2007年12月25日

最近感動がないないと思っていたら、冷めている自分のせいだと気付きました。

感動はいっぱいあります。


今年なが〜く、ブログを更新しませんでした。

忘れてた(笑)


最近、人間の内部と宇宙とのつながりに興味を持って、あれこれと学習しました。
それもこれも、春ごろに出会ったある映像、9月ごろに出会ったある本の影響です。

『ザ・シークレット』


生きること・夢を持つこと・引き寄せること


今後は、テーマを決めて小難しいゴタクを並べていきます。


(15:27)

2007年03月16日

先日、mixiでも話題になっている『億万長者専門学校』の1Dayに参加してきました〜。
ちょうど先月、動けない時にアマゾンで本を買いました。

一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える



本田健さんが訳して解説入れているアンソニーロビンズの本です。
世界NO.1カリスマコーチと言われている人の本を『ユダヤ人大富豪の教え』の本田健さんが解説しているだけあって、内容はとても面白く≪なるほど≫が満載でした。

脳が行動を決めて、うまくいくほうの選択をするようになることはいろんな人の講演でも聞いてきましたが、まさにそれを体験をもとに解説しています。しかもうまくいくほうへ導いているのが、アンソニーロビンズのコーチングです。

クリントン前大統領や、アンドレアガシ、クインシージョーンズ、故ダイアナ元妃など各界の超一流の人たち、錚々たるメンバーが、アンソニーロビンズ(トニー)のクライアントとして名前を連ねているくらいすごい人。

『億万長者専門学校』の講師は、クリス岡崎。彼はそのアンソニーロビンズの日本で唯一のプラチナパートナーで、アンソニーのメソッドをすべて会得している人でした。

セミナーの内容は、筆記して頭で覚えるというより、体験して体にしみこませる内容なので、楽しくワクワクしっぱなしの8時間でした。

人生の中で、考え方に共感してあこがれる人は何人もいると思いますが、本当の意味で影響を受ける人は少ないと思います。
一時の憧れは、忘れてしまいます。

間違いなくクリス岡崎さんは、影響を受ける人の一人です。

『成功者』はまぐれで一回だけ、たまたまうまく行ったことがある人ではなく、どんな状態になってもまた成功することができる人。
宝くじで1億円以上当たった人のほとんどは、破産していると聞きます。
脳が失敗脳・貧乏脳のままだからですよ。
神様もいたずら好きなのか?

『失敗脳』を『成功脳』に置き換えるまで、クリス岡崎さんの魔力に漬かって見ようと思います。G1エグゼクティブコースにも参加を決めました!

パワーボキャブラリー(^_-)-☆
4月2日も友人を誘って参加しよう。


(02:08)

2007年02月26日

「ストップ・ザ・温暖化」
今年の冬は暖かいですね。

僕は地震が大嫌い。だから地震がおきない国に移住する夢があります。
でも、地球温暖化が原因でとんでもないことがおこるかもしれません。

いつだったか忘れましたが『デイ・アフター・トゥモロー』という映画を見て、温暖化がすすむと氷河期が来る?ということに驚かされました。
現在の科学者たちの研究では、実際にそういった説もあるらしいです。

アマゾンで『不都合な真実』という本を買いました。
元アメリカ副大統領のアル・ゴアが書いた本です。
ムービーも劇場公開しているので、ちょっとした話題になっています。

あるところでは干ばつ、あるところでは大洪水。観測史上最大級のハリケーンが毎年更新されたり、永久凍土が溶けて建造物が傾いたり。。。
一昨年、愛知万博にて展示されたマンモスの頭部、あれも温暖化によって氷河の中から出てきたものでした。

アル・ゴア氏のメッセージには、考えさせられます。
『あなたにも、すぐできる10の事』
1.省エネルギー型の電化製品や電球に交換しましょう。
2.停車中はエンジンを切り。エコ・ドライブしましょう。
3.リサイクル製品を積極的に利用しましょう。
4・タイヤの空気圧をチェックしましょう。
  燃費基準を上げれば、無駄なエネルギー消費を防げます。
5.こまめに蛇口をしめましょう。
  水道の送水に使用されるエネルギーを削減することができます。
6・過剰包装、レジ袋を断りましょう。買い物はリサイクル・エコ・バッグを使いましょう。
7.エアコンの設定温度を変えて冷暖房のエネルギー削減をしましょう。
8.たくさんの木を植えましょう。
  1本の木はその育成中に1t以上の二酸化炭素を吸収することができます。
9.環境危機についてもっと学びましょう。そして学んだ知識を行動に移しましょう。
10.映画『不都合な真実』を見て地球の危機について知り、友達に勧めましょう。

