January 21, 2014

しりょくりのさん 番外編

参考になるかどうかわかりませんが。





用意するもの:
Waves SSL4000 Collection
Waves H-EQ
Waves Vocal Rider
Sonnox Oxford Dynamics
Sonnox Oxford Reverb



46














































SSLはアナログ質感を付けるためとハイパスだけに使ってます。
細かいこと考えずにインプットレベル調整してハイパスを200Hzまで入れてください。
以上。






00



































次にダイナミクス系ー。すべてSonnox Oxford Dynamicsでまとめてます。
最初にゲートの設定なんですが、アタック&リリースを最短にしてスレッショルドをじわじわ下げていきます。
うまいことバックグラウンドのヒスノイズだけ引っかかったらそこでおしまい。
ボーカルのノイズは目立ちやすいので基本的に波形を手切りしたほうがいいです。
ゲートに預けると悲惨なことになります。













09


































次にコンプセクション。
レシオ4:1、アタック最短、リリースは100msぐらいから始めるといいかと思います。
まともにダイナミックレンジを使った録音だとだいたいスレッショルドが-20dbぐらいで落ち着くのですが、
ソフトニー特性でかける時なんかはもうちょっと深めにとってもいいと思います。
ブレスが目立つぐらいだとかけ過ぎかなと。




16




















23












































クリッピング防止にリミッター入れてます。適当でいいです。
フェーダーワークの都合とかで0db超えたくない人は0dbで。
基本リミッター引っかかりたくないって人は+6dbで。
Warmthセクションは両方とも全開です。アナログっぽく太くなるのでオススメ。
















33





































イコライザー。略してEQ。
H-EQはスペアナ見ながら音作りできるので便利ですね。
不要な低域はここでもカット。ハイパスだったらなんでもいいですがQを鋭くしすぎてリップルを起こさないように。
あとは好みの問題です。最初は削るほうから始めるとやりやすいかと。
オケを聞きながらぶつかってるポイント削ったり、マイクの特性で変に出っ張ってるポイント削ったり。
その後ヌケや艶を司るミッド〜ハイミッドを作っていきます。
太さ=700Hz、艶=1KHz、ヌケ=2KHz〜4KHz、輝き感=8KHz〜10KHz みたいな。
12KHz以上が耳障りだったらローパス入れて切ってしまってもいいと思います。
アナログコントロールは適当に、好みの質感になるように。上げ過ぎると歪むから気をつけてね。








54





































リバーブでっす。Sonnox使いました。
「歌ってみた」で何を基準にしてリバーブを作るかというと、
これはもうスネアドラムorピアノです。こいつらにかかってるリバーブになるべく近い質感にしてあげると
いい感じに声が馴染みます。
個人的にアーリーリフレクションは使いません。テール側に振り切ってます。
後述するディレイの絡みでちょっとサイズ上げてますが、ここはお好みで。
リバーブタイムは曲のテンポに合わせて、速い曲では1以下に、ミドルテンポで1〜1.5、
バラードなどでは1.8〜2秒ぐらいにしてます。
密度とか広がりとかはむやみに上げ過ぎるとペラい質感になるのでほどほどに。
わかんなかったら触らなくていいです。
んで最後にEQでちょろちょろっと補正して終わり。
Logicの人はAUXをポストパン送りにしてくださいね。理由は音聞いたら分かる。







02

























ディレイ。普通のディレイ。テンポシンクで4分音符と8分音符。
それぞれステレオで左右に振り切って、フィードバックはゼロ。これポイント。
ヘタにフィードバック上げると安いカラオケみたいになって大変にダサいです。





41








































最後、ライダーさん。
サビなどの一番声が大きなポイントにターゲット合わせて、
小さいところを持ち上げる感じの設定にしてます。モードはFastで。
オートメーション書いたら手で細かい所補正。あくまでも補助ツールとして使う。









出来上がった音源がこちらになります↓
[MIXし直してもらった]『シリョクケンサ』を歌ってみたver.りの葉








思うけどこれ絶対参考にならねぇ。



minstrel_nakahara at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 16, 2013

砂時計


BPM:70

Ebadd9/Fsus4/Ebadd9/Fsus4/F

Gm Eb
幾度となく繰り返す
F Bb F/A
重過ぎる歯車を抱いて
Gm Eb
ただ一つ忘れないのは
F Gm
ひだまりのような温もり

Ab Bb
絡んだ糸をほどくのは
Gm Cm7 Cm/Bb
気づくのが遅過ぎたせいで
Ab Bb Gm Cm
砂時計を逆にするより
Fm Gm Csus4 C
ずっと ずっと 難しい

