黒猫 P のラーメン記

i261s_milk2                                       by ミントパパ                                                                                                                                                         偏屈ばかオヤジの妄想

数年に一度の筈だったのに



前回の寒波は「数年に一度の大寒波」と言っていた。
それなのに、またすぐ「最強の寒波」が襲来している。
数年に一度のが来たのだから、直後に最強寒波が来るのはおかしい。
寒波の表現が大袈裟なのに、それほど気温は下がらない。早い話が寒くない。
ただ降雪量が物凄い。
数年に一度の大寒波、最強の寒波との表現は間違っていると思う。
そんなに気温が下がらないから大雪になっている。
気象予報に携わっている人は間違っている。
物凄く寒いと降雪量は少なくなる。雪国の住人は経験則からそう理解している。

写真は雪の晴れ間、ハナミズキの街路樹に飛んで来たヒヨドリ。
DSCN5149






肺炎



またバーサンが肺炎で入院しました。
“また”と書いたのは、昨年もだったからです。
隣の一人暮らしのお婆ちゃんも肺炎で入院中です。
今日は急な入院でバタバタしていたので忘れていましたが、隣人も同じ病院です。
年寄りが行く病院は限られています。
10数年前、父親を退院と同時に我が家に連れて来て、紹介状を持って市立病院に行きました。
その時、医師に「年寄りは〇〇病院に行け」と言われた事は絶対に忘れません。

それ以降、年寄りは〇〇病院に連れて行っています。
どうせ今は市立病院も先進医療の病院ではなくなりました。
今、我が家の近くに新しい病院が建設中です。
去年の今頃、僕が入院して脱走した病院の分院です。
でも僕は苦い経験があるので、そこには行きたくありません。
結局、歳をとってから入院できる病院は極僅かです。

日本の今の医療制度では、年寄りはさっさと死んでしまったほうが良いのです。
しかし人間はそんなに簡単に死ねないようにできています。
だから僕たちはもっと年寄りになったら、どの病院に行けば良いのでしょうか。
病院には行かず、介護施設で静かに死んだ方が幸せなように感じます。

うみの杜水族館 (229) (900x656)





一年後



先ほどフェイスブックを開いたら、丁度1年前に投稿した写真が出てきたので、
1年後の写真を載せます。

昨年1月19日投稿の写真
12400953_569070849915869_3010944207818869802_n (900x836)



数年振りに家族が揃った今年の元旦の写真
P1019838 - コピー (900x900)







スポーツの怪我に対する考え方



先々週のテニスで、僕が打ったボールが女性の喉を直撃してしまいました。
僕らは男女混合でテニスを楽しんでいます。多分どこのテニスクラブも同じだろうと思います。
その女性は自分で運転して救急病院に行きました。凄く混んでいて随分時間が掛かったそうです。
結果、怪我は無かったそうですが、休日加算などもあり、診察料は通常より高額でした。
人間関係を悪化させたくないので、診察料は僕が負担しました。
その事で妻と考え方に相違があり、ちょっとだけ夫婦間で揉めました。
お金の事ではなく、前例を作らない方が良いと言うのが妻の意見です。
スポーツの怪我は不可抗力。基本が出来ていれば避けられた事態だったとの認識は共通しています。
正直に言うと、僕はあまり悪いと思っていません。
レッスンを受けるのは技術力向上の為だけではないと気付きました。
ちゃんと基本ができていると怪我もある程度防げると思います。
もし、その女性が正しい構え方をしていたら、ラケットでボールを防げたし、避ける事も可能だったと思うのです。
男性が打ったボールは女性のボールよりも速いのが一般的です。
だから打った僕も責任は感じます。それでお詫びも言いました。
避けられなかった相手が悪いとは申しません。
けど、やっぱり基本は大事だと思うのです。
ボールを当ててしまった僕も精神的に落ち込んでしまったし、当てられた女性は痛かっただろうし、お互いに気まずくなります。
だからスポーツの怪我は不可抗力と、みんなが割り切ってくれれば楽なのですが。
あ、逃げてますか?

写真は昨年真夏の試合の参加賞。僕はカランコエを選びました。
P8076331 (900x675)






学習できない男


雪国米沢に来て40年。そんなに住んでいたら、いい加減米沢の冬に慣れるはず。
ところが学習能力のない僕ですから、やっぱりダメなんですねぇ〜。

今日は今年最初のテニスレッスンの日でした。
師匠、コーチKさんの初心者コースのレッスンです。
経験年数だけ見れば、僕はベテランに分類されるでしょう。
しかし技術的には今でも初心者レベルです。
いや、自分ではそこそこ上手いと思っているのですが、試合結果を見ると、やっぱり初心者です。
それに初心者コースだと体力的に辛くないと言うか、コーチが気を使ってくれるもんでね。
僕と違う日にレッスンを受けている年上の僕の奥さんに聞くと、きつくないそうなんですが。

天気予報を見た人は早起きしたでしょう。
勿論僕だって天気予報は見ていました。
それでも雪国米沢の冬を舐めていたとしか言いようがありません。
起きたのは午前8時。それが間違いです。
以前はBSで朝ドラを見ていたのに、今は起きられません。
起床後、総合テレビで朝ドラを見て、その後外に出たら、ナント積雪量がハンパじゃありません。
今日は奥さんの今年最初のキルト教室の日でもあります。
なので駐車場の除雪をしなければなりません。
米沢でテニスをしている女性の多くは同感だと思うのですが、冬がこんなに厳しいとは思っていなかったでしょう。
だから僕たち亭主族は、雪が降ると奥さんに負い目を感じてしまいます。
米沢生まれ以外の奥さんたちは「騙された」と思っているでしょう。
なので除雪は男の仕事と思っています。
その点、米沢の女性は強いです。ホント感心します。
一方、僕らよそ者は、奥さんに「騙された」と言われないように頑張って除雪するしかありません。
その結果、早々に今日のテニスレッスンは諦めました。
自分のことより、キルト教室を楽しみにしているお年寄りの方々が大切です。
そんな理由で今日のレッスンは休みました。
連絡もしないでゴメンナサイ、コーチKさん。
水分が多い雪なんで、除雪機の働きが悪いからです。と、除雪機のせいにしておきます。

あ〜あ、早く春にならないかなぁー。
早春の花 (26) (900x676)





酉年につき 〜ゴシキセイガイインコ〜



ゴシキセイガイインコは僕が子供の頃から日本でも飼われています。
そのインコが、まさか街中で見られるとは思っていませんでした。
それにオーストラリアはセキセイインコとの思い込みが大きかったし。

写真はオーストラリアのゴールドコースト、サーファーズパラダイス地区の街路樹です。
高いビルが立ち並ぶストリートの街路樹にゴシキセイガイインコが巣を作っていました。
気付かない人が多いようですが、僕が熱心にカメラを向けているもんで、
同行の日本人が集まって来て見上げていました。
オーストラリア人には珍しくないでしょうが、中国人は興味がないようです。

望遠レンズは重いので持って行かなかったのが残念です。

写真、右端のビルが2泊した「ウォーターマークホテル」です。

オーストラリア (307) (900x640)


オーストラリア (303) (900x675)


オーストラリア (304) (900x675)


オーストラリア (305) (900x675)


オーストラリア (311) (900x677)


オーストラリア (312) (900x677)


オーストラリア (315) (900x676)


オーストラリア (317) (900x673)






現在の閲覧者数


アクセス数

livedoor プロフィール
Recent Comments
記事検索
Recent TrackBacks
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

累計は前のブログからの合計です

QRコード
QRコード