他人事と思えば他人事です。
少しずつ具体的に、モラルがルールになってきました。

地球の未来は俺が救う!
とまでは思えませんが、これからは、週末はエコドームに行ってごみ分別廃棄をしようと誓いました。
不都合な真実


(13:05)

2007年02月14日

右足首、痛い。

21年前、大学スキークラブのトレーニングで右足首くるぶしの間接を骨折しました。

13年前、勤務先のソフトボール部の練習試合でサードの守備、クロスプレーで右足首重度の捻挫。

5年前、蜂窩織炎になりました。


昨日、朝起きると足が痛い!
というより、寝る前から違和感があった。
午前中はかばいながら動くことができたが、午後になると動けないくらい痛い。
休日診療所にいくと、ここでは検査ができないのでとあちこちの病院に電話してもらい、日進おりど病院を紹介されました。
ここでも専門医がいないため検査ができないので、痛み止め(飲み薬)を飲んで明日来てくださいと言われた。

ちょっとおかしくないか?
休日診療所からの電話で受け入れといて専門医がいないから明日来てくださいって、
それなら最初から受け入れるな!
こんな処置で診察料とか取るわけ?
明日だったら、こんな病院来ない!と(文句ではない)自分の気持ちを荒げに伝え、
責任もって、今日専門医がいる病院を探せ!
紹介状書いてくれ!
救急車呼べ!
といくつかお願い(言葉は荒いがあくまでもお願いです)すると、名古屋記念病院を紹介してもらいました。

そ、その病院は昨年、急性虫垂炎を悪化させて腹膜炎の疑いで手術したところだ、10センチも切って4時間半の大手術。2週間の入院、退院前に抜糸し、その夜バラエティー番組をみて大笑いしたら、傷口が開いてもう一回縫いに行った。。。という思い出深いところです。

おりど病院から紹介状を書いてもらい、救急車ではなく家内の車で移動。おりど病院からは、お金は結構ですと言われた。。。

名古屋記念病院では、レントゲン、血液、リンパなどの検査。
出た結論は、『痛風だと思われる』

思われるってどういうこと?

尿酸値が基準値(3.0〜7.0)の範囲でも、極まれに痛風になるケースがあるらしい。
ちなみに僕は7.8でした。

痛風の専門医の予約(15日9:00)を入れて家に帰りました。

赤くはれてはいないので蜂窩織炎では無いだろうと言われましたが、今は赤くはれているんだけどなぁ。。。

動けないのは退屈です。



(01:11)

2007年02月09日

というと変な感じですね。
昨日、最後の挨拶に会社行ってきました。
挨拶といっても、数名。
会議や出張でほとんどの人が不在。
本社と同じ区内に営業所があるのですが、そこには2月14日に行こうかな?チョコもらいに(笑
工場には問題児がいるので行くのを止めます。

今日も6時30分に起きて、いつもどおりのスタート。
8時30分からは、スーツではなく水着に着替えてマンション内のプールで泳いできました。

11時30分からは、大学時代のスキー部の後輩とランチです。彼は、雑居ビルのオーナーで家賃収入が入るうらやましい人です。
15時からは、以前同じ会社にいて10年ほど前に退社した同年の子に会ってお茶します。久しぶりに会うのでお互いの近況報告などを。
夜は、仲がよかった美容室オーナーと食事。その美容室の入社式に毎年呼ばれているので今年もそのつもりでした。
が、急遽会社辞めちゃったのでどうしようかと思っていたら昨日電話があって、僕との付き合いは会社絡みだけではないので、オーナー友人として出席して祝辞をのべてくれと言われました。
うれしいですね。

