黒猫 P のラーメン記

i261s_milk2                                       by ミントパパ                                                                                                                                                         偏屈ばかオヤジの妄想

怒れるピエロ



南房総 (171) (900x626)


最初に気持ちの良い写真を載せてから書き始めます。

昨夜までは今日のテニスに行くのがとても気重でした。
昨夜は夕食も食べず、睡眠薬を飲んで6時半頃ベッドに入りました。
今は覚悟ができてスッキリです。

先日激しい言い合いをしたグループが隣のコートです。
顔を見たくありません。また怒りが込み上げるでしょう。

僕は怒りを糧として生きてきました。
国や自治体の政策に対する怒り、理不尽な事に対する怒り、その怒りが活力の源でした。
ところが今回はその怒りと戦う事ができません。
対個人となると怒りは封印せざるを得ないのです。

今日のテニスは励ましのメールをくれた大先輩も一緒です。
また、コーチKさんも僕のことを気遣ってくれていると妻に聞きました。(妻は昨日コーチにお会いしたそうです)
落ち込んでいる場合じゃありません。

それに土曜日は僕のクラブの合宿があります。
天候が心配ですが、とても楽しみです。
僕のクラブにはトラブルは一切ありません。
いや、トラブルの種は発生します。それはクラブ員には持ち込まず、僕が処理しています。
我がクラブには会長も代表者も居ません。そんな階級みたいなものは作りません。
勝手に就任した事務局の僕がワンマン体制で庶務仕事を引き受け、クラブ員には面倒を持ち込まないようにしています。
自我が強い僕ですから昔は考えられなかったことですが、年齢を重ねた今はピエロを演じています。
笑わせ役です。笑ってもらえるヨロコビを知りました。

のめり込む性格なので趣味にもストイックになります。
どうしても趣味に対して厳しくなります。
たまに入ってくる新人は、そんな体質と合わないのか辞める人も出てきます。
でもそれで良いと思っています。僕が作ったワンマンクラブです。
その代わり、皆さんには楽しんでテニスをしてもらえる環境を作ります。笑いも提供します。
仕事で学んだ収穫の一つです。人をまとめる術です。
自分は泥を被っても働きやすい環境を作るのは上司の務め。
それは趣味の集まりだって同じです。集まって来た人達に楽しく過ごしてもらうのが一番。
残念ながら、その事を忘れている人が多いのが現状です。
お願いだから僕のクラブにまで揉め事を持ち込まないでください。
ピエロの僕はそれを撥ねつけます。だってピエロとして笑いを提供できなくなりますから。

ど〜れ、今日もカラ元気を出して行くぞ!



名前がない!



昨日はまたまた強制ボランティアの研修会。
数日前にも書きましたが、仕事をしていない僕は駆り出され要員。
頼まれたら断れない性格なので、どうしても駆り出され要員になってしまいます。

遠方なので遅れちゃいけないと朝8時に出発しました。
途中山形市内を通過する為、渋滞も予想されました。
ところが昨今の渋滞解消工事によって渋滞はゼロ。
政策が見事に成功した数少ない事例です。

会場の天童ホテルに着き、受付に行くと、ナント僕の名前がありません。
それでも入場は許されましたが、電話で聞いたら、申込みを忘れていたそうな。
米沢からの参加は僕を含めてたったの3人。
理由は終ってから判りました。
他地域の人達は、ほとんどがバスを仕立てて来ていました。
社協のバス、自治体のバス、赤十字のワゴン車などです。
地元以外で個人の車で来ていたのは米沢だけのようでした。
道理で駐車場が空いている訳です。
それじゃ参加者が少ないのは当たり前です。
研修内容がとても濃いものだっただけに残念です。
米沢の関係者は勉強する意欲が低いのでしょうか。
それと結構若い人が多いのも驚きでした。
米沢の会合に行くと、見た感じでは僕が一番の若造で、他は年寄りばっかり。
組織が硬直化しているのもうなずけます。
なんだか米沢は何でも情けなくなります。
他の参加者たちと意見交換しても、米沢の実情は実に情けないと思いました。
行政も福祉団体も石頭ばっかりです。悲しくなっちゃいます。


P8236478 (900x675)


 僕の名前がありません
P8236464 (900x107)


P8236460 (900x627)




米沢人考



先週末から最悪の気分です。憂鬱度もMAXです。

米沢に来て約40年。
単身赴任などで米沢を離れていた時期を除いても人生の3分の2程度は米沢で暮らしています。
本籍地も今は米沢です。
だからもう米沢人と言っても良いでしょう。

米沢人だから米沢人を語る権利はあるだろうと思います。
批判を受ける覚悟で書かせていただきます。

しばらく忘れていた米沢人の悪い面を先週末にこれでもかと見せ付けられました。
同時に他地域の人達に米沢人が嫌われている事も思い出しました。
昨日は他市町村の人たちと交流する機会に恵まれました。
思わぬ機会は楽しく心温まる時間でした。
米沢人の集まりとは全く雰囲気が違います。
多分米沢人はその違いに気付かないでしょう。
そんな時「米沢の〇〇です」と名乗るのが恥ずかしくなります。
米沢人のイメージが凄く悪いからです。
自分が住んでいる所を名乗るのが恥ずかしいなんて、とてもとても悲しい事です。