EbM7 F
遠く出会った日々も
Dm Gm
遥か霞む夕焼けも
EbM7 F
すべて希望を無くすなら
Eb F Gm
違う二人で辿りたい

Gm/Eb/Bb/F/
Gm/Eb/F/F


悪い夢と思いたい
軽過ぎる覚悟の前で
ただ一つ守れないのは
わがままのような約束

目覚めた朝の風景は
柔らかな哀しみが満ちる
砂時計は流れ始める
今と過去を繋ぐように

光注ぐ街角も
風の流れる丘も
すべて色を無くすなら
Eb F Eb
違う世界巡りたい

Eb/F/Dm/Gm
Eb,F/Dm,Gm/Cm/D7

遠く出会った日々も
遥か霞む夕焼けも
すべて希望を無くすなら
違う二人で辿りたい

光注ぐ街角も
風の流れる丘も
すべて色を無くすなら
違う世界巡りたい

Eb F Eb
時間(とき)を戻したい

Ebadd9/Fsus4/Ebadd9/Fsus4/F
Ebadd9/Fsus4/Ebadd9/Fsus4/F/Ebaddd9

minstrel_nakahara at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

めりあちゃん歌詞添削

歌詞添削案続きを読む

minstrel_nakahara at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 01, 2013

よもや

またこのブログを更新する日が来るとはね。


なんというか、人生はうまくいかないことだらけです。


何かひとつぐらいうまくいってもいいんじゃないかと思うんだがね。
どうやら俺はそういうめぐり合わせの元には生まれて来なかったみたいで。
クソムシにはクソみたいな人生がお似合いということでしょうね。

今回の一件はさすがに心が折れたわ。
不甲斐ないし情けないし、協力してくれた人もたくさんいたのにこんな結果になってしまって
本当に申し訳なく思ってる。

みんながみんなが俺らがうまくいくようにって応援してくれてたのにね。
俺一人が勝手に突っ走ったせいで相手にも周りにも迷惑がかかってしまって。

もうね、本当に金輪際やめようと思った。諦めようと思った。

そりゃ人間生きてりゃそういう感情も芽生えるだろうが、
俺の場合は人の迷惑・不幸にしかならんことに改めて気付いたもんね。

だけんもう諦めます。懲りました。

相手も必死こいて俺のことかばってくれたんだけどね、
俺は25歳にもなって17歳の女子にここまで負担をかけてしまったのかと、苦しい思いをさせてしまったのかと、
好きな人にそんな思いをさせるぐらいなら最初っからこんな感情持って生まれてこらんかったらよかったのにと。

もういいよ。勘弁してよ。
今すぐ俺の脳味噌からこの感情を取り除いてよ。

人からなんて思われようと関係ないから、もう二度とこんな思いしなくてすむようにしてよ。



人生はうまくいかないことだらけです。

minstrel_nakahara at 15:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 16, 2012

ヴォーカルの音作り

リクエストをいただいたのでヴォーカルの音作りについて少し書かせていただこうと思います。



・コンプレッサ
まずはダイナミクス処理です。
録音時に付けられたダイナミクスを活かすよりも、まずレベルを均一化して、
ダイナミクスはフェーダーワークで「作る」ことを覚えましょう。
全体のレベルをならすためにまず
・レシオ→4:1
・アタック:最短(0.1ms程度)
・リリース:最短(0.5ms程度)
に設定して、GRメーターを見ながらピーク時に-6dbあたりまで振るようにスレッショルドを設定します。
この設定でかなり全体が均一化された音量となりますので、
まずはサビ部分など平均的に大きな音量の部分でカラオケとのバランスをとり、
その他の部分をフェーダーで補正してあげる形になります。



・イコライザ
ハイパスフィルタを150Hzから200Hz程度まで入れましょう。
ここにはヴォーカルに直接関係ない低音が入ってしまっていることが多く、
ミックスした時に変にヴォーカルだけ浮いて聞こえる原因になります。
いらないものはバッサリカットしてしまうのがコツです。

次にピークポイントの設定ですが、
男性ヴォーカルなら700Hz〜1KHz、
女性ヴォーカルなら1KHz〜2KHz
あたりにミドルのピークを持ってくると、
しっかりと主張のある、芯の太いヴォーカルになると思います。