退社したS社からは、僕の変わりに社長のI氏が出席するみたいなので、とっても複雑です。というか楽しみです。へへへ。

さっきから携帯にメールが入りっぱなし。ほとんどが前職のお客さん。昨日、会社から貸与されていた携帯を返したので、プライベート携帯から番号・メアド変更の連絡をしました。
急なことで皆さん心配して連絡をくれます。

うぅぅぅぅ、退職金を全額受け取るまでは本当のことは言えないぃぃぃ。(笑)

時間を作って、お世話になったいろんな方々に挨拶に行きます。
もちろん大好きな北海道や福井・金沢(石川)・富山からいきますが、沖縄・熊本・福岡・広島・岡山・愛媛・香川・徳島・和歌山・兵庫・大阪・京都・滋賀・岐阜・静岡・新潟・宮城・岩手・青森…半年くらいかかりそうだな。。。

東京には、隔週くらいのペースで行きます。


VIVA!


(10:02)

2007年02月08日

INDEPENDENCE DAY
退職します〜(^.^)/~~~

2月15日付ですが、17年間お世話になった会社を卒業し社会に出て行きます。
卒業というよりは、辞めてやったという感じですが。。。

決めてから退職までの期間が非常に短いのは異例ですが、会社は僕を悪者扱いにすることは見えています。すでにあること無いこと言われまくりで。

背中を押していただいたいい機会と捕らえて気持ち的には感謝しています。

顧客や現場を無視した新幹部のやり方に納得できないものを感じ始めたのがいつのころか忘れましたが、社内にいるときこそやりがいがなくなるので、出張に行ってばかりいました。

思い出した!
前にいた会社を辞めたのも、同族会社でやりがいが無かったからだ!
この会社を選んだのも『社員の能力が活かしきれなかったり、遠慮がでて風通しが悪くなるので、同族は一切入れない。』ということだったので入ったのに。
(社内結婚と同時にどちらかが辞めなければならない)
創業者が交通事故で亡くなってから、社外にいた親族が乗り込んできて取られちゃいました。。。いまや完全世襲制です。

新しいことは、すでに始めているので本業としてやり続けます。

(23:29)

2007年01月30日

富山市内から見る立山です。
昨日は雨で見ることができませんでした。
『明日は晴れますように!』って願った結果・・・

写真用に晴れました〜(^^)v
願いはかなう!
ラッキーというか、願った僕の勝ち!!

いいなぁ、こんな自然が残っているところに住んでいると心も豊かになるだろうなぁ。

2枚目の写真。
御存知ですか?
コレを導入しているホテルは増えているようです。
富山のエクセルホテル東急で撮りました。
ホテルからは一日にとてつもない量のアメニティー関係のごみが出るようです。
環境に悪いそうです。
僕は、常に自分用を持っていくので、ホテルにあるものは使いません。

でも本当に環境を語ったら、歯ブラシやひげそりの不燃ごみけいが問題じゃなくて、化学薬品をフンダンに使った、シャンプーや化粧品に問題があるんだよね。

怖い話です。。。
言えない。。。

これでいいのかなぁ。。。

富山ホテル

(00:56)

2007年01月25日

皆さんにも将来に対する夢や希望があると思います。もちろん僕にもあります。

今日は先日会った23歳の女性の話。
出会いは、某市の繁華街の飲み屋。
動きがてきぱきしてて見てて気持ちが良い。
全身で笑い、フリをつけて話す。
一生懸命人の話を聞いて、首が落ちるくらいうなづいている。
彼女が行くテーブルは明るくなります。
接客する姿は生き生きしていました。

帰り際に彼女が、『さっきの生年月日の占い(占いではない!)もっと知りたいんですが・・・』
知りたい人の生年月日をメールで送ってと名刺を渡したら、翌日、電話がありました。

僕も時間があったのとお互い近くにいたこともあり、お茶しましょうと某航空会社系ホテルのロビーでお茶しながらいろんなことを聞きました。

昼間は歯科助手、夜は飲み屋(なんと1時まで)一日実働15時間、ほぼ毎日。会ったその日は偶然、勤務先の歯科医院が午後休診で夕方まで暇だったらしい。

素質論だけではなくいろんな話をしてなぜそんなに働くのか?何かやりたい夢があるのか?聞いてみた。
2年前に、当時付き合っていた彼氏(?)が勤務先でトラブルに巻き込まれて1000万円の損失補填をしなくてはいけなくなったとかで、お金貸してと頼まれたらしい。
サラ金などで借りまくって貯金も合わせて800万くらい集められて貸したら、翌日からドロン。

