日経平均は高度経済成長期以来、57年ぶりの14連騰。

とはいえ上昇率は5%程度のため、極端な過熱感は感じられません。初夏にはヒンデンブルグ・オーメンの点灯、最近では北朝鮮情勢など、いろいろな懸念がありましたが、春頃と比較して着実に上昇を遂げています。


チャート画像



NT倍率はやや上昇気味ですが、値は12.4程度と、まだ過熱感はありません。

php



22日の衆院選は自民党圧勝が濃厚ですが、どの程度の議席を確保するかで株価への影響が分かれそうです。