もし声の抜けが悪い場合は、
700Hz〜800Hz付近をカットするか、8KHzをエキサイターを使ってブーストしてください。

逆に声が堅い場合、
2KHz〜4KHzのあたりを非常に狭いQで削ってみてください。

男性の場合4KHzから、女性の場合7KHzから上をシェルビングでブーストすると、
倍音の強調された派手な音になります。
パワフルなトラックにしたい場合はこのようにするといいでしょう。



・空間系
ディレイは左4分、右8分のステレオディレイ。
リバーブは曲に寄りますが、アッパーなやつではプレートリバーブ、
バラードではホールリバーブを使うことが多いです。
下手にリバーブの設定を作りこむよりは、リバーブの後ろにEQをかまして音作りしたほうが楽なんでオススメです。
リバーブ音を目立たせたい時は10KHzあたりをブースト、
ダークなリバーブにしたい時は7KHzから上をカットで。



・複数人のヴォーカルトラックをまとめる
バスを使ってヴォーカルをまとめます。
この時全部をひとまとめにするのではなく、
メイン、コーラス、その他…という風に、目立たせたい順番で分けるとミックスがやりやすいです。

ヴォーカルをまとめたバスにまずリミッター(マキシマイザー)を挿します。
特に音圧は稼がなくていいので、ピークを割らないための保護だと考えてください。

この状態で個別のヴォーカルトラックのバランスをとり、
音量の谷、山はバス側のフェーダーにオートメーションを書いて音量を整えます。

コーラストラックをまとめたバスは、
先ほどと同じ処理をした後、デヂューンかディメンジョン(無ければコーラス)をかけて、
ステレオイメージャーで左右に広げた後、
改めてメインヴォーカルとのバランスを取り直すといいでしょう。



・その他
あまりにも歯擦音が耳につく場合はディエッサーをかけることがあります。
大抵はプリセットがあるので適当に選べばOKですが、
もしプリセットが無かった場合、7.5KHzあたりをターゲットにして、
歯擦音が耳につかなくなるまで削ってください。

余計な音が混入していた場合、ノイズゲートを設定するよりも手作業で波形を切ったほうが早いです。




という感じですね。
最終的な音量バランスは
「歌詞がはっきりと聞き取れる」
程度の音量に収まることが多いです。

minstrel_nakahara at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 06, 2011

ライブ告知



8/13@松江AZTiC canova
『不滅の松江eurus!』

OPEN 15:30 / START 16:00
TICKET 前売¥500 / 当日¥50,000

【BAND】
ニンニク・アブラ(安城/多摩)
メンツ凄ぇコピバン(愛知/大阪)
ゴールドスロープ
QPERworld
とっととハメ太郎ズ
Girls Dead Creature
ぼすとん茶の湯会
THE DUMPLING
楓麟
overflows,
マルクス山田BAND
MISTY(愛知)


さてさて、来る8/13に島根県松江市は松江AZTiC canovaにて
Girls Dead Monsterのコピーバンド、Girls Dead Creatureでライブをしちゃいます。

上記の動画の通り、ガッツリひさ子さんのコスプレしてギター弾いちゃいます。
この衣装着るためだけに10kgもダイエットした程度に本気です。

当日券はリアルに5万円取られるので、来られる方は是非とも取り置きをお願いします。
ご連絡は←に載ってるメールアドレスかTwitterまでどうぞ。



軽くメンバー紹介:

Vo:イワタさん
元同僚。飲み会からのカラオケであまりにも歌が上手かったために
俺に捕まってしまった可哀想な人。
声質がリアルにユイにゃん。ちなみにこれが初ライブ。

Gt&Vo:パティシエなにゃんこぶんちゃん
ガーデンサラダのあの人。AB!知ってるバンドマンというだけで
メンバーに選ばれてしまった可哀想な人。
次回の飲み会の日程を早々に決めたい所である。

Ld Gt:俺
今回の戦犯。頭が可哀想な人。
生暖かい眼で見守っていただけると幸いです。

Bs:下モロ
LIKELYのあの人。下がモロな事に定評あり。
「ガルデモコピバンやりたいっすねぇー!」という冗談を俺が真に受けてしまったため、
バンドの発端扱いをされるという可哀想な人。

Dr:リサちゃん
某白昼夢のあの人。
全く関係ない所から引っ張り出されてきた一番の被害者。
弔ってあげてください。


そんなボコボコなバンドですががんばってます。
みなさま、是非とも8/13はcanovaへお越しください!