詐欺。。。

親に相談して、金利が安い銀行から借りてサラ金には返済。まだ銀行には400万位の借金が残っていると。月に20万の返済。

そんな彼女が自分の夢の話をし始めたら止まらない。
明るく元気よく、海外に住みたい。家は小さくても庭は広くてプールが有って、塀は茨で、朝日が昇るのが見える家。車は2台。旦那さんと年が離れた子供が2人。
年に一回は1週間以上の長期の家族旅行をする。などなど。

借金を返し終わったらすぐ英会話学校に行く計画をしている。

夢の話をしてる時の彼女はとっても輝いていました。
素質論CANCODEは、888-789-024
頑張って早く借金を返してしまったら、夢の実現にまっしぐらという感じです。
そんな彼女に解決法の一つを提案して僕の師匠が書いた『ごきげん成幸力』という本をプレゼントしました。

頑張っている人は応援したくなります。

僕にとっても彼女の明るさが勇気付けになったし、彼女にとっても僕とのティータイムが人生を左右する出来事になって欲しいと思いながら。


(20:50)

2007年01月06日

若いうちの苦労は買ってでもしろ!
とはよく言ったもので。

楽はたのしいという字を書きますが、現代において『らく』=『たのしい』とはならないような気がします。

今年43歳になります。
最近思うことがあります。
今まで海外を含めていろんなところに行ってきました。その都度、『お金に余裕があれば・・・』なんて感じました。

社会人になって間もなく、切り詰めて海外に行ったことがあります。その時今のような(決して多いという意味ではありません、念のため)収入があり、自由になるお金があれば、切り詰め旅行ではなくて、もっと違う体験ができたと思います。

若手社員を見てて思うのですが、彼らが若いうちに海外に長期滞在したり、ラグジュアリーなサービスを体験したりすることができたら、その後の人生に大きな影響があると感じます。

勝組スパイラルとはよく言ったもので、自己投資を積み重ねて勝組の軌道に乗ることです。
若いときこそ自分のためにお金を使う必要があるのに、若いうちは給料が少ないというのも問題だと感じます。

働いた対価で考えると明らかに、現場で飛び回っている若手のほうが分が悪い。

特に日本の会社は上が搾取しているところが多いと感じてしまうのは私だけでしょうか?
自ら選んでいるかどうかは別として、僕も搾取(貰い過ぎ)側になるんでしょうね。

それに気づく時期が早ければ早いだけ、選択肢は増えますよね。
うらやましいとは思いますが、僕も今年はチャレンジの年です。
実は自分では43歳が年だ(遅い)とは思ってなかったりします。

本年もよろしくお願いします。


(10:20)

2006年12月29日

クリスマスが過ぎて2006年ファイナルに秒読み段階となってきましたが、いかがお過ごしですか?

携帯にメリクリメールをいただいたかと思えば、来年もよろしくメールをいただいて、あと少ししたらアケオメメールです。
便利な世の中になったなぁとオジンくさいことを思いつつ、アナログが逆に新しいと感じることがありました。

年末の贈り物といえばお歳暮ですが、ほとんど○越とか○坂屋、大○・・・などの百貨店から品物が送られてきますが、あるところから送られてきたものに驚きました。

品物はその地の特産品(とってもおいしいりんごジュース)でしたが一緒に色紙が入っていました。
従業員さん達からのお礼のメッセージが書かれていました。全員が自分のプリクラシールを貼ってメッセージを書いてくれていました。

感動です。

商取引の立場から言えばこちら側が“ありがとうの気持ち”を示さなければならないはずなのに。

こういうサプライズは大好きな人間です。
でもサプライズさせる方が好きで、されると“やられた”って感じになります。

何かの時に、この方法を使おうと思います。
このリレーションで、サービス業の顧客満足度UPの手法が広まり、充実度が増していくんだろうなぁ。


(00:43)