韓国ドラマ

チュノ〜推奴〜 9話 「王孫に迫る刺客」


チャン・ヒョク.オ・ジホ.イ・ダヘ.ハン・ジョンス.キム・ジソク

999




【あらすじと感想】


オンニョンとテハはワンドから船に乗る・・のテギルの予想は正解。
女刺客VSテハはテハの勝ち。
この女刺客はオンニョンの旦那が雇ったのよね。きっと。

テギルの目の前に現れたのはオンニョン兄の護衛武士のペッコ。
そのペッコからオンニョンの似顔絵を見せられて固まるテギル。

正面からペッコに斬られそうになったテギルの背後から槍が
飛んできてペッコは倒れます。
槍を投げたのは・・・・チェ将軍。
ペッコはここで息耐える。
・・・えーーーーもう「ペッコ」って可愛い・・いや笑える名前打てないのか・・残念。
確かにテギルが危険だったけどチェ将軍何も殺さなくても・・・。

ペッコの号牌から・・・ここに何か手がかりがあるはずと
テギルはその住所に向かう。


船の上で何故奴婢になったのかと聞くオンニョン。
テハは軍の米を横領したと一番の親友の手で罪人にされた・・と
静かに語ります。
・・話を聞いた後にオンニョンが服のリボンをほどいたから・・
実は私も・・と脱ぐのかと思ったらそのリボンを鉢巻代わりにしろ
ってことだったのね。またオンニョンの谷間シーンかと思ったわ。ははは

その親友を罪人に仕立てあげたファン・チョルンは一足早く船に乗ってました。
何故か船を用意させたチョン・ジホまで一緒に乗ってた。
この2人の掛け合いっておかしいんだよね。コントみたい。

ジホ



オッポクの奴婢団ではこの間の両班を殺した時に手に入れた
千両手形が問題になりました。
どうやって換金すれば・・・?奴婢がこんな大金怪しまれるものね。
そこで現れた奴婢・・それはギユンと呼ばれた男。
かつてオッポクはそのギユンに詐欺に合ってるけど・・仕方なく
受け入れることに。このギユンもよく見る俳優さんだ。相関図に乗ってないぞー


それより何より・・・ワンソンはともかくチェ将軍の野グ○シーンは
きゃーーーーだったわよ。
でもお尻を拭く紙がワンソンがイム・ヨンホ宅から持ってきたもので
ファン・チョルンと闘った時にあの紙が舞ってたことを思い出したチェ将軍が
あぶり出しになってたことに気付いたんだけど・・ね。


済州島では密旨を受け取りいよいよその日が来たと緊張が走るクァク・ハンソム武官。
仲間武官を次々に殺し王の孫・石堅様を抱いて女官と一緒にその場を離れます・・・。

あーーーーー!!
その時の為に何があっても生き延びよ!の言葉の意味がわかった〜。
ブルータス・・いやクァク・ハンソム武官は自分だけ助かりたいと
裏切った訳ではなくてあれは・・テハ達の小芝居だったわけね。
ごめんよーーーハンソム。こいつ自分だけ助かりたくて仲間裏切ったんだ
と勝手に思ってたよ。すっかり騙されちゃったわ。


テハとオンニョンが辿り着いて暗号の「北へ」の文字を見つけてたけど
その前にファン・チョルンもその暗号を見てるからなあ・・・。
それにしてもチョン・ジホの仲間って言うか子分達どんどん殺されちゃって
もうチョン・ジホしか残ってないじゃん。
つまみ食いして死ぬ運命って悲しいなあ・・子分達。



・・でペッコの住所に辿り着いたテギルとソルファ。
そこに居たのはテギルの両親を焼き殺しテギルの顔に傷を負わせた
オンニョン兄のクンノムの姿でした。
脱奴婢して今はキム・ソンファンって名乗ってるけどクンノムのまま行こう。