
・24%の確率で重大なクラッシュが発生


この売りサイン、前回は2015年6月中旬に点灯しました。このとき
NYダウは、2015年8月にかけておよそ15%も暴落しました。
下記のチャートを見るとわかる通り、2013年後半からおよそ2年かけて達成した2000ドルの上昇を、一気に吐き出した形になっています。


▼NYダウの過去5年チャート
ダウンロード



現在、米国ではトランプの弾劾が取り沙汰されています。NYダウ(および世界の多くの株式市場)は、トランプ政権誕生により2016年11月から大きく上昇してきています。ひょっとすると、今年夏まで間に、その上昇分をすべて帳消しするようなクラッシュが起きるかもしれません。

私もしばらくインデックス運用(ほぼ米国株に連動)は増やさず、その分、大勢の影響を受けない市場(例えば仮想通過や国内小型株など)に資金を回しておこうと思っています。

a0002_011970

当ブログ、久々の投稿です。

神戸港でヒアリやアカカミアリなどが見つかって大きく報道されています。ヒアリは強い毒があり攻撃的なアリで、アカカミアリも毒は弱いものの危険なアリです。


2014年に起こった、代々木公園周辺のデング熱騒動も記憶に新しいです。

騒動をきっかけにして、自治体などによる蚊の調査が箇所で行われたり、駅のポスターなどで蚊の対策(水たまりを作らないなど)の啓発活動も行われるようになりました。

その頃から、殺虫剤・防虫剤の市場が注目されており、代表的な銘柄が上昇しています。害虫の意識は高まっており、今後も殺虫剤・防虫剤の市場は注目されると思います。


殺虫剤・防虫剤の分野で代表的な企業は以下です。


・アース製薬
大塚製薬グループで、「アースジェット」「ノーマット」などが有名な業界首位企業です。
4985


・フマキラー
「ベープ」や「蚊とり線香」などが有名な老舗です。
4998


・アサンテ
シロアリ防除のNo1企業。家庭への訪問調査、施行、アフターサービスまで一括提案。
ダウンロード


・ライオン
くん煙型ゴキブリ対策の定番「バルサン」を販売。
ダウンロード (1)

このページのトップヘ