米沢人を一言で表せば、「エゴイスト」「頑固」です。
米沢人はそんな特性に気付いていません。だから直そうともしないし、自分は正しいと思い込んでしまいます。
だから嫌われるのです。
エゴイズムは勿論僕にもあるし、大抵の人にもあるだろうと思います。
しかしそのようは言動の後、自分で気付き、反省するのが普通でしょう。
ところが米沢人は自分がエゴイストだとは気付かないので、他人に迷惑を掛けているという意識がないのだろうと思います。

昨日は帰り道の途中で米沢に近付いて行くのが憂鬱でした。
冬の帰路、段々雪深くなって行く憂鬱とはまた別次元の憂鬱です。

以上の理由が最悪気分の原因です。
自分が住んでいる所を愛せないなんて、悲しいじゃないですか。
住環境は好きです。自然が豊富、そこそこ便利、満足しています。
人間関係さえうまく行けば、問題は雪だけ。それに土地が安い。それで居を構えました。

米沢人に対して僕と同じように感じている人も多いのでしょう。
僕が親しくしている人たちの多くは県外や他市町村出身者です。
意識していなくても自然にそんなコミニュティーが出来上がってしまいます。

米沢人にも勿論エゴイストでも頑固でもない人は大勢いらっしゃいます。
学校や仕事で米沢を離れた経験を持つ人は、そんな米沢人の特性にも気付いているでしょう。
今は日本中にエゴが溢れています。だから米沢人だけの特性ではないかも知れません。
そうは思っても、やっぱり僕は悲しいです。恥ずかしいです。


こんな時は美しい花の写真を載せます。
高畠ワイナリー (11) (900x673)



驚愕!海の中を歩く釣り人



とても憂鬱な日を過ごしています。
何か記事をアップしようと思い、未アップの写真を眺めていました。
ラーメンなどの記事を書くにはパワーが必要です。しかし今はパワーが出ません。
そんな折、見るだけでパワーを感じる写真がありました。
房総の海で撮った写真なのですが、とてもハラハラしながら撮ったものです。
生憎望遠レンズは車に置いていました。
肉眼では遠くて良く見えなかったのですが、写真に撮って拡大してみるとハッキリ釣り人だと判ります。
浅瀬を歩いて、沖にある岩場で釣りをしようとする釣り人。
恐くないのでしょうか。危険じゃないのでしょうか。

春の房総 (245) (900x674)


春の房総 (246) (900x679)


春の房総 (247) (900x672)


春の房総 (248) (900x672)


春の房総 (249) (871x648)


春の房総 (250) (770x577)




眠れぬ夜



他人が持ち込んだゴタゴタに首を突っ込んでしまいました。
自ら進んで首を突っ込んだ訳ではありません。降り掛かった火の粉を払う為です。
オリンピック寝不足もようやく解消されると思っていた矢先、また眠れぬ夜になっています。
なぜ赤の他人の為に眠れぬ夜を過ごす羽目になったのか。全く忌々しい思いです。
以前から深く関り合いたくないと思っていた人達なのですが、友人達が窮地に立たされたので助っ人として出て行きました。
その結果、僕の行為が我がテニスクラブにまで亀裂を生むことになりそうになりました。
眠れぬ夜に色々考えました。
他人の事に関るのは止めます。今後の行動も全部中止にします。
他人の事よりも自分のクラブが大切です。
今まで同様、楽しく面白いテニスをする為には他人の助っ人などに出て行くべきではありませんでした。
これからは仙人のようになろうと思います。(僕の性格では無理だろうけど)
でも、今回の件ではそれなりの成果をあげたと自負しています。
守らなければならない事は守ることができたと思っています。
だから引き上げる潮時でもあったのです。とは言っても、ここで撤退するのはちょっと悔しいです。


写真の本立て、デザインは好きです。しかしあまり実用的ではありません。インテリアとしてなら良いでしょう。
(息子の母校の卒業展にて)
芸工大卒展 (89) (900x675)

右端にある岡本太郎の本のタイトルのように強く生きようと思ってきました。
今回は少々考えが変わりました。勇気ある撤退は必要です。



ケンメリ



CMソング 〜愛と風のように〜 が大ヒットしたケンとメリーのスカイライン。
この歌を聴くと今でも胸がキュンとします。




GTRは僅か197台しか生産されていません。
ケンメリのGTRは希少価値が大きいです。

ノスタルジックカー (20) (900x675)


ノスタルジックカー (15) (900x677)


ノスタルジックカー (16) (900x675)


ノスタルジックカー (17) (900x675)


ノスタルジックカー (18) (900x683)




現在の閲覧者数


アクセス数

livedoor プロフィール
Recent Comments
記事検索
Recent TrackBacks
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

累計は前のブログからの合計です

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