ブログネタ
米国経済 に参加中!
先日、日経平均株価やドル/円のシーズナリティをまとめました。

日本株を考えるには米国株も必須なので、米国株・・特にNYダウのシーズナリティについてもまとめておきたいと思います。

前回と全く同様の手法で、1992年~2012年の期間において、各月末日の値が1月からどの程度変化したかを調べ、その平均を取りました。結果は以下の通りです。
aa


年間で8%以上の上昇を示しているあたりはさすが米国株です。月別に見ると、最も良い月は4月で、2.7%も上昇します。もっとも悪いのはやはり9月で、0.9%の下落となっています。

米国株を買うなら9月、売却するなら4月や12月にしておくと、パフォーマンスが向上しやすいことがわかります。