2005年04月12日

2005.04月 NO.21
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Minority‐Report 2005年4月号
さくら、さくら、今舞い上がる種々の花粉
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今年は花粉症に人にとって大変な年です。以前からニュースで何度となく言われていましたが、花粉症じゃない人は他人事だったはず・・・
ところが、新たに発症する人が増えているようですね。僕の周りでも何人かがマスクマンに新加入しました。予防のためにという人もいます。
ゴルフをする人で花粉症の人は、この時期辛いでしょうね。
先日アレルギー反応のパッチテストをしてもらいました。
僕は、カビとスギ花粉にアレルギーが出ます。
おかげさまで仕事はアレルゲンになっていないようです。


慣れというのは、人間関係をおかしくしたり、失客につながったりします。
先日、スキーに行きました。その宿は、僕が学生時代にスキー学校の講師をしていた時に居候していた旅館で、もう20年以上の付き合いになります。
まるで血縁関係でもあるかのごとく振舞ってきました。僕も向こうもお互いに何の問題もなく。

一泊二食6000円(通常は9000円)で泊めてもらえたり、雪かきやスキー場までのお客さんの送迎バスの運転を手伝ったりしたときは、『宿泊代はいいよ』とか言ってただで泊めてもらったりしたこともあります。
僕も友人を紹介したり、毎年必ずそこで新年を迎えたりと実家に帰るような気分で
いました。その息子さんたちとも良く遊んでいました。

そんな居候OBもたくさんいたし、僕もその人たちと宿で出会えば、若かりし頃(今も若いですが・・・)の話で盛りあがったりしていました。
いつしか、そういった居候OB達と会わなくなりました。その旅館に来なくなったようです。同時に気になったのは、旅館の客数が全体的に減ってきていることでした。

先日、スキー場のレストハウスで『居候OB』の一人と偶然出会いました。話を聞いたら、「もう、あの宿には行かない」と言われました。同じスキー場に来ているにも関わらず、20年以上の間、毎年5〜6回は泊まっていた常連の人が、もう行かないと言うのです。
よくよく話を聞いてみると常連客扱いが雑になってきたことの積み重ねのようです。と言っても特別扱いを望んでいるわけではないのです。

今、白馬方面の旅館や民宿は大変です。宿泊客不足で営業できなくなるところもあるようです。高速道路が充実して名古屋や大阪からも日帰りで来る人が増えました。
宿側も新規のお客さんを増やすのに必死です。土曜日などはスキー場の駐車場でチラシを止めてある車のワイパーにはさんだり、ハンティングしたりしています。
『本日、1泊(2食付き)3900円』とか『夕食&入浴2500円、23時まで部屋用意、仮眠可』

電話予約して9000円払って泊まっているお客さんからすれば、当日いきなり3900円で泊まって、なおかつ新規なので宿からも手厚いもてなし?を受けているのを見ると、どっちが大事?ってことになるのでしょう。かくいう僕もここ数年、部屋に茶菓子が用意されたことはありません。

ビジネスホテルなどでは、当日割引で空室を安価で売り出すことで稼働率を上げロスを減らす工夫をしているところはあります。それを真似たのでしょうか?
このスキー宿は、新規客が増えているようで、実は少しずつお客さんを減らしているのです。

先日良く似たことがありました。
(ここから美容に関して)
僕は日進駅の近くに住んでいますが、周りには美容室がたくさんあります。良くポスティングのチラシも入っています。4月になって異動の季節ということもあり特に多いのかもしれません。その中のあるチラシに目を奪われました。
『カット50%OFF』(新規のお客さまに限ります)
えっ?
まだ、こんなことを言っている(やっている)のですか・・・
既存のお客さまには、リピートしていただくことに慣れちゃってるのでしょうか?考えられませんよね。
スキー宿の事例では、僕たち既存客は車を宿の駐車場に止めてあるのであのようなチラシを見る機会はほとんどありません。ところがポスティングのチラシは、既存客の家のポストにも配られているのです。
このチラシで新規来店はあると思います。でも同時に少しずつ大切なリピーターを減らしていることになっているのです。

スキー場の旅館に関しては、来シーズンに向けて手助けしてあげたいと考えています。
同様に美容室に関しても手助けしてあげたいのですが、その美容室とはまだご縁がありません。知り合いでもお客でもない僕がいきなりダメ出ししたところで聞く耳持たず。美容業は最高のサービス業だと認識しているだけに歯がゆいものがあります。


(13:42)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by イクタ   2005年04月12日 23:47
う〜ん、なるほど、考えちゃう内容ですね。

僕のお客様で、既存客へのアピールにフリーペーパー(ホットペッパーみたいなを利用しているサロンがあります。
普通、フリーペーパーって新規客集めのツールと考える場合って多くないですか?

実は、既存客の方々にもけっこう使えるんですよね〜!
(記事内容自体、既存客向けにすると、効果がわかりやすいんです)

※今回の記事、非常に参考になりましたので、僕のブログでも紹介させて下さい!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