minstrel_nakahara at 11:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 

February 09, 2011

ドラムの音作り キック編

soundmake1


「キック編」とか書いちゃってるけど続くかどうかはさだかではありません。

生録に関してようやく自分なりの方法論がまとまってきたので備忘録代わりに書き出しておこうという魂胆ですね。

一枚目はMTRから各トラックをGarageBandに読み込んだ所。
上からキック、スネア、ハット、ハイタム、ロータム、フロアタム、オーバーヘッド左、オーバーヘッド右ですね。



ではキックのチャンネルに一通りエフェクタを立ち上げてみます。
soundmake2

こんな感じ。
DynamicsProsessorはゲートとして使ってます。
VariSaturatorはエキサイター的にかけてアタックを強調。
MatrixReverbで薄ーくアンビエンスを足して広がりを出してます。


soundmake3


何はともあれ、まずはゲートの設定です。

上二つはコンプレッサのパラメーターなのでこいつらは無視して、三番目と四番目がゲートのパラメーターなのでこいつらをいじくっていきます。
まずExpansion Ratioを最大値の50まで持ってきて、Thresholdをじわじわと0db方向に上げていきます。
そうするとうまいことキックの音だけを抜き出せる部分に当たるのですが、
大概の場合かかり具合が急峻過ぎて不自然な音になってるので、
今度はRatioをじわじわと下げていって違和感の無い部分を探ります。
いい感じの部分にぶち当たると画像のような中途半端なパラメーター設定になるのですな。


soundmake4


ゲートでキックの音だけを抜き出せたら、次はコンプレッサーをかけていきます。
レシオ(圧縮比)を4:1に、アタックは最速(0.1msか0.0ms)に設定して、
スレッショルド(しきい値)をちょうどいい所まで下げていきます。
GRメーターがついてるコンプの場合、メーターが振り切らない程度の限界で、
ついてない場合は耳を頼りに設定するしかないのですが、うまいことゲイントリムをピーク0dbで録っていると、
だいたい-25dbから-30dbの範囲で落ち着くことが多いです。
変なプチプチノイズが乗る時や、音に締まりがないときはアタックタイムを上げていきます。
0.3msから0.5msぐらいでだいたいは落ち着きますが、あえてペチペチな音を作る時は2.0msとかまで上げたりします。


soundmake5


次にEQです。
4バンドのパラメトリックEQがあれば十分音が作れます。
まず100Hzから下をシェルビングでざっくりと3db程度ブーストして、
2KHzから4KHzあたり(モノにもよりますが)のあたりで美味しいポイントを探してブーストします。
エキサイタを使う場合は8KHzまでピークをずらして、
スペアナで波形を確認しつつ割と豪快にブーストします。

次に250Hzから500Hzぐらいの範囲でボワついてるポイントを探してカットします。
あまり切りすぎると太さがなくなるのでこちらも10dbまでは行かない程度に留めておきます。

soundmake6


最後にアンビエンスを足します。
中程度のルームリバーブかプレートリバーブがいいです。
プリセットで適当に選んで20%から30%混ぜるだけ。

エキサイタは全体で混ぜてみて音抜けが悪い時に改めて使います。
8KHz付近をペチペチさせる設定がお気に入りです。



最後に、音作りの終わったトラックをソロで立ち上げ、
ピークLEDが点灯しない範囲でフェーダーを限界まで上げます。
この音量が全ての基準になります。


次回はスネアの音作りを書いてみようと思います。それでは。

minstrel_nakahara at 12:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 14, 2010

ゆいのう!

befec45d.jpgうはwwwwwwwwwwktkrwwwwwwwwww


minstrel_nakahara at 19:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

February 09, 2010

久しぶりにブログでも書くか

Twitterをご覧の皆様はご存知かもしれませんが、
音響屋やったり酒飲んだりと割と碌でもない日常を送っております。


13日には久しぶりにバンドでライブもします。
けいおんやっちゃいます。
しかもメンバーが俺(Gt)とベース以外現役JK。

うっはうはですね。

他にもアレンジやら作曲やらすることがたくさん舞い込んでます。
バイトがすごい勢いでシフト減らされてますがむしろ作業時間が増えるからこっちとしてはありがたい。

良い音作れるよう頑張ります。

minstrel_nakahara at 01:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 16, 2010

Twitter始めました

まぁ、大概の予想通りに。

http://twitter.com/min_nakahara
です。


べっ、別にFollowして欲しいわけじゃないんだからねっ!

minstrel_nakahara at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)


Counter

Profile
Recent Comments