絲綢之路と言えばシルクロード。すなわちシルクロードといえばかの有名な喜多郎さんを思い浮かべる人も少なくはないはず。
喜多郎さんは、シンセサイザーで無数の音楽を奏でる音楽家でもあり自らシンセサイザーを演奏している方です。
その音楽といえば、表現できないほど和ませる力、中には圧倒感が伝わってきます。また沢山の人の心を透き通らせるような、音楽だと私は思います。

特に喜多郎さんの曲の中で一番有名だと思うのが絲綢之路です。
前には、NHK系放送のシルクロードという番組で絲綢之路が良くかかりました。さらにシルクロードの番組の曲は全部喜多郎さんの曲です。
確か、小学生の頃音楽の教科書に絲綢之路をシルクロードという名前で載っていました。また習いました。

知っている方の中にはこの絲綢之路がシルクロードという曲だと思われがちだと思いますが。そのシルクロードというのはシリーズなんです。
シルクロードの中の絲綢之路なんです。

本当に絲綢之路だけではなくこの人の曲を聴いていると、とても気持ちよくなります。幻想的であり中には静かさや盛り上がりの強弱も大きいのでいいなと思います。

洋楽のロック系もいいですがこういう幻想的な曲もいいもんだと思います。知らなかった人はぜひ聞いてみてください。最初は一番有名な絲綢之路を聴くことおすすめします。聴いたらあなたは絶対好きになるでしょう。
聴いて損は絶対あり得ないと私は思いますので。是非

一応音楽貼ります。
携帯版も貼りますのでどうぞ。




携帯ver.
http://m.youtube.com/watch?v=rhVQ3_9W8xI&hl=ja&gl=JP&warned=True&client=mv